Academic Box Logo

三郎の衝撃的な過去と骨灰指輪の秘密を徹底解明!

ライターのYUKOです。今回は、三郎の衝撃的な過去と骨灰指輪の秘密を徹底解明します。

三郎(サンラン)の正体と過去

三郎(サンラン)の正体は何?

花城(ホワチョン)

三郎(サンラン)は、ファンタジー中華BL『天官賜福』に登場する謎めいた美青年で、その正体は、絶境鬼王・花城(ホワチョン)です。

花城は、天界で恐れられている「四大害」の1人で、「血雨探花(けつうたんか)」とも呼ばれています。

三郎は、主人公・謝憐(シエ・リェン)の前に、人界で牛車に乗る姿で現れます。

三郎の姿の際は、16歳程度で、謝憐とほぼ同じ身長です。

詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』三郎(サンラン)は花城(ホワチョン)と同一人物?...

三郎と花城の骨灰

三郎が謝憐に託した指輪の正体は?

花城の骨灰

三郎は、鬼界の風習で鬼が認めた者に託す骨灰を、指輪のネックレスという形で謝憐に託しました。

この骨灰は鬼の命そのもので、入手すれば鬼を使役でき、破壊すれば鬼は消滅します。

三郎は謝憐になら命を奪われても構わないと、共に消えることを本望としていました。

三郎は少年姿の可愛らしさと、本来の姿の格好良さや色気を兼ね備えた、様々な魅力を持つキャラクターです。

詳しくみる ⇒参照元: 【天官賜福】三郎はなぜ鬼になった?正体・過去や指輪のネックレ...

花城の骨灰と太子殿下

花城が誰に自分の骨灰を託したか

太子殿下

鬼界では、鬼は自分の骨灰を大切な場所に隠しますが、ある特別な習俗があります。

鬼が誰かを愛すると、その人の手に自分の骨灰を託します。

つまり、自分の命をその人に委ねるのです。

記事によると、花城は指輪に自分の骨灰を隠しており、それを愛する太子殿下に託しました。

花城は、太子殿下からの何らかの反応を期待していなかったかもしれません。

たとえ骨灰が1日だけ身につけてもらえたとしても、彼にとっては満足だったでしょう。

花城の愛は熱く、揺るぎなく、献身的です。

詳しくみる ⇒参照元: 天官:七夕定情,花城奉上骨灰戒指!太子相见,解锁新人物郎千秋...

花城の「血雨探花」の由来

花城が「血雨探花」と呼ばれる由来は?

血の雨から花を傘で遮ったこと

花城は「絶」という等級を持つ最も危険な鬼で、別名「血雨探花」として知られています。

この由来は、花城が鬼のアジトを滅ぼした際に降り注いだ血の雨から花を傘で遮ったことに由来しています。

花城は人間だった頃、右目がなかったため周囲からいじめに遭い、醜い自分だと認識していました。

謝憐に嫌われたくないがために、正体を隠していました。

花城の過去については諸説あり、真実が不明です。

詳しくみる ⇒参照元: 【天官賜福】三郎の正体は花城(ホワチョン)!指輪のネックレス...

天官賜福の三郎の正体は花城!謝憐との関係とストーリー

謝憐はいつ三郎の正体に気づいていた?

第4話の牛車の時点

中国アニメ「天官賜福」で、三郎の正体は花城です。

三郎は少年の姿で謝憐の前に現れますが、謝憐は三郎が初めて登場した第4話の牛車の時点で三郎の正体に気づいていました。

三郎は花城の特徴である赤い服を着ており、博識で怖いもの知らずの態度から、謝憐は三郎が花城であることに気づいたのです。

詳しくみる ⇒参照元: 【天官賜福】三郎の正体は花城(ホワチョン)!指輪のネックレス...

花城の正体と謝憐との関係

花城が謝憐を「哥哥」と呼ぶのはなぜ?

花城は謝憐を尊敬しているから

三郎こと花城は、謝憐を「哥哥」と呼び、徹底的に彼を尊敬しています。

花城が正体を隠す理由は、彼の腕にある刺青に関係していると思われます。

花城は、絶大な殺傷力を持つ銀色の蝶・死霊蝶と、紅い眼球がはめ込まれた湾刀・厄命を武器としています。

彼の武器は一級品で、膨大な数の敵を一瞬で斬り伏せられます。

しかし、謝憐は花城の正体を知っても態度を変えず、彼の武器も好意的に見ています。

詳しくみる ⇒参照元: 【天官賜福】三郎はなぜ鬼になった?正体・過去や指輪のネックレ...

三郎の正体と鬼王となった経緯

花城はどのようにして鬼王になったのか

蠱城の戦いで生き残った

かつて鬼たちの殺し合いが行われていた蠱城で、花城は最後まで生き残ったことで絶の境地に至った鬼王・絶境鬼王となりました。

その後、三郎として登場し、謝憐と出会います。

花城は右腕に謝憐の名前の刺青を入れており、謝憐に指輪を託しています。

また、文字を書くのが苦手で、刺青の文字は崩れています。

詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福の花城とは?

花城の骨灰と天界への報復

花城は天界に行った謝憐へのどんな報復として、33人の神官に勝負を挑んだのか?

2度の追放

花城は謝憐に対する天界の2度の追放に対する報復として、33人の神官に勝負を挑み、彼らの神の力をすべて堕としました。

アニメ12話では、花城は姿を消し、謝憐に指輪のついたネックレスを残しました。

この指輪は花城の骨灰で、骨灰は鬼の唯一の弱点であり、どんなに強い鬼でも殺せます。

骨灰を渡すことは、自分の命を相手に捧げることを意味します。

12話は天界と鬼界の2人の物語が中心で、2人の関係が一気に深まった回でした。

詳しくみる ⇒参照元: 【天官賜福】三郎の正体は花城(ホワチョン)!指輪のネックレス...

天官賜福の三郎の特徴

三郎の特徴的な能力は?

器用

天官賜福の三郎は博識で、特に神や鬼に関する知識が豊富です。

絵が上手く、謝憐の像を描き、ボロボロの道観の扉を取り付け、掃除をこなすなど、大抵のことがこなせます。

また、謝憐を「哥哥」と慕っています。

詳しくみる ⇒参照元: 【天官賜福】三郎はなぜ鬼になった?正体・過去や指輪のネックレ...

三郎の鬼化の理由

三郎が鬼になることを選んだのはなぜ?

謝憐のため

三郎は仙楽太子(謝憐)への忠誠心を刺青に刻み、謝憐に対する強い気持ちが刺青の意味から明らかになります。

三郎は神官になれる特権を得たにもかかわらず、謝憐のために鬼として生き、天の神官と戦い、謝憐に無礼を働いた者たちを引きずり落とします。

三郎は全てを謝憐に捧げたいと考え、祈りを捧げる人々を救う義務を負いたくないため、鬼であることを選びました。

三郎の行動の原動力は常に謝憐です。

詳しくみる ⇒参照元: 【天官賜福】三郎はなぜ鬼になった?正体・過去や指輪のネックレ...

三郎の正体の見破り方

謝憐は、三郎が血雨探花だとどのようにして見破ったの?

全知全能、赤い衣、ほころびがない

謝憐は、三郎の全知全能さ、赤い衣、そして傷のない体から、三郎が血雨探花であると推測した。

また、第5話で三郎を鬼ではないかと疑っていた謝憐は、三郎の行動から、三郎が血雨探花であることを確信した。

三郎は、謝憐の半月を助けるなど、謝憐に協力的な態度を見せたが、謝憐は三郎が自分のことを利用していると疑い、半月を壺に押し込めた。

詳しくみる ⇒参照元: 中国アニメ『天官賜福』第12話「花香る夜語り」のネタバレ感想

花城の骨灰指輪:永無止境の愛と矢志不渝

花城が謝怜に贈った指輪に込められた意味は?

永無止境の愛と矢志不渝

花城が謝怜に贈った指輪は、灰灰という骨灰が納められた缺口のある指輪でした。

缺口は銀の蝶で繋がれており、永無止境の愛を象徴しています。

また、蝶は花城が謝怜に寄せる矢志不渝の愛を表しています。

骨灰は鬼にとって弱点であり、花城は謝怜への愛の証として自分の骨灰を指輪に納めました。

この指輪は、花城の謝怜に対する深い愛情と、墨香銅臭の優しさを物語っています。

詳しくみる ⇒参照元: 天官:七夕定情,花城奉上骨灰戒指!太子相见,解锁新人物郎千秋...

三郎の右目と殿下の言葉

花城はなぜ右目に眼帯をしていたのか?

大切な人に見せたくないから

三郎こと花城は、殿下こと謝憐に自分の右目が無い姿を見せることをためらっていた。

しかし、殿下は容姿に関係なく三郎の人間性を愛していた。

この言葉を受け、三郎は鬼の姿で殿下に会う決意をする。

三郎は一度鬼市に戻り、本来の姿で殿下と再会することを約束した。

花城はかつて人間だったが、殿下に命を救われて以降、殿下が生きる意味となった。

詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』三郎(サンラン)は花城(ホワチョン)と同一人物?...