Academic Box Logo

渡邊真衣被告に懲役13年と罰金1200万円の求刑

ライターのYUKOです。今回の記事では、渡邊真衣被告に対する求刑内容についてご紹介します。

「頂き女子」詐欺で懲役13年求刑

被告人がホストに利用されたと主張しているのはなぜですか?

利用されたと主張している

被告人渡邊真衣は、男性の心情を利用して詐欺を働いたとして起訴されています。

検察側は、男性の心情につけ込んだ計画的な犯行であるとして懲役13年、罰金1200万円を求刑しています。

一方、被告人の弁護士は、被告人はホストに利用されたにすぎないと主張しており、刑を軽くするよう求めています。

なお、判決は4月22日に言い渡されます。

被告人はこれまでに3回、NHK記者の接見に応じ、自身の生い立ちや「頂き女子」となった経緯を語っています。

詳しくみる ⇒参照元: 自称「頂き女子」25歳被告に懲役13年罰金1200万円求刑

頂き女子詐取事件で13年懲役求刑

この女性が男性から騙し取った金額はいくらか

約1億5500万円

SNSで「頂き女子」を名乗る25歳の渡邉真衣被告が、男性3人に恋愛感情を抱かせて約1億5500万円を詐取した罪で起訴された。

検察は、被告がホストをナンバーワンにするために犯行に及んだとして、懲役13年と罰金1200万円を求刑した。

被告は「恋愛マニュアル」を販売し、他の詐欺行為を幇助した罪でも問われている。

詳しくみる ⇒参照元: 自称「頂き女子」25歳被告に懲役13年罰金1200万円求刑