Academic Box Logo

シャニマス5thライブ「If I_wings.」の集大成と不穏な空気

シャニマス5thライブ「If I_wings.」の集大成と不穏な空気

ライターのMariaです。シャニマス5thライブ「If I_wings.」の集大成と不穏な空気についてお伝えします。

シャニマス5thライブ2日目、企画書落としの新展開

2日目ライブでは、1日目と異なる点があったが、どのような変化が見られたか?

企画書の落下

5周年記念ライブ2日目は、1日目と同様の映像でスタート。

しかし、今回は天井社長が企画書を落とすという展開が加わった。

映像終了後、オーバーチュアと共にライブが開始。

放課後クライマックスガールズによる「一閃は君が導く」から始まり、アルストロメリア、ストレイライト、ノクチル、アンティーカ、シーズがノンストップで楽曲を披露した。

詳しくみる ⇒参照元: 『シャニマス』5thライブ"If I_wings....

「光が全て終わる」不穏な発言が飛び出した『シャニマス』5thライブ

ライブイベントでの不穏な発言とは?

光が全て終わる

『シャニマス』の5thライブ1日目の公演では、ライブ前日の事務所での会話が映像で上映されました。

映像の中では、悩んでいる様子の天井社長に対して、七草はづきが「全部が終わるわけじゃないです。

最後まで目に焼き付けましょう、光を」という不穏な発言をしました。

この発言は、会場に集まったプロデューサーからどよめきを誘いました。

詳しくみる ⇒参照元: 『シャニマス』5thライブ"If I_wings....

プロデューサーを翻弄する5周年ライブの意外な演出

声出し解禁後の5周年ライブで、プロデューサーを驚かせた意外な演出は何か?

事務員のボイスドラマからのスタート

「シャニマス」の5周年を記念したライブイベント「THE IDOLM@STER SHINY COLORS 5thLIVE If I_wings.」が開催され、4年ぶりにプロデューサーの声出しが解禁された。

オープニングでは、事務員「七草はづき」と社長「天井努」のボイスドラマが流れ、不穏な空気を醸し出した。

その後、「櫻木真乃」の寂しげなナレーションで幕を開け、プロデューサーを驚かせた。

しかし、この不穏な空気は「放課後クライマックスガールズ」の「一閃は君が導く」によって払拭された。

詳しくみる ⇒参照元: 『シャニマス』挑戦的な演出で観る者すべてを翻弄した"...

シャニマスライブでサプライズ発表

アンコール後のサプライズで発表された新規情報は?

斑鳩ルカの283プロ加入

シャニマスのライブ本編終了後に、これまでのアイドルたちの活躍を振り返る映像が上映された。

映像の最後にシャニマスの新たなブランドロゴが表示された後、最新情報が公開。

BANDAI SPIRITSのオリジナルガールズプラモデルブランドとのコラボや、283プロのソロパフォーマンスライブの開催などが発表された。

そして、サプライズとして、斑鳩ルカ(声:川口莉奈さん)の283プロ加入が発表され、会場から大きな歓声が上がった。

詳しくみる ⇒参照元: 『シャニマス』5thライブ"If I_wings....

シャニマス5thライブ「DAY1」で描かれた「アイドルの終わり」

シャニマスの5thライブ「DAY1」で示された可能性とは何?

アイドルの終わり

5thライブ「DAY1」は、「もし」という可能性を示唆する「If」という言葉がタイトルに使われています。

ライブでは283プロダクションが終わりを迎え、最後のライブをするという世界線が描かれ、「アイドルの終わり」を示唆する発言が散見されました。

「DAY2」では、この「アイドルの終わり」の可能性がどのように変化するかが見どころとなります。

詳しくみる ⇒参照元: シャニマス5thライブ「If I _wings.」の考察(d...

シャニマス5thライブDAY2レポート

DAY1とDAY2で何が一番違った?

斑鳩ルカ役のサプライズ登場

アイドルマスターシャイニーカラーズ5thライブのDAY2が開催され、DAY1とは異なる内容でファンを魅了した。

斑鳩ルカ役の川口莉奈がサプライズ登場し、盛り上がりを見せた。

ライブでは、DAY1で披露されなかった曲が多数演奏され、アンコールを含め全31曲を披露。

特に「ヒカリのdestination」では、3人揃ったイルミネーションスターズのパフォーマンスが感動を呼んだ。

また、ライブ中にはシャイニーカラーズアニメ化などの重大発表もあり、ファンの期待を高めた。

詳しくみる ⇒参照元: セットリストあり! シャニマス5th LIVE If I_w...

「バベルシティグレイス」ライブ セットリスト&パフォーマンス詳細

『シャニマス』ライブで初披露された生演奏のパフォーマンスを担当したのは?

ストレイライト

「バベルシティグレイス」ライブのセットリストには、アンティーカの「Black Reverie」やイルミネーションスターズの「PRISISM」など、人気曲が多く含まれていた。

特に、ストレイライトの「Hide & Attack」では、尺八、三味線、和太鼓などの生演奏が取り入れられ、会場を盛り上げた。

また、放課後クライマックスガールズの「キャットスクワッド」は、可愛らしい猫の鳴き声から始まり、賑やかなパフォーマンスとフェイントで観客を楽しませた。

シーズの「Fashionable」は、男性ダンサーを従えたクールなステージで、ノクチルはデビュー曲「いつだって僕らは」を披露した。

詳しくみる ⇒参照元: 『シャニマス』挑戦的な演出で観る者すべてを翻弄した"...

5thライブ1日目の振り返り

5thライブの1日目で、出演者たちはアンコールで何を歌った?

いつか Shiny Days

5thライブの1日目では、本編終了後に鳴り止まない拍手と「アンコール!

」の声を受けて、出演者たちが白いワンピースの衣装で登場し、『いつか Shiny Days』を披露しました。

その後、全員で挨拶し、『Multicolored Sky』を披露してステージを後にしました。

公演は、出演者がいなくなり、5thライブのロゴが投影された後、プロデューサーのさらなるアンコールを求める声で幕を閉じました。

詳しくみる ⇒参照元: 『シャニマス』5thライブ"If I_wings....

「シャニマス」2日目ステージの演出と美琴の葛藤

美琴が2日目に男性ダンサーとのパフォーマンスに戸惑ったのはなぜですか?

男性との共演や振り付けの難しさのため

「シャニマス」の2日目のステージでは、紫月と美琴が男性ダンサーとパフォーマンスを披露しました。

美琴は最初は戸惑いを感じていましたが、プロデューサーやダンサーからの好評を受け、悔いなく終えることができました。

美琴はダンサーに負けまいとする勝負心と、共演や振り付けを自然にこなすことを目指していました。

また、1日目の雨から2日目の快晴への天候の変化が、ステージの演出にプラスに働いたと評価されています。

詳しくみる ⇒参照元: 『シャニマス』山根綺さんインタビュー(緋田美琴役)。「5th...

ノクチルとイルミネの成長を称えるステージ

ノクチルの印象的なパフォーマンスの理由を一言で教えてください

成長

ノクチルのライブパフォーマンスは、前回の「天塵」シナリオでは客席の視線を奪われていたのに対し、今回は花火を背景に客席を釘付けにした。

また、Love Addictionのミュージカル風演出は雰囲気にぴったりで、ステージ全体が愛らしい空間を演出した。

ただし、千雪役の芝崎さんのマイクトラブルが残念だった。

太陽キッスはシャニマスの名曲で、ワチャワチャ感や熱さが観客を盛り上げた。

イルミネのスマイルシンフォニアは、3人の信頼感や暖かさを表現し、降る銀テープは星空のようだった。

詳しくみる ⇒参照元: セットリストあり! シャニマス5th LIVE If I_w...

シャニマス5thライブDAY1のコンセプトへの忠実性

DAY1のパフォーマンスがコンセプトに沿っていたのはなぜですか?

アイドルの終わりのコンセプトに忠実だったため。

DAY1のパフォーマンスは、「アイドルの終わり」というコンセプトを忠実に表現していたため、オリジナルなものであった。

DAY2のパフォーマンスよりも、シャイニーカラーズの過去にない要素を取り入れていた。

DAY1に対する不満は、エイプリルフールイベントで283プロ解体のIFストーリーが行われれば解消されるかもしれない。

しかし、本当のラストライブ以外では、このコンセプトのライブは二度と行えない可能性がある。

最後の演出やダブルアンコールの誤認は、ネガティブな印象とは別にポジティブな思い出として受け止められている。

一方、ラス曲として使用された「Multicolored Sky」には、今後はネガティブな文脈が伴う可能性がある。

ポジティブな側面では、コールが可能な放課後クライマックスガールズと「ギミサモ」のパフォーマンスが絶賛されている。

詳しくみる ⇒参照元: 【シャニマス5thDAY1感想】ちゃんとやれよ!!!シャニマ...