Academic Box Logo

葬送のフリーレン 28話あらすじと感想:ヒンメルとの出会い、僧侶の後悔

葬送のフリーレン 28話あらすじと感想:ヒンメルとの出会い、僧侶の後悔

ライターのYUKOです。今回は「葬送のフリーレン」28話のあらすじと感想をご紹介します。

ゼーリエの合格者

魔力を揺らぎさせたのは誰?

フェルン

アニメ『葬送のフリーレン』28話では、ゼーリエの試験により6名の魔法使いが合格します。

最初に合格したのは、ゼーリエの魔力を揺らぎさせたフェルンです。

その後、闘志を評価されたデンケン、顔を見ただけで合格したユーベル、試験会場に来なかったラント、口答えが気に入られたヴィアベル、ゼーリエを可愛いと答えたメトーデが合格します。

デンケンは一級魔法使いの資格を取得し、故郷に墓参りする目的を達成します。

詳しくみる ⇒参照元: 葬送のフリーレン28話あらすじと感想:誰かと出会うたびヒンメ...

フリーレンとヒンメルの絆

ヒンメルはフリーレンにどんな言葉を伝えた?

出会いを大切に

ある時、勇者一行は目の前を通り過ぎる羊の群れを待っていた。

アイゼンは小さな人助けに意味があるのかと疑問を口にする。

フリーレンはヒンメルの「目の前で困っている人を見捨てるつもりはないよ」という言葉を思い出し、世界は小さな行動でも変わっていくと考える。

80年後、フリーレンはヒンメルの言葉を思い出し、彼の思いを完結させる。

村人たちの記憶や子孫の語り継ぎにより、ヒンメルの思いは生き続ける。

詳しくみる ⇒参照元: 葬送のフリーレン28話あらすじと感想:誰かと出会うたびヒンメ...

ゼーリエの弟子への愛情

弟子たちに魔法を授けたゼーリエは、弟子たちをどのように感じている?

後悔はない

ゼーリエは、弟子たちの性格や好きな魔法を鮮明に思い出せると語る。

弟子を取って後悔したことは一度もないと明言している。

また、たとえ歴史に名を残せなくても、弟子を取ったことを後悔していないと述べている。

これは、ゼーリエが弟子たちとのつながりを大切にしていることを示唆している。

詳しくみる ⇒参照元: 葬送のフリーレン28話あらすじと感想:誰かと出会うたびヒンメ...

フリーレンと仲間たちの葛藤

フェルンがザインに対して抱いた感情とは?

嫌い

フェルンは、仲間のザインがポーカーなどの娯楽に興じていることに嫌悪感を抱いていました。

僧侶としての規律を重んじるフェルンにとって、ザインの行動は不快に映ったのです。

一方で、フェルンは仲間であるシュタルクとザインに回収した装備品を返却し、彼らの旅路に協力的な姿勢を見せています。

詳しくみる ⇒参照元: 【葬送のフリーレン】第28話ネタバレあらすじ感想!「僧侶と後...

フリーレンと仲間の旅路

新たに加わった仲間の名前は?

ザイン

フリーレンの旅にザインが一時的に同行する事になった。

仲間が増える事で旅が賑やかになり、これからの展開に期待が高まる。

ザインが加わって初めての戦いが魔物との遭遇で、ザインの活躍が予想される。

詳しくみる ⇒参照元: 【葬送のフリーレン】第28話ネタバレあらすじ感想!「僧侶と後...

魔法使いの原点

シュタルクと4人でカフェでお茶した人物の名前は?

デンケン

シュタルク、デンケン、ラオフェン、フェルンという4人がカフェでお茶をしている最中、デンケンが亡くなった妻との思い出やフリーレンへの感謝の気持ちを語ります。

デンケンは若い頃、フリーレンに憧れて魔法使いになったのです。

同席していたシュタルクは、デンケンがフリーレンの仲間だったことを知らず、フリーレンに憧れて魔法使いになったデンケンに御馳走してくれるつもりなのかと勘違いしていました。

詳しくみる ⇒参照元: 葬送のフリーレン28話あらすじと感想:誰かと出会うたびヒンメ...

フリーレンのエンディングが重要な理由と特徴

フリーレンの第2クールエンディングの特徴は?

絵と粘土造形を組み合わせた幻想的なアニメーション

フリーレンのエンディングは、作品全体において重要なファクターとされている。

第1クールエンディングは「時間経過」をテーマに制作され、第2クールエンディングはディレクションが斎藤圭一郎監督の希望で気鋭のクリエイター・村松怜那が担当し、90秒の中にフリーレンのテーマや物語を表現している。

村松怜那は絵と粘土造形を組み合わせた幻想的なアニメーションで、フリーレンのテーマや物語を表現した。

詳しくみる ⇒参照元: 【アニメ『葬送のフリーレン』第1期最終回第28話「また会った...