Academic Box Logo

稀勢の里の引退と妻への感謝を語る感動秘話

ライターのYUKOです。相撲ファンとして、稀勢の里の引退と妻への感謝を語る感動秘話を紹介します。

横綱・稀勢の里引退会見

横綱としてどのような心境だったか

期待に応えられず悔しい。

稀勢の里は引退会見で、横綱として期待に応えられなかった悔しさを語った。

しかし、土俵人生に一片の悔いはないとも述べ、稽古場が自分を強くしてくれたと感謝を述べた。

今場所は「自信を持って臨んだ」という。

詳しくみる ⇒参照元: 横綱 稀勢の里 引退会見|Nhkスポーツ

稀勢の里が語る横綱の重み

横綱昇進のきっかけとなった最も重要な取り組みは?

横綱 白鵬との一番

稀勢の里は2017年の初場所千秋楽において、横綱の白鵬を破った取り組みを土俵人生で最も重要な一番と位置付けている。

この取り組みは、2011年の大関昇進時に千秋楽で琴奨菊に敗れた悔しさを糧に、絶対に負けまいという強い決意のもとで行われた。

稀勢の里は土俵人生において「絶対逃げない」という信念を貫いてきた。

詳しくみる ⇒参照元: 横綱 稀勢の里 引退会見|Nhkスポーツ

稀勢の里:相撲界の巨星

稀勢の里が左利きなのは生まれつきか、練習の賜物か?

生まれつき

稀勢の里は1986年7月3日に兵庫県芦屋市で生まれ、本名は萩原寛です。

身長188cm、体重177kgの大柄な体格で、血液型はB型です。

好きな食べ物はのっぺい汁、焼き鳥、フグ刺し、紀州南高梅、茶碗蒸し、からつバーガー、ホヤなどです。

得意手は左四つ・寄り・突き・押しで、締め込みの色はえんじ色またはナス紺です。

稀勢の里は生まれつき左利きで、練習によって両利きになりましたが、主に左手を使用しています。

いわゆる「花のロクイチ組」の1人で、現在はスポーツニッポン評論家(大相撲担当)を務めています。

詳しくみる ⇒参照元: 稀勢の里寛

稀勢の里が引退、「荒磯親方」襲名

日馬富士関からどのようなサポートがあった?

良いアドバイス

稀勢の里は日馬富士関から助言を受け、日本出身横綱の重圧下でも相撲に集中できた。

引退後は「荒磯親方」として、怪我に強い力士の育成に努める予定だ。

詳しくみる ⇒参照元: 横綱 稀勢の里 引退会見|Nhkスポーツ

稀勢の里引退の理由

稀勢の里はなぜ引退したの?

自分から引退を申し出た

稀勢の里は横綱昇進まで19年ぶりに誕生した日本出身の横綱でしたが、わずか2年で引退しました。

引退の理由は、本人の口から「引退させてください」と申し出たためです。

引退を決めるまでには、けがとの向き合いなど多くの努力と責任感が影響したと考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 横綱 稀勢の里 引退会見|Nhkスポーツ