Academic Box Logo

笠置シヅ子: 若い頃の可憐な姿が蘇る! ブギの女王の秘蔵画像で辿るその伝説

こんにちは、ライターのYUKOです。今日は、笠置シヅ子さんの若い頃の秘蔵画像をご紹介します。

笠置シヅ子の生い立ちと養母との絆

笠置シヅ子の養母はどのような人物でしたか?

芸事が好き

笠置シヅ子は、生まれてすぐに養女として亀井家で育てられました。

養母である亀井ウメは芸事が好きで、シヅ子の将来を考え、日本舞踊を習わせていました。

シヅ子は養母に溺愛され、実の娘のように大切に育てられました。

シヅ子は自分が養女であることを18歳の時に知りましたが、養母との絆は生涯にわたって変わることがありませんでした。

養母はシヅ子の芸能活動も支え、彼女が「東京ブギウギ」で一世を風靡するきっかけを作りました。

詳しくみる ⇒参照元: ブギウギ| 笠置シヅ子の生い立ち、ブギの女王誕生、娘エイ子や...

笠置シヅ子のルーツと芸能界デビュー

笠置シヅ子の母親は実の母親ではなく、どのような関係だった?

家事見習い

笠置シヅ子は1914年に香川県で生まれ、本名は「亀井静子」。

母親は実の母親ではなく、笠置シヅ子の実家に家事見習いで同居していた女性だった。

笠置シヅ子は芸事好きの両親の影響で歌や踊りに興味を持ち、宝塚歌劇団を目指したが身長が足りず不合格。

松竹楽劇部の養成所に入り、三笠静子としてデビュー。

20歳で「恋のステップ」でコロムビアからレコードデビューし、日本のジャズシンガー第1号となった。

笠置シヅ子は若い頃から潔癖症に悩んでいた。

詳しくみる ⇒参照元: 笠置シヅ子の若い頃がかわいい!昔の画像やブギウギ女王の経歴w...

ブギウギ女王・笠置シヅ子の魅力

笠置シヅ子の特徴的な身体的特徴は?

まつ毛が3cmあった

笠置シヅ子は、戦後の日本でブギウギ女王と呼ばれたアイドルの先駆者です。

彼女はキュートな笑顔と時代を感じさせない可愛らしさで知られており、ハーフのような顔立ちをしていました。

また、まつ毛が3cmもあったことで有名で、メイクをするとさらにその美しさが際立っていたそうです。

笠置シヅ子のパワフルな歌声とキュートな姿は、人々を魅了し、彼女は当時の社会現象にもなりました。

詳しくみる ⇒参照元: 笠置シヅ子の若い頃がかわいい!昔の画像やブギウギ女王の経歴w...

ブギの女王・笠置シヅ子

笠置シヅ子が「ブギの女王」と呼ばれる理由を教えてください

一連のブギをヒットさせたから

笠置シヅ子は、作曲家・服部良一と組んでジャズ歌手として活動し、戦後、『東京ブギウギ』をはじめとするブギものをヒットさせ、「ブギの女王」として一世を風靡しました。

彼女は、ブギの女王としての人気を博し、朝ドラ『ブギウギ』の主人公のモデルにもなりました。

詳しくみる ⇒参照元: 笠置シヅ子の写真、名言、年表、子孫を徹底紹介

戦後日本のブギウギ女王・笠置シヅ子

笠置シヅ子さんがブギウギの女王と呼ばれるようになったきっかけとなった曲は何ですか?

東京ブギウギ

戦後、笠置シヅ子は「東京ブギウギ」で一世を風靡し、「ブギウギの女王」の座を不動のものにしました。

この曲は戦後日本の復興を象徴する大ヒットとなり、笠置シヅ子はトップスターの仲間入りを果たします。

その後も「大阪ブギウギ」や「買物ブギ」など次々とブギウギソングを世に送り出し、戦後の日本を元気に盛り上げました。

笠置シヅ子のモノマネで有名な美空ひばりもまた、トップスターへの道を歩むことになります。

詳しくみる ⇒参照元: 笠置シヅ子の若い頃がかわいい!昔の画像やブギウギ女王の経歴w...

ブギの女王・笠置シヅ子の破天荒ステージ

笠置シヅ子の「買物ブギ」で起こった、彼女の熱演による珍事件とは?

下駄が真二つに割れた

戦後間もない1949年、笠置シヅ子は『東京ブギウギ』の大ヒットで「ブギの女王」と呼ばれるようになった。

彼女のステージパフォーマンスは、派手なアクションと大阪仕込みのサービス精神にあふれて斬新なものだった。

なかでも「ヘイヘイブギ」では客席と一体となったコールアンドレスポンス、「ホームラン・ブギ」では応援団長の扮装で高下駄を履いて登場した。

熱演がすぎて、客席に転落することもあった。

そして「買物ブギー」を歌うときは、下駄がいつも真二つに割れてしまうほどだった。

1956年、シヅ子は歌手廃業を宣言し、その理由を「太りかけたから」と告白した。

また、「自分の一番いい時代を自分の手で汚す必要は無い」とも語った。

詳しくみる ⇒参照元: 笠置シヅ子(1914~1985)

ブギウギのルーツと笠置シヅ子

「東京ブギウギ」の原点となった楽曲は何か

夜来香

第二次世界大戦後、日本人に元気づけるような楽曲が求められていた。

服部良一は、1944年に上海で聞いた李香蘭の「夜来香」にブギウギのリズムを取り入れ、「夜来香幻想曲」を編曲した。

この曲は、戦後の「東京ブギウギ」など一連の「ブギ」楽曲の原点となった。

服部良一は、1946年に笠置シヅ子のために「アイレ可愛や」を作曲した。

この曲は、戦時中にジャズや米英的な曲が禁止されていたため、大東亜共栄圏の曲調で作られた。

笠置シヅ子は、1948年に「春の饗宴」で「東京ブギウギ」を歌い、大ヒットとなった。

この曲は、敗戦で虚脱状態だった日本人にカツを入れ、日本のブギウギ第1号となった。

詳しくみる ⇒参照元: 笠置シヅ子とブギウギの時代 特設ホームページ