Academic Box Logo

石井久子:京都での現在と過去 - 事件、判決、家族

ライターのMariaです。今回は石井久子:京都での現在と過去 – 事件、判決、家族についてお届けします。

石井久子と麻原彰晃の関係

オウム真理教の麻原彰晃と石井久子の関係はいつ頃から始まったと考えられている?

1986年頃から

石井久子は産業能率短大を卒業後、日産火災海上保険に入社。

保険会社の同僚に誘われヨガ教室に通い、そこで麻原彰晃に出会った。

麻原彰晃が渋谷区のヨガ教室に住み込み、自宅へ帰らなくなった時期と石井久子の出家の時期が一致することから、二人はこの頃から愛人関係にあったと考えられている。

詳しくみる ⇒参照元: 石井久子はいまどうしてるの?気になるオウムその後|エントピ

オウム真理教のナンバー2と麻原彰晃の愛人

オウム真理教のナンバー2だった女性は誰?

石井久子

石井久子は、オウム真理教のナンバー2で、麻原彰晃の愛人だった。

地下鉄サリン事件や坂本弁護士一家殺人事件など、数々の凶悪犯罪に関与した。

オウム真理教は麻原彰晃が設立した宗教法人だが、後にテロ組織に認定され、地下鉄サリン事件を起こした。

オウム真理教は1996年に解散され、残った関係者は後継組織を立ち上げている。

教祖の麻原彰晃は2018年に死刑執行された。

詳しくみる ⇒参照元: 石井久子(オウム真理教)の現在!経歴と学歴・旦那と子供・美人...

オウム真理教幹部・石井久子の素顔

石井久子はオウム真理教でどのような立場だったか

幹部

石井久子はオウム真理教の麻原彰晃の愛人で幹部を務めていた。

彼女は幼少期から負けず嫌いで文武両道な性格だった。

オウム真理教に入信したきっかけは、友人の誘いでヨーガ教室に参加したこと。

教団内では麻原彰晃の側近として重要な役割を担っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 石井久子の現在は?子どもの現在や麻原彰晃・飯田エリ子について...

ヨガ教室が結んだ運命の接点

麻原彰晃と飯田エリ子の接点は?

ヨガ教室

麻原彰晃が始めたヨガ教室に通っていた飯田エリ子は、後にオウム真理教に入信し、同僚の石井久子にヨガ教室を紹介しました。

石井久子は、麻原彰晃の教えに強く影響され、保険会社を退職して出家しています。

飯田エリ子は、目黒公証人役場事務長拉致監禁致死事件で有罪判決を受けましたが、獄中で脳内出血で倒れ、深刻な記憶障害と右半身麻痺の後遺症が残りました。

詳しくみる ⇒参照元: 石井久子はいまどうしてるの?気になるオウムその後|エントピ

オウム真理教の美しき広告塔・石井久子

石井久子がオウム真理教で活躍できた理由は?

美貌

石井久子はオウム真理教でナンバー2の地位に上り詰めた女性幹部。

その美貌を活かして教団の広告塔として活動し、信者だけでなく一般の人からも注目を集めた。

そのため、インターネット上には石井久子の画像や動画が多数残っている。

石井久子は地下鉄サリン事件にも関与しており、実行犯の村井秀夫と井上嘉浩と共に500~600gのサリン溶液を電車内に散布した。

この事件では14人が死亡し、約6300人が負傷した。

詳しくみる ⇒参照元: 石井久子(オウム真理教)の現在!経歴と学歴・旦那と子供・美人...

麻原彰晃の隠された子供たちの行方

麻原彰晃の子供で石井久子が産んだ子供たちはどうなった?

不明

石井久子は麻原彰晃の愛人としてオウム真理教で権力を握り、3人の子供を産んだ。

子供たちは麻原の子供であることを隠され、石井久子の私生児として届けられた。

石井久子がオウム真理教を脱退後、子供たちがどうしているかは不明。

詳しくみる ⇒参照元: 石井久子はいまどうしてるの?気になるオウムその後|エントピ

石井久子の暗躍:オウム真理教の金庫番の役割

オウム真理教関係者の殺人事件で、石井久子はどのような役割を果たしたか?

財務支援と逃亡支援

石井久子は、オウム真理教の財務責任者として、地下鉄サリン事件で逃亡犯に資金と車両を提供しました。

また、坂本堤弁護士一家殺害事件では、殺害された遺体の遺棄を命令され、新潟県と富山県に遺体を埋めました。

詳しくみる ⇒参照元: 石井久子(オウム真理教)の現在!経歴と学歴・旦那と子供・美人...

麻原彰晃とオウム真理教

麻原彰晃の他に広告塔として利用されていた人物は誰ですか?

ビートたけし

オウム真理教の広告塔には、麻原彰晃本人の画像だけでなく、石井久子の写真も使用されていた。

また、ビートたけしが広告塔として利用されており、「いい迷惑」と語っている。

麻原彰晃の正妻である松本知子と石井久子の仲は悪く、石井久子は麻原彰晃との間に3人の子供を産んだが、教団内では秘密にされていた。

松本知子は2人の関係を知っており、立場も上だった石井久子と喧嘩をしていたという。

麻原彰晃は地下鉄サリン事件以外にも多くの事件を起こしたオウム真理教の創始者であり、信者を洗脳し、殺人を肯定し続けた。

詳しくみる ⇒参照元: 石井久子の現在は?子どもの現在や麻原彰晃・飯田エリ子について...

オウム真理教幹部の人物像

「オウム神仙の会」の頃から関わりがあった幹部で、東信徒庁長官を務めていた人物は誰?

飯田エリ子

飯田エリ子は「オウム神仙の会」の初期メンバーで、東信徒庁長官として東日本の信者を統括していた。

お布施集めや勧誘に長け、人間味あふれる人物だった。

目黒公証人役場事務長拉致監禁致死事件で逮捕され、懲役6年6ヶ月の判決を受けた。

詳しくみる ⇒参照元: オウム真理教の幹部を一覧で紹介【組織図や学歴、序列も併せて解...

エリートたちを凶悪犯に変えたマインドコントロールの恐怖

オウム真理教の幹部たちを優秀な頭脳に変えた要因は?

マインドコントロール

オウム真理教では、修行の達成度に応じて「正大師」「正悟師」「準サマナ」などの階級があったが、実態は麻原彰晃のさじ加減で決まっていたため、信者たちは麻原に気に入られるために犯罪に手を染めた。

教団幹部には灘高校や東大卒など高学歴でエリートと呼ばれる職業に就いていた人物が多く、麻原のカリスマ性に加え、挫折を知らない優秀なエリートたちを操るマインドコントロールが彼らの凶悪な犯罪への関与を招いた。

詳しくみる ⇒参照元: オウム真理教の幹部を一覧で紹介【組織図や学歴、序列も併せて解...