Academic Box Logo

薬屋のひとりごと: 梨花妃の秘密を探る - 事件後の子どもと妃の順位

ライターのYUKOです。今回は、薬屋のひとりごとの事件後の子どもと妃の順位について、ご紹介します。

薬屋のひとりごと:梨花妃の気高いギャップ

梨花妃が後宮で隠している魅力的なギャップとは何か?

気位の高さと優しさのギャップ

梨花妃は後宮の上級妃で、気位が高い性格をしています。

しかし、その一方で、思いやりのある優しい一面も持ち合わせています。

このギャップが、彼女の魅力の一つとなっています。

梨花妃は、主人公の猫猫が宮廷で起こる謎を解くことに協力するなど、重要なキャラクターです。

彼女の気位の高さと優しさのギャップは、物語に深みと複雑さを加えています。

『薬屋のひとりごと』は海外でも人気があり、アニメやマンガ、小説など、さまざまなメディアで展開されています。

海外のファンからも、梨花妃のギャップが魅力的だと評価されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】梨花妃を徹底解析!事件のあと子供は生まれ...

梨花妃の変貌

梨花妃はなぜふたたび輝く存在となっていく?

猫猫との出会い

梨花妃は、品格と聡明さから「賢妃」という位を与えられた上級妃です。

皇帝への忠誠心は強く、家柄も良いため、壬氏に推薦されて上級妃になりました。

しかし、作中序盤では、子供とともに病を患い心身ともに不安定な境遇が描かれています。

そんな中、梨花妃は猫猫と出会い、不幸を乗り越え、ふたたび美しく輝く存在となっていきます。

梨花妃の復活には、猫猫との出会いが大きく影響しているのです。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】梨花妃(リファひ)の魅力を解説!「至宝」...

梨花妃のプロフィールと子供

梨花妃には子供が何人いますか?

1人

「薬屋のひとりごと」に登場する梨花妃は、帝との間に男児を儲けています。

この男児は東宮(皇太子)として育てられており、後宮では世継ぎが次々と亡くなる事件が起こっているため、呪いが噂されています。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ「薬屋のひとりごと」梨花妃(リファヒ)とは?声優や子供...

梨花妃のかわいい一面

梨花妃が赤面したのは、どのような秘術を伝授されたとき?

性技

梨花妃は、猫猫から伝授された秘術「夜伽で帝を喜ばせるテクニック」により、帝から寵愛されるようになります。

この秘術は、梨花妃の「至宝」2つのメロンを使った匠の技で、梨花妃は顔を真っ赤にしていたとされています。

この秘術は、その後、他の上級妃にも妃教育の必須科目として指導されることになります。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】梨花妃(リファひ)の魅力を解説!「至宝」...

梨花妃の侍女問題の原因

梨花妃の侍女たちに問題があった原因は何ですか?

侍女頭の杏が梨花妃を恨んでいたから

梨花妃は優れた妃としての素質を持ち、上級妃に選ばれた。

しかし、彼女の侍女たちは質が悪く、禁止された毒おしろいを使用したり、主に対して不誠実だった。

その原因は、侍女頭の杏が梨花妃の従姉妹で、妃になる教育を受けていたため、自分が妃になるべきだと考えていたことだった。

杏は梨花妃を恨み、彼女を妃扱いせず、堕胎まで画策していた。

しかし、梨花妃は杏の企みを察知し、彼女と悪質な侍女たちを追放し、無事に男児を出産した。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】梨花妃を徹底解析!事件のあと子供は生まれ...

侍女の秘密

水晶宮の侍女が梨花妃に教えた秘術とは?

胸元の美化法

翡翠宮の侍女である猫猫は、水晶宮の梨花妃に遊廓の姐たちが教えてくれた胸元の美化法を伝授しました。

梨花妃は猫猫の教えを成功させ、その結果、皇帝の通いが減り、翡翠宮の玉葉妃の睡眠不足が解消されました。

しかし、アニメ「薬屋のひとりごと」の予告では、呪いのような症状が現れ、続きは1週間後に放送される予定です。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ『薬屋のひとりごと』第4話あらすじ/ネタバレ感想!梨花...

梨花妃の魅力とは

後宮の中で梨花妃の人気が高い理由は?

上品かつ大胆な美しさ

梨花妃は、上品かつ大胆な美しさ、内面のかわいらしさ、聡明さを兼ね備えた魅力的な女性です。

彼女は周囲の人たちを魅了し、愛される存在であり、梨花妃もまた周りを大切にする女性です。

これらの魅力が、彼女を後宮で人気の高い存在にしていると考えられます。

また、梨花妃は原作小説のファンからも高い支持を得ており、今後ますますその人気は高まることが予想されます。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】梨花妃を徹底解析!事件のあと子供は生まれ...

後宮の妃たち

水晶宮の梨花妃の位階は?

賢妃

後宮には複数の宮があり、各宮に妃が住んでいる。

水晶宮には賢妃の梨花妃が住んでおり、おしろいによって病に倒れ、皇帝との間に生まれた息子を亡くしている。

柘榴宮には淑妃の阿多妃が住んでいたが、現在は楼蘭妃が住んでいる。

金剛宮には徳妃の里樹妃が住んでいる。

里樹妃は元々先帝の妃で、先帝の死後、現皇帝の妃となった。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと4夫人(妃)とは?位順と貴妃や淑妃についても

薬屋のひとりごと:梨花妃の毒害と芙蓉妃の夢遊病

梨花妃の衰弱の原因とは?

侍女の毒害

病に伏せる梨花妃を診ることになった猫猫は、食事から毒素を排除しようと試みますが、侍女たちに阻まれます。

壬氏の助けで触診が許された猫猫は、梨花妃の衰弱の原因が侍女による毒害であることを突き止めます。

侍女の一人の頬を叩き、脅迫する猫猫の姿が描かれ、侍女の恐ろしさを感じさせられます。

一方、芙蓉妃は、武勲を立てた将に下賜されることになり、夢遊病を発症します。

猫猫は、芙蓉妃が下賜を避けるためにわざと夢遊病を装ったのではないかと推測します。

猫猫は、芙蓉妃が臣下に身請けされるため、価値を下げて銀の量を減らそうとした妓女の話を思い出し、芙蓉妃も臣下に添い遂げるために、わざと価値を下げようとしているのではないかと考えます。

侍女による毒害が明らかになり、芙蓉妃が夢遊病を装っていた可能性が示唆される中、猫猫は「恋が女を美しくするのであれば、どんな薬になるだろう」と呟きます。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ『薬屋のひとりごと』第4話あらすじ/ネタバレ感想!梨花...

宮廷妃の序列と出世の仕組み

翡翠宮の玉葉妃が皇帝から厚い信頼を得ている理由は?

男児を亡くしていない

玉葉妃は皇帝から高い信頼を得ている。

もし梨花妃が男児を亡くしていなければ、皇后になっていただろう。

中級妃には芙蓉妃と愛凛がおり、彼女たちは正二品の「嬪」の位にある。

上級妃以外の中級妃が最初に登場したのは芙蓉妃であり、夢遊病の疑いがあった。

婕妤や美人などのランクが下位にあり、チャンスを逃さなければ出世できる可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと4夫人(妃)とは?位順と貴妃や淑妃についても

上級妃・梨花妃の物語

梨花妃と玉葉妃の確執の原因は?

玉葉妃の実家と梨花妃の東宮の確執

アニメ「薬屋のひとりごと」に登場する梨花妃は、帝の寵愛を受ける上級妃の1人で、切れ長の瞳とクールな雰囲気を持つ。

他の上級妃である玉葉妃とは、玉葉妃の実家が商家から成り上がりであることと、玉葉妃に帝の子どもがいることから確執がある。

また、梨花妃は自身の東宮を亡くしたことで憔悴しきっていたが、猫猫との関わりで気力を取り戻しつつある。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ「薬屋のひとりごと」梨花妃(リファヒ)とは?声優や子供...

妃の序列と権力

男児出産によって、妃が皇后になることはありますか?

場合によっては

妃の位順は貴妃、淑妃、徳妃、賢妃と定められており、貴妃が最も位が高いです。

皇后が不在の場合、貴妃が代役を務めることもあります。

また、男児出産によって妃が皇后になる場合もあるとされています。

例えば、薬屋のひとりごとでは、玉葉妃が男児出産後に皇后になっています。

ただし、身分や品階に差はなく、すべて同等とされています。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと4夫人(妃)とは?位順と貴妃や淑妃についても

薬屋のひとりごと:4夫人の位と順序

4夫人の中で、皇帝から最も寵愛を受けているのは誰?

玉葉妃

薬屋のひとりごとの上級妃4夫人は、玉葉妃、梨花妃、里樹妃、阿多妃です。

4夫人の中で、最も位が高いのは貴妃の玉葉妃で、皇帝から最も寵愛を受けています。

4夫人は全員正一品で、側室の最高位に位置しています。

玉葉妃には、鈴麗という皇女が1人います。

4夫人が全員揃うのは、園遊会などの特別な行事の時です。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと4夫人(妃)とは?位順と貴妃や淑妃についても

アニメ「薬屋のひとりごと」第4話オリジナルシーン解析

アニメ「薬屋のひとりごと」第4話で猫猫が侍女を恫喝するシーンは原作小説とアニメでどのような違いがあったか

表現が「激昂」と「脅迫」から「脅迫」に変更

第4話で、猫猫が侍女を恫喝するシーンはアニメオリジナルの追加シーンです。

原作小説では「激昂」または「脅迫」と表現されていましたが、アニメでは「脅迫」に近い表現に変更されました。

アニメ版では、猫猫の表情と悠木碧さんの演技が印象的で、派手ではないもののインパクトのあるシーンとなりました。

このシーンで猫猫は、自分を見下した侍女の態度や粥をひっくり返されたことではなく、侍女の無知さと傲慢さに激怒しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】アニメ第4話「恫喝」感想・解説【梨花妃の...

梨花妃と玉葉妃のライバル関係

梨花妃が玉葉妃に感じた思いは?

ライバル意識

梨花妃は、玉葉妃が皇帝に寵愛されていることに対してライバル意識を抱いていました。

しかし、自尊心の高さから、その思いを露わにすることはほとんどありませんでした。

物語序盤に玉葉妃をビンタした以外は、猫猫に弱音を漏らすくらいでした。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】梨花妃を徹底解析!事件のあと子供は生まれ...