Academic Box Logo

顔面移植手術の旅:人生を取り戻すための選択肢

ライターのYUKOです。顔面移植手術の旅:人生を取り戻すための選択肢を紹介します。

顔面移植の進歩とケイティさんの希望

ケイティさんの将来の夢は?

カウンセラー

2005年以来、世界で約40例の顔面移植手術が行われ、手術技法や薬物療法の進歩により拒否反応のリスクが低減。

ケイティさんは点字を覚え生活を改善しており、将来的な目の移植も視野に入れている。

また、カウンセラーになるため大学のオンラインコースに登録することを目指し、10代の人たちへの自殺防止と人生の価値に関する講演活動にも意欲を見せている。

ケイティさんは、多くの人に助けられた経験から、今度は自分が他の人を助けたいと語っている。

詳しくみる ⇒参照元: 人生を取り戻すため、彼女は顔面移植手術を受けることを選んだ

ケイティの顔面移植

ケイティさんの顔面移植手術にかかった時間は?

31時間

2017年、ケイティさんは31時間におよぶ顔面移植手術を受けました。

この手術は、ガストマン博士率いる医師団によって行われ、3Dモデルを使用して綿密に計画されました。

移植に使用された提供者は、薬物の過剰摂取で亡くなった人物で、ケイティさんの顔に適合していました。

この手術は、クリーブランドクリニックで行われた3例目の顔面移植手術であり、最も広範囲にわたるものでした。

詳しくみる ⇒参照元: 人生を取り戻すため、彼女は顔面移植手術を受けることを選んだ