Academic Box Logo

芝桜を上手に増やす!!!?株分けと挿し木の時期と方法を徹底解説

芝桜を上手に増やす!!!?株分けと挿し木の時期と方法を徹底解説

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、芝桜の株分けと挿し木の時期と方法について解説します。

芝桜を増やそう!株分けと挿し木の方法を徹底解説

芝桜を増やす方法はいくつありますか?

2つ

芝桜の増やし方は2パターンあります。

発根した状態の株を分ける「株分け」と、芝桜の若い先端をカットして育てる「挿し木」です。

株分けは成功確率が高く、挿し木はたくさんの芽を採取できます。

どちらの方法も5〜6月と9〜10月に行うのが適しています。

挿し木は冬が越せない可能性があるので、9月ごろまでに終わらせましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 芝桜の増やし方|株分けと挿し木の時期と方法を写真付きで徹底解...

芝桜の誕生と名前の由来

芝桜の和名の由来は?

芝生のように広がる姿と、桜に似た花

芝桜は北米原産の多年草で、日本ではグランドカバーとして広く栽培されています。

葉は短く先が細く、草の高さは低く約10cmです。

花はピンク色、白色、水色など豊富な色や模様があり、花びらは5枚でハート形をしています。

芝桜の和名は、芝生のように地面をはって広がる姿と、桜に似た花を咲かせることから名付けられました。

花の開花時期は4~5月頃で、桜色以外に濃い桃色、薄い紫色、白色など多くの花の色の品種があります。

学名はギリシャ語で「火炎」を意味する「Phlox」から名付けられました。

詳しくみる ⇒参照元: 芝桜の育て方!上手な植え方から増やし方・手入れのコツまで解説...

芝桜の育て方:管理は楽だが、お手入れは必要

芝桜は手入れを必要としない植物ですか?

いいえ

芝桜は一見ほったらかしでも育つように見えますが、土作り、剪定、雑草処理などのお手入れが必要です。

ただし、他の植物と比べると管理は比較的楽です。

北アメリカ原産の多年草で、寒さと暑さに強く、常緑の植物です。

詳しくみる ⇒参照元: 芝桜はほったらかしでも育つ?芝桜の植え方や育て方、増やし方や...

芝桜の栽培方法

高温多湿を避ける必要があるのはなぜ?

蒸れによる枯死を防ぐため

芝桜は乾燥や病気に強く、株分けで増やせる初心者向けの植物です。

しかし、高温多湿環境では株が蒸れて枯れてしまうため、水はけの良い土を用いることが重要です。

地植えの場合は雑草を除去し、日当たりと風通しが良い場所を選び、株間を20〜30cm空けて植え付けます。

鉢植えの場合は苗より一回り大きな鉢に植え、株間を15〜20cm空けます。

植え付け後は2週間ほど土が乾かないように水やりを行いましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 芝桜の育て方!上手な植え方から増やし方・手入れのコツまで解説...

芝桜の基礎知識から育て方まで完全ガイド

芝桜の特徴的な花の開花時期はいつですか?

4月から5月

芝桜は北米原産で、春に花を咲かせる多年草です。

花言葉は「合意」「一致」で、たくさんの花が集まって咲く団結力に由来しています。

芝桜は日本の家庭や公園などで広く栽培されており、芝生のようなグランドカバーとして利用されています。

開花時期は4月から5月で、地域によって多少異なります。

植え付けから増やし方まで、初心者にもわかりやすい育て方の解説も記載されています。

詳しくみる ⇒参照元: 芝桜(シバザクラ)とは?基本的な特徴と植え方、育て方をプロが...

シバザクラの栽培ガイド

シバザクラを育てるのに適した環境は?

日当たり良好、水はけ良好

シバザクラは北米原産の花で、グランドカーペットや鉢植えに適しています。

日当たりと水はけのよい場所を好み、水やりは土の表面が乾いてから充分に行います。

過湿には弱いため、根腐れを起こさないよう注意が必要です。

夏の暑い時期は朝夕の涼しい時間帯に水やりを行います。

詳しくみる ⇒参照元: シバザクラ(芝桜)の育て方|植え替えは必要?増やし方は?| ...

芝桜の挿し芽の最適な時期

芝桜を挿し芽で発根させるのに最適な時期は?

9月下旬~10月下旬

芝桜の挿し芽に適した時期は9月下旬から10月下旬です。

この期間は、芝桜の発根に適した15~20℃の気温が期待でき、夏の暑さが和らいでいるため成功率が高まります。

挿し芽をした株は、翌年の春には地植えが可能になります。

詳しくみる ⇒参照元: 芝桜の増やし方で挿し芽の時期と方法は?土はどれが良い?

芝桜の株分けと挿し木での増やし方

芝桜を掘る際に注意すべきことは何ですか?

根をできるだけ残すこと

芝桜の株分けには、根をできるだけ残すことが重要です。

株分けをする際は、根をほぐして土を落とし、9cmポットに入るサイズに分けましょう。

分けた芝桜は、ポットに半分程度培養土を入れた後に植え付け、隙間を埋めるようにさらに培養土を入れます。

根付くまで3週間程度は水切れしないように水やりを続けましょう。

挿し木で芝桜を増やす方法については、5cm程度の茎をカットし、下部の葉っぱを落としてからポット苗に植え付け、5本程度まとめて植えましょう。

品種がわかるようにネームプレートを設置しておくと便利です。

詳しくみる ⇒参照元: 芝桜の増やし方|株分けと挿し木の時期と方法を写真付きで徹底解...

芝桜の管理方法

肥料はいつ与えるのが良いですか?

開花前(3月)

芝桜は肥料をあまり必要としない。

元肥を植え付け時に混ぜておけば、開花前の3月に緩効性肥料を1度与えるだけで十分。

窒素分が多いと花付きが悪くなるため、過肥に注意。

ハダニの発生を防ぐには、水やりをこまめに行い、葉にも水をかける。

蒸れによる根腐れを防ぐには、水やりを控え気味にする。

花が枯れたら、花がらを刈り込むように剪定する。

剪定する際は、根元まで強く刈り込まないように注意。

芝桜は耐寒性があり、冬は葉が赤っぽく変色することがあるが、春に元の緑に戻る。

詳しくみる ⇒参照元: 芝桜(シバザクラ)とは?花言葉や育て方、開花時期や種類、冬越...

芝桜の株分けで増やす方法

芝桜を増やすために必要な作業は何ですか?

株分け

芝桜の株が混み合ってきたら、株分けで増やすことで風通しを改善し、確実に大きな苗を作成できます。

株分けとは、大きく育った苗を根から掘り起こし、小さく分割して増やす方法です。

この方法は挿し芽と比べて数は少なくなりますが、安全で確実な方法です。

詳しくみる ⇒参照元: 芝桜の増やし方

芝桜の挿し芽の適温と方法

芝桜の挿し芽に適した気温の範囲は?

15℃~20℃くらい

芝桜の挿し芽は暑くなると発根しにくいため、気温が15℃~20℃くらいの時期に行うのが適しています。

また、西日の当たる場所を避け、適温を維持することが発根の成功につながります。

挿し芽には芝桜の株の外側の5センチ程度の若い新芽を使用すると、発根率が高くなります。

詳しくみる ⇒参照元: 芝桜の増やし方で挿し芽の時期と方法は?土はどれが良い?

芝桜を元気で美しく保つためのコツ

芝桜を効率よく増やす方法は?

挿し木

芝桜を増やすには、「挿し木」が効率的です。

刈り込むタイミングで挿し木を行うと、新しい芽が生え、芝桜を増やすことができます。

また、古い茎や株元が固くなった部分をカットすることで、芝桜の寿命を延ばすことができます。

刈り込みにはヘッジトリマー、剪定にはハサミを使用すると便利です。

肥料は、2月ごろに緩効性肥料を与えることで、花つきが良くなります。

ただし、即効性肥料は芝桜に悪影響を及ぼすため、使用を避けてください。

詳しくみる ⇒参照元: 芝桜の育て方|初心者向けお手入れカレンダーと季節の注意点を解...

芝桜の蒸れ対策

芝桜が蒸れて枯れるのを防ぐにはどうすればいい?

梅雨前に剪定する

芝桜の蒸れによる枯れを防ぐには、花が終わった後に風通しをよくするために剪定を行う。

茶色くなった枝先を取り除くように刈り込み、株元まで切らないように注意する。

また、1カ月もすると青々とした新芽が吹くので、梅雨の時期までに剪定を行うと効果的。

若芽が密に茂れば雑草が生える隙間もなくなり、除草の手間も減る。

詳しくみる ⇒参照元: 手間いらずで、園芸初心者でも育てられる! 芝桜(シバザクラ)...