Academic Box Logo

薬屋のひとりごと: 最新話のネタバレで壬氏の衝撃の決断が明らかに

薬屋のひとりごと: 最新話のネタバレで壬氏の衝撃の決断が明らかに

ライターのYUKOです。今回は、「薬屋のひとりごと」の最新話のネタバレをご紹介します。

薬屋のひとりごと最新話考察

壬氏が羅漢の訴えを受けて決意したのはどのようなことか?

覚悟

薬屋のひとりごと最新話では、壬氏が羅漢の訴えを受けてついに覚悟を決意します。

壬氏は、羅漢が訴えた「猫猫を救うために危険を冒す」ということに決意を固めます。

また、前回で楼蘭の機転によって難を逃れた猫猫は薬師として砦に連れて行かれ、そこで翠苓と接触します。

二人は薬の調合について会話し、その中で翠苓が毒薬の製造に携わっていることを猫猫は知ることになります。

この物語は、壬氏と羅漢の絆、猫猫の決死の行動、そして翠苓の秘密が明らかになるなど、さらなる展開を見せています。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと最新話ネタバレ!壬氏の衝撃の決断は?

猫猫の成長と宮廷の謎

猫猫はどのような成長を遂げるのか

聡明さと人間関係

小説「薬屋のひとりごと」14巻では、猫猫の中央での新生活、錯綜する人間関係、時代の変遷が描かれます。

読者は、猫猫の聡明さと成長、羅半兄や馬閃との関係の変化に魅了されます。

猫猫は宮廷の謎を解き明かし、読者は次巻への期待を膨らませます。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】小説最新刊14巻のネタバレ感想とあらすじ

後宮の危機と羅漢の訴え

羅漢が壬氏に訴えた内容は?

娘の猫猫を助けて欲しい

薬屋のひとりごと最新話では、後宮に潜入した壬氏の背景が明らかになり、物語の核心に迫る展開が繰り広げられます。

壬氏と猫猫の運命が交錯するシーンでは、壬氏の覚悟と羅漢の強い感情がぶつかり合います。

羅漢は猫猫への怒りと壬氏への訴えが交錯した複雑な心境にあり、娘を助けたいという愛情と怒りを壬氏にぶつけます。

壬氏の真意や後宮の秘密を知る翠苓の告白も物語の重要な展開となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと最新話ネタバレ!壬氏の衝撃の決断は?

壬氏の焼き印と西都編への伏線

巫女のアイリーンと東宮のお披露目との関係は?

砂欧の亡命者同士

壬氏が猫猫との結婚のために玉葉后の焼き印を自らに押し、その行為に猫猫が思うところがある様子が描かれます。

また、西都編に向けて様々な伏線がちりばめられ、医官・医官見習いの姚ヤオや燕燕エンエン、雀チュエや陸孫リクソンに注目が集まります。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】原作小説全巻をネタバレまとめ

壬氏の覚悟を導く思い

壬氏が覚悟を決める際に抱いていた思いとは?

猫猫を守る正義感

壬氏の覚悟の瞬間は、羅漢の訴えに応じた決意の表情に表れていました。

この決断の背後には、壬氏独自の正義感と猫猫を守る強い意志が込められており、それらが彼の行動の原動力となり、後宮の危機を乗り越えるための重要な要素となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと最新話ネタバレ!壬氏の衝撃の決断は?

薬屋のひとりごと16巻:明かされる伏線と謎

皇太后が壬氏にお気に入りに関して忠告した内容は?

隠しておかないこと

薬屋のひとりごと16巻では、これまで貼られていた伏線が回収され、皇太后の「お気に入りは隠しておかないと」という言葉の真意や、子翠の正体、特使の秘密などが明らかになる。

皇太后は、猫猫が壬氏の弱点になり得ることを懸念して、壬氏にお気に入りを隠しておくように忠告していた。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと16巻感想と考察|これまでの伏線が回収されて...

薬屋のひとりごと: 壬氏の後宮潜入の理由

壬氏が後宮に潜入した理由は?

薬を求めて

「薬屋のひとりごと」の最新話では、猫猫が壬氏の正体に迫り、多くの謎が解明されていきます。

壬氏についての疑問を抱いた猫猫は、過去を振り返りながら、翠苓に話を聞きます。

翠苓との会話から、壬氏が薬を求めて後宮に潜入したことが明らかになります。

また、羅漢の訴えに応えて、壬氏がついに覚悟を決めたシーンが描かれ、物語のクライマックスを感じさせます。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと最新話ネタバレ!壬氏の衝撃の決断は?

楼蘭の過去

楼蘭は幼少期に誰から化粧を施されていた?

楼蘭は母から幼少期から化粧を施され、母のお人形として扱われていた。

彼女は、母に合わせていれば醜くならないと思っていたが、それは間違いだった。

爆発で煤けた顔を見ながら、楼蘭は自分の過去を振り返った。

猫猫に神美に大事にされていたのかと聞かれ、神美や翠苓との関係を話し始めた。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと ネタバレ 最新話 18巻73話 楼蘭の悲し...

薬屋のひとりごと 最新36話ネタバレ

翠苓が李白に呼ばれた理由は?

壬氏の暗殺未遂事件

壬氏に気に入られた猫猫は玉葉妃の侍女として働くことに。

後宮で行われたリストラにより花街に戻ったが、壬氏に買われて彼の侍女となった。

その後、玉葉妃の懐妊が発覚し、再び後宮に戻ることに。

李白は翠苓が壬氏の暗殺を企てた件で猫猫を呼び出したが、猫猫は翠苓の暗殺未遂を解決した張本人だった。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】最新36話ネタバレ。猫猫の品定めと壬氏の...

薬屋のひとりごと14巻:変化する時代と運命

羅半兄と猫猫の関係はどのように変化していますか?

微笑ましい進展

宮廷内の派閥争いや武官間の傷害事件が起きる中で、猫猫は羅半兄や他の登場人物との関係を深めています。

特に羅半兄との関係は、西都での共有した時間が影響しているのか、微笑ましい進展を見せています。

この複雑な人間関係の中で、猫猫の鋭い洞察力が試されることになります。

時代の変化と共に、登場人物たちの運命も大きく動き始め、名持ちの会合に参加した猫猫は、新旧の一族の間の動きに巻き込まれます。

また、馬閃や羅半兄の恋の行方にも注目が集まります。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】小説最新刊14巻のネタバレ感想とあらすじ

猫猫の成長と宮廷の渦

宮廷の複雑な状況の中で、猫猫がどのように立場を確立していくのか?

聡明さと勇気をもって

猫猫は宮廷医として新たな生活をスタートさせ、後輩の指導や部署への適応に努めます。

しかし、宮廷内では派閥争いが激化。

猫猫は聡明さと勇気で自己の立場を確立し、医術を通じて影響力を発揮していきます。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】小説最新刊14巻のネタバレ感想とあらすじ

翡翠宮の盗賊改

猫に与えられた官職は何?

盗賊改

翡翠宮の宮女である猫猫は、子猫を保護していた宮女の子翠と再会。

子翠の虫のスケッチに共感し、意気投合する。

その後、隊商からの品に不審を抱いた猫猫は、流行に敏感な水晶宮を襲撃。

そこで壬氏から、毒白粉に似た香油が送られてきたことを知り、玉葉の安否を心配する。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと【8巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考...

李白と猫猫の相性

壬氏が猫猫に李白がふさわしいと考える理由とは?

警戒心が強いにも関わらず李白を信頼しているから

壬氏は自分の猫である猫猫が警戒心が強いにも関わらず、李白を信頼しているという理由から、李白が猫猫の伴侶としてふさわしいと考えています。

李白が猫猫の信頼を得たことに驚き、信用できるのかと尋ねた壬氏に対し、壬氏は周囲からの評価も考慮して信用できると判断したと語ります。

しかし、李白は壬氏に感謝を述べた後、猫猫は自分にとって唯一の女性であるため、自分で稼いだ金で身請けすると宣言します。

壬氏は今後もよろしくと言って立ち去り、李白の言葉に困惑する猫猫と、壬氏の表情の変化に気づかない猫猫の姿が描かれます。

また、白鈴を身請けすると言った李白の態度も描写されており、壬氏の満足そうな笑みで物語は締めくくられます。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】最新36話ネタバレ。猫猫の品定めと壬氏の...

「薬屋のひとりごと」各巻あらすじまとめ

壬氏は宦官なのか、明らかになる巻数は?

2巻

「薬屋のひとりごと」は、2024年3月に15巻が発売予定の中華風謎解きファンタジー小説です。

記事では、各巻のあらすじをネタバレありで紹介しています。

1巻では、花街で薬師をしていた猫猫が後宮で下働きをし、妃の書置きによって玉葉妃の侍女に取り立てられます。

2巻では、猫猫を買い戻した壬氏の正体が猫猫の父親である羅漢であることが明らかになり、壬氏が宦官かどうかという疑問も浮上します。

3巻では、壬氏が宦官かどうかが明らかになり、猫猫が壬氏に乗り上げてしまう事故が発生します。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】原作小説全巻をネタバレまとめ