Academic Box Logo

山田武士の勇壮な姿が写真で甦る:歴史の息吹を伝える貴重な記録

ライターのYUKINOです。山田武士の勇壮な姿を写した写真についてご紹介いたします。

師弟の秘策「急激なワンツー」の真実

福島は、なぜ当初、ややゆったりしたリズムを作っていたのか?

一瞬の爆発力を生かすため

福島学とトレーナーの山田武士は、メキシコのオスカー・ラリオスを攻略するため、急激なステップインから繰り出すワンツーを磨き上げた。

試合では、福島が当初ゆったりとしたリズムを作っていたのは、そのワンツーを効果的に放つためだった。

しかし、ラリオスはそのリズムに食い付き、福島の急激な変化に完璧に対応して左フックを合わせた。

このシーンは、当時の三浦利美会長も「ガタガタにされちゃったな」と評し、師弟の積み重ねた努力を称賛した。

詳しくみる ⇒参照元: ボクシングの深みを教えてくれたトレーナーの言葉。2002年の...

鎧武者の勇姿を描いたディオラマ

矢が尽き果てたにも関わらず、戦場で敵に立ち向かったのはどのような人物か

益荒男

マックスファクトリーの「PLAMAX」ブランドのプラキット「鎌倉時代の鎧武者」を使用したディオラマで、レジェンドモデラーの山田卓司が鎌倉時代の鎧武者と敵武者の姿を描いている。

このディオラマは、戦場で矢が尽き果て、馬を失ったにもかかわらず、敢然と敵に立ち向かう益荒男の勇姿を表現している。

敵武者は2体で、豪華な鎧武者との対比として、満足に鎧を揃えられない下級武者という想定で自作されている。

詳しくみる ⇒参照元: 鬼気迫る「もののふ」たち、鎌倉時代の激闘が情景王・山田卓司の...

鎌倉時代の鎧武者ディオラマ製作

鎌倉時代の鎧武者の想定身長はどれくらいですか?

165cm前後

マックスファクトリー製の1/12スケールプラキット「鎌倉時代の鎧武者」を使用し、激闘シーンを再現したディオラマを制作。

鎧の威絲の模様を型取りして複製し、胴丸や腹当に使用。

下級武者は半首という面具を装着している。

制作を担当したのは、月刊ホビージャパンのレジェンドディオラマビルダー山田卓司。

詳しくみる ⇒参照元: 鬼気迫る「もののふ」たち、鎌倉時代の激闘が情景王・山田卓司の...