Academic Box Logo

備前市凱旋の頓宮裕真、隣人がオリックスの山本由伸選手と判明!

備前市凱旋の頓宮裕真、隣人がオリックスの山本由伸選手と判明!

こんにちは、ライターのMariaです。備前市凱旋の頓宮裕真選手の隣人が、オリックスの山本由伸選手であることが判明しました。

山本由伸:史上初の3年連続投手4冠&2年連続ノーヒットノーラン

山本由伸投手が史上何人目に2年連続ノーヒットノーランを達成したか

3人目

山本由伸投手は2023年に2年連続ノーヒットノーランを達成し、史上3人目となる快挙を成し遂げました。

山本投手は2023年に史上初の3年連続投手4冠を獲得し、防御率1点台で3年連続最優秀防御率(1.39→1.68→1.21)を獲得しました。

これはプロ野球タイ記録で、65年ぶりの快挙です。

また、9イニングあたりの被本塁打率わずか0.11という驚異的な記録も樹立し、2リーグ制以降の投手で規定投球回以上の投手で1シーズン2被弾は史上最少本数に並びました。

さらに、山本投手は3年連続沢村賞を受賞し、金田正一氏以来65年ぶりの偉業を達成しました。

また、3年連続最優秀選手(MVP)に輝き、山田久志、イチロー氏に並ぶ史上最長タイ記録を樹立しました。

山本投手は2023年にポスティングシステムを利用してロサンゼルス・ドジャースと契約し、メジャーリーグに挑戦することになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 【オリックス】山本投手と頓宮選手は、なんと実家が隣同士!

備前市出身のオリックス頓宮、首位打者獲得で凱旋

備前市出身のオリックス頓宮選手の今シーズンの実績は?

パ・リーグ首位打者獲得

岡山県備前市出身のオリックス・バファローズ頓宮裕真選手が、今シーズン初の首位打者タイトルを獲得した。

頓宮選手は5月から打率3割台をキープし、長打力を活かした活躍でチームのリーグ3連覇に貢献した。

12月9日には地元備前市で凱旋講演会が開催され、およそ700人のファンが集まった。

講演会では、頓宮選手が飛躍の舞台裏やふるさとへの思いを語った。

頓宮選手は、今シーズンについて「けがで開幕は2軍スタートだったが、焦らずに自分の軸をぶらさずに野球をしていた」と振り返った。

詳しくみる ⇒参照元: プロ野球オリックス首位打者の頓宮裕真選手 地元備前市に凱旋

幼なじみからプロへ: 頓宮裕真と山本由伸の野球人生

頓宮裕真と山本由伸の学生時代のポジションは?

頓宮:投手、山本:キャッチャー

プロ野球のオリックス・バファローズに所属する頓宮裕真と山本由伸は幼なじみで、少年野球チームではポジションが逆だった。

頓宮は投手で、山本は捕手だった。

その後、中学では別々のチームでプレーし、プロで再会した。

今でも仲良しで、以前はニックネームで呼び合っていたが、最近は普通に名前で呼び合っている。

詳しくみる ⇒参照元: 山本由伸の実家は金持ち?両親や兄弟について調査!隣は頓宮裕真...

頓宮の応援歌とブーマー

頓宮のオリックス入団後、当初使われていた応援歌の元ネタは誰のもの?

ブーマー

頓宮は2023年にオリックスバファローズに入団し、背番号44を背負った。

背番号44はかつてオリックスに所属していたブーマーが着用していた番号で、頓宮が入団した際にはブーマーから祝福のメッセージが送られた。

頓宮の入団当初の応援歌はブーマーの応援歌が流用されていたが、2023年9月に頓宮オリジナルの応援歌に変更された。

この新応援歌には、頓宮がお立ち台で叫ぶ「ほいさー」というフレーズが歌詞として含まれている。

頓宮は、この応援歌について「自分のために考えてくれたので嬉しい」と語っている。

詳しくみる ⇒参照元: 頓宮裕真

備前市の誇り!プロ野球で活躍する地元出身選手

備前市出身のプロ野球選手2人は誰ですか?

山本由伸、頓宮裕真

岡山県備前市出身のプロ野球選手は、オリックス・バファローズの山本由伸投手と頓宮裕真捕手です。

2人は同じチームでバッテリーを組んだり、頓宮選手が1塁を守ったりしています。

山本投手はメジャー注目の投手として活躍し、2023年には史上初の3年連続投手4冠に輝きました。

頓宮選手は初の首位打者となり、2人は隣同士でプロ野球のタイトルホルダーとなっています。

備前市は備前焼の産地として知られ、瀬戸内海国立公園など風光明媚な景観に恵まれています。

詳しくみる ⇒参照元: 【オリックス】山本投手と頓宮選手は、なんと実家が隣同士!

頓宮裕真の野球経歴

亜細亜大学時代の頓宮裕真はどのような成績でベストナインに選出された?

3年時の春季リーグ戦で打率.386、3本塁打、13打点

備前市出身の内野手、頓宮裕真は、プロ野球選手としてオリックス・バファローズに所属している。

少年時代から強肩強打の捕手として注目され、亜細亜大学に進学。

1年時は正捕手を務めたが、打撃不振で2年時は正捕手の座を失う。

3年時に復活し、春季リーグ戦で好成績を残し、捕手としてベストナインに選出された。

大学時代には、日本代表の4番打者も務めた。

2018年のドラフト2位でオリックスに入団し、現在は一塁手、捕手、三塁手を守っている。

詳しくみる ⇒参照元: 頓宮裕真

山本由伸にエールを送る頓宮裕真

山本由伸投手と普段どのような話をしますか?

地元の情報

元プロ野球選手の頓宮裕真氏は、同じ地元出身で親交のある山本由伸投手がメジャーリーグに挑戦することについて、尊敬の念を表明し、応援のエールを送りました。

頓宮氏は山本投手との会話の内容を明かし、野球の話はあまりせず、地元の話題やグルメについて話すことを紹介しました。

講演会では参加者からさまざまな質問が寄せられ、頓宮氏はヒットを打つコツを聞かれても「僕の場合」と前置きした上で、練習方法の変化を語りました。

詳しくみる ⇒参照元: プロ野球オリックス首位打者の頓宮裕真選手 地元備前市に凱旋

プロ野球史上初!実家が隣同士の選手が同じチームで活躍中

同じチームの選手で実家が隣同士なのは誰と誰?

山本由伸、頓宮裕真

オリックス・バファローズの山本由伸投手と頓宮裕真選手は、なんと実家が隣同士という奇跡のような関係性を持っている。

山本投手は高卒でオリックスに入団し、投手5冠やノーヒットノーランを達成するなど、日本を代表するエースに成長。

頓宮選手は東都大学野球の亜細亜大学からオリックスに入団し、2023年にパ・リーグ首位打者に輝いた。

2022年の日本シリーズでは、頓宮選手が4番打者として出場するなど、チームの優勝に貢献した。

詳しくみる ⇒参照元: 【オリックス】山本投手と頓宮選手は、なんと実家が隣同士!

地元の応援が力に!頓宮選手と幼なじみ・山本由伸投手の故郷トーク

頓宮選手が備前市の好きな場所は?

天津神社

プロ野球選手頓宮選手は、故郷備前市の魅力を問われ、駅員がいない点を挙げて会場を沸かせました。

好きな場所として挙げたのは初詣で訪れていた天津神社で、地元を見渡せる素晴らしい場所だったと述べています。

今シーズンの活躍は備前市の応援が力になったと明かし、地元の人々の応援がスタメン出場と活躍につながったことを感謝しました。

幼なじみで3年連続で先発投手の主なタイトルを総なめした山本由伸投手との関係についても語っています。

詳しくみる ⇒参照元: プロ野球オリックス首位打者の頓宮裕真選手 地元備前市に凱旋

山本投手と頓宮選手の奇跡の縁

山本投手の少年野球チーム加入時期はいつ?

小学2年生頃

オリックス・バファローズの山本投手と頓宮選手は、出身地が近く、同じ小学校・中学校・高校で野球部に所属していた。

山本投手の少年野球チーム加入時期は小学2年生頃で、すでに優れた才能を発揮していた。

また、同じチームだった頓宮選手とは実家が隣同士で、幼少期から親交があり、プロ入り後もオリックス・バファローズでバッテリーを組むという夢のような出来事を経験している。

この奇跡的な確率の出来事は、野球界においても非常に稀なことであり、彼らの特別な絆と縁を感じさせる。

詳しくみる ⇒参照元: 【オリックス】山本投手と頓宮選手は、なんと実家が隣同士!

山本由伸の家族構成と父親の現在

由伸さんの父親は現在何のチームで野球を楽しんでいるか?

軟式野球チーム

伊部パワフルズでキャッチャーとして活躍した山本由伸の父親は、現在は勤め先の軟式野球チームで野球を続けている。

チーム名や年齢は公表されていない。

また、山本由伸には姉がおり、父親に似て自慢の息子がプロ野球で活躍していることを職場の同僚に話している可能性が高い。

詳しくみる ⇒参照元: 山本由伸の実家は金持ち?両親や兄弟について調査!隣は頓宮裕真...

山本由伸と頓宮裕真の幼馴染関係

山本由伸選手と頓宮裕真選手は、どのような関係ですか?

幼馴染

山本由伸選手と頓宮裕真選手は、幼少期から同じ少年野球チームに所属する幼馴染です。

現在もオリックス・バファローズで共にプレーしています。

2歳年上の山本選手は、頓宮選手を「Twitter」と呼んでおり、親密な関係が伺えます。

実家の住所は岡山県備前市とされていますが、詳細は明らかにされていません。

詳しくみる ⇒参照元: 山本由伸の実家は頓宮裕真の隣で住所は備前市伊部のどこ?父母と...

頓宮裕真のプロフィールと特徴

頓宮の大学時代の愛称は?

とんちゃん

オリックス・バファローズに所属する頓宮裕真は、亜細亜大学硬式野球部時代に長打力が持ち味の長距離打者として活躍し、通算14本塁打を記録した。

また、高校時代には強肩の捕手として二塁送球の最速タイムを約1.9秒で計測した。

愛称は「とんちゃん」で、オリックス入団後は背番号44を背負っている。

この背番号はかつてブーマー・ウェルズが着用していたもので、頓宮は入団会見で「ユーマーに変えられるように頑張りたい」と語っている。

頓宮はパ・リーグの一塁手部門でベストナインを初めて受賞するなど、攻守両面で活躍している。

詳しくみる ⇒参照元: 頓宮裕真