Academic Box Logo

俳句甲子園のレベルを徹底批判!その課題と改善策とは?

俳句甲子園のレベルを徹底批判!その課題と改善策とは?

ライターの Anna で、俳句甲子園のレベルに関する記事を執筆しました。

俳句甲子園の起源

俳句甲子園の起源https://prcdn.freetls.fastly.net高校生俳句大会の起源となった地域は?

愛媛県

毎年8月に愛媛県松山市で開催される「俳句甲子園」は、高校生を対象とした俳句コンクールである。正岡子規や高浜虚子など著名な俳人の出身地であることにちなんで1998年に始まった。参加校は年々増え、2019年には35都道府県95校120チームが参加。2020年は新型コロナウイルスの影響で投句審査のみの選考となった。詳しくみる ⇒参照元: 俳句甲子園

俳句甲子園の歴史と意義

俳句甲子園の歴史と意義https://majime-ehime.com俳句甲子園の前身となったイベントは何?

句碑めぐり

1976年に「句碑めぐり」としてスタートした俳句甲子園は、愛媛県松山市で開催される全国大会です。若者の俳句に対する情熱を育み、毎年規模を拡大してきました。2020年は初のリモート形式で開催されました。この大会の成功により、俳句がスポーツ競技と同様に認知されています。詳しくみる ⇒参照元: 09俳句甲子園|愛媛県

俳句甲子園ディベートの課題点

俳句甲子園ディベートの課題点https://sankei.com俳句甲子園のディベートで「必然性」を重視するのは、文芸的に妥当なのか?

俳句甲子園のディベートで「必然性」を重視することは、文芸的に真摯ではないと批判されています。それは、季語の交換可能性を指摘する反論が後付けの屁理屈になりがちだからです。俳句においては、必然性よりも、独自性や妥当性を論じるべきだと考えられています。この批判は、俳句を芸術として尊重し、その表現の自由を重視する立場からなされています。詳しくみる ⇒参照元: 俳句甲子園のディベートに残る2つの課題|きみしま/おーが

俳句ディベートの真髄:批判ではなく鑑賞

俳句ディベートの真髄:批判ではなく鑑賞https://prtimes.jp俳句ディベートにおける批判は、鑑賞の妨げになるのでしょうか?

俳句ディベートは鑑賞力を養うことが目的であり、批判ではなく相手チームの句を深く味わうことが求められます。攻撃的な批判をするチームは、勝利する可能性が低い傾向にあります。俳句甲子園では、若さがゆえに攻撃的な批判もみられますが、それは大会のユニークな魅力となっています。詳しくみる ⇒参照元: 09俳句甲子園|愛媛県

俳句甲子園の残念な実態

俳句甲子園の残念な実態https://prcdn.freetls.fastly.net俳句甲子園の句に物足りなさを感じる理由は何か?

日常の捏造

清水哲男氏は、俳句甲子園の句が日常の出来事を捏造しているため、見る人にワクワク感を与えられないと指摘しています。また、そのような句を詠む若者に対して、俳句を捨てて現実世界に出ることを勧めています。詳しくみる ⇒参照元: 俳句甲子園のレベル?

夏井いつきが感じたJCの役割と安心感

夏井いつきが感じたJCの役割と安心感https://i.ytimg.com「俳句甲子園」に携わった際、夏井いつきにとってJCの存在がどのように感じられたか

安心感

「俳句甲子園」の開催にあたり、夏井いつきは「俳句の専門家ではない若者たちと組んでいいのか」と懸念していた。しかし、JCの黒子的な役割と俳句の無知さがマイナスではなく、愛媛が俳句の都であることを裏付ける存在だと感じた。JCの会議は短く楽しく、委員長の太郎、副委員長の徳、室長の京河の適材適所な配役により、夏井は安心感を抱いていた。詳しくみる ⇒参照元: 【特別対談】寺田太郎(第1回実行委員長)×夏井いつき(審査員...

俳句甲子園誕生のきっかけ

俳句甲子園誕生のきっかけhttps://tfm.co.jp俳句甲子園の発案者である寺田太郎と夏井いつきの出会いのきっかけは?

山本恒久の助言

俳句甲子園の発起人である寺田太郎と夏井いつきは、寺田が俳句甲子園の構想を講演する夏井に出会ったことがきっかけで知り合った。当時松山JC専務理事だった山本恒久が、夏井の存在を寺田に伝えたのだ。寺田は松山JCで「句碑巡り」事業を継続していたが、知名度が低かったため、松山を俳句で盛り上げる事業を模索していた。一方、夏井は『子規新報』の発行をきっかけに坪内稔典らと俳句甲子園の構想を練っていた。寺田は夏井の講演を聞いて俳句甲子園の構想を知り、松山JCでの事業化を提案した。こうして、俳句甲子園は夏井の俳句普及への熱意と、寺田の松山を俳句で盛り上げたいという思いが合致して生まれたのである。詳しくみる ⇒参照元: 【特別対談】寺田太郎(第1回実行委員長)×夏井いつき(審査員...

俳句甲子園:結束力の源泉

俳句甲子園:結束力の源泉https://sankei.comこの集団の結束力の強さにつながった要因は?

「ハナクソ」の一言

「ハナクソ」と一言書き記した学校巡りメンバーの一言が、大会運営メンバーの笑いへと変わり、それがエネルギーに変換され、俳句甲子園の開催へとつながった。この出来事は、逆境に直面しても立ち向かう集団の強靭な精神性を育んだ。さらに、打ち上げの席で京河さんが涙を流したことで、他のメンバーも感情を解放することができ、団結が深まった。中心メンバーであるいつきさん、徳さん、京河さんの存在が、この集団の結束力を支えた。詳しくみる ⇒参照元: 【特別対談】寺田太郎(第1回実行委員長)×夏井いつき(審査員...

俳句甲子園のディベートにおける質疑応答の意義

俳句甲子園のディベートにおける質疑応答の意義https://nara-np.co.jp俳句甲子園のディベートの課題を改善するには、どのような在り方が望ましいか?

意図を説明する質疑応答

俳句甲子園のディベートにおける課題として、質疑応答の意義が軽視されていることが挙げられます。質疑応答は相手の意図を探り、説明する場であり、単なる質問と回答の繰り返しではなく、議論を深めるために活用すべきです。そのため、質疑応答に意図的な説明を取り入れることが望まれます。詳しくみる ⇒参照元: 俳句甲子園のディベートに残る2つの課題|きみしま/おーが

俳句甲子園の誕生秘話

俳句甲子園の誕生秘話https://shikoku-np.co.jp高校生による俳句の全国大会開催に至るまでの最大の難関は何だったのか

予算不足

「俳句甲子園」という全国大会を企画した際、最大の難関は予算不足だった。スポンサーもなく、必要な会場も無償で提供してもらう必要があった。参加校集めも困難で、俳句協会や教育委員会などへの後援依頼は断られた。しかし、実行委員たちは粘り強く説得を続け、大会開催にこぎつけた。この大会は「俳句の甲子園」として全国的に知られるようになり、高校生による俳句の普及に大きな役割を果たしている。詳しくみる ⇒参照元: 【特別対談】寺田太郎(第1回実行委員長)×夏井いつき(審査員...

高校生俳句の評価における「拙さ」の捉え方

高校生俳句の評価における「拙さ」の捉え方https://1.bp.blogspot.com高校生俳句における「拙さ」をどう捉えるべき?

成長過程

俳句甲子園における高校生俳句の評価について議論が交わされています。ある意見では、高校生であることを考慮して「拙さ」があっても「長い目で見てほしい」と寛容な姿勢を示すべきという意見があります。また、別の意見では、「俳句」として「脇句が付く」意味での完全さには欠けると指摘されています。しかし、拙さの中にも「光るもの」があることも認められています。つまり、高校生の俳句における「拙さ」は、単なる未熟さではなく、成長過程における貴重な要素として捉えるべきではないでしょうか。高校生が自分の感性を表現し、俳句を学ぶ上で、寛容さと指導が共存するバランスの取れた評価が求められます。詳しくみる ⇒参照元: 俳句甲子園のレベル?