Academic Box Logo

悠仁親王の秘められたタブー: 知られざる皇室の秘密

こんにちは、ライターのMariaです。本日は、悠仁親王の秘められたタブーについてお伝えします。

悠仁親王:皇位継承順位とプロフィール

皇位継承順位は何位ですか?

第2位

悠仁親王は、明仁上皇の孫で徳仁天皇の甥にあたる日本の皇族です。

2006年9月6日に秋篠宮文仁親王と文仁親王妃紀子の第1男子として生まれました。

皇位継承順位は第2位で、現在17名の皇室構成者のうち唯一の未成年者です。

お印は高野槇で、東京都港区元赤坂二丁目の赤坂御用地内にある秋篠宮邸に住居を構えています。

詳しくみる ⇒参照元: 悠仁親王

悠仁親王の誕生

皇族男子が誕生したのは何年ぶり?

40年9か月

秋篠宮悠仁親王は、2006年9月6日に愛育病院で誕生した。

皇族男子の誕生は、父・秋篠宮文仁親王以来実に40年9か月ぶりとなる快挙だった。

皇位継承順位は第3位で、誕生時は約1800人の人々が沿道に集まり祝福した。

彼の誕生は、皇位継承問題が表面化していた中での朗報となり、皇室典範改正案の提出も見送られることになった。

悠仁親王は「ゆうゆう」の愛称で親しまれ、お印は「大きく、まっすぐに育ってほしい」との願いが込められた高野槇である。

詳しくみる ⇒参照元: 悠仁親王