Academic Box Logo

ブラックジャック実写化の歴史:歴代俳優の演技を徹底比較

ライターのYUKOです。今回は、「ブラックジャック実写化の歴史:歴代俳優の演技を徹底比較」について紹介します。

歴代ブラックジャック俳優

漫画「ブラックジャック」を実写化した初代ブラックジャックを演じた俳優は?

宍戸錠

漫画「ブラックジャック」を実写化した映画「瞳の中の訪問者」で初代ブラックジャックを演じたのは宍戸錠。

ただし、ブラックジャックは脇役で、主演は患者のテニス選手(片平なぎさ)。

監督は大林宣彦。

手塚治虫は宍戸錠のメイクに激怒し、漫画で「イジワユ!

先生キヤイ!

先生の宍戸錠!

」と皮肉った。

詳しくみる ⇒参照元: 『ブラックジャック』歴代俳優一覧!実写の一番のハマリ役は?

板尾創路のブラックジャック出演作

板尾創路はブラックジャックを演じたことがありますが、どんな作品で演じましたか?

バラエティ番組

2007年放送のバラエティ番組「絶対に笑ってはいけない病院24時」で、板尾創路がブラックジャックを演じました。

ビジュアル的には好評価を得ましたが、本格的なドラマでの起用が期待されています。

また、2023年に公開された岡田将生主演の映画「ブラックジャック」では、主人公がブラックジャックを名乗る前日譚が描かれています。

岡田将生の演技は好評でしたが、狂気性や毒気が不足しているとの声もありました。

詳しくみる ⇒参照元: 『ブラックジャック』歴代俳優一覧!実写の一番のハマリ役は?

本木ブラックジャックの演出

岡田将生は、ブラックジャックの登場人物でどんな演出をした?

お茶目な演出

本木ブラックジャックは、森本レオがDr.キリコ役など一部賛否があるものの、基本設定に忠実で、本木さんの飄々としたお茶目な演技が好評だった。

演出は堤幸彦で、漫画的な演出も効果的だった。

岡田将生は本編には登場しないが、夢の中でイヤホンを片方ずつ分け合い、同じ曲を聴いていたという描写がある。

詳しくみる ⇒参照元: 『ブラックジャック』歴代俳優一覧!実写の一番のハマリ役は?

加山雄三版「ブラックジャック」の異色設定

加山雄三版「ブラックジャック」で加山が演じた役柄は?

無免許医師

「ブラックジャック」では、加山雄三が普段は医者であることを隠した実業家を演じました。

必要な時にのみマントを羽織って無免許医師に変身するという、原作とは異なる設定が特徴的でした。

この印象的な黒いマントは、衣装デザイナーのコシノジュンコが手掛けたものです。

脚本家のジェームス三木が熱烈オファーをしたことで実現した本作では、爽やかな若大将のイメージとは異なる加山のギャップも見どころの一つとなっています。

詳しくみる ⇒参照元: 『ブラックジャック』歴代俳優一覧!実写の一番のハマリ役は?