Academic Box Logo

「実は私が本物だった」の衝撃の結末ネタバレ!コゼットの正体が明らかになる

ライターのYUKOです。今回、「実は私が本物だった」の衝撃の結末ネタバレについてご紹介します。コゼットの正体も明らかになります。

韓国恋愛漫画「実は私が本物だった」のあらすじと結末ネタバレ

主人公の「キイラ」の身に何が起こったのでしょうか?

処刑された

韓国恋愛漫画「実は私が本物だった」は、韓国小説が原作のウェブトゥーン。

父親の愛を得るため自分を磨いた「キイラ」は、実の娘と主張する「コゼット」のせいで処刑される。

しかし、処刑直前にコゼットは「実はあなたが本物だった」とキイラに告げる。

原作小説は完結済みで、結末が気になるところ。

詳しくみる ⇒参照元: 【実は私が本物だった】とは:結末ネタバレ・コゼットの正体とは...

偽りの娘の告白

コゼットはなぜラディックたちの本当の娘ではないと言ったのか

本物の娘はキイラたちだったから

コゼットはパルビス家の娘を装い、精霊召喚でキイラより先に成功し、ラディックに認められます。

しかし、処刑直前にコゼットは本物の娘はキイラたちだと告白します。

実はコゼットの出自が謎めいており、物語が進むにつれて、コゼットとキイラのどちらが本当の娘なのか疑問が深まっていきます。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『実は私が本物だった』結末まで全話ネタバレあらすじ&感想...

精霊士キイラの衝撃的な運命

なぜキイラは絶望に陥ったのか

コゼットが現れ、自分が本物だと宣言したから

キイラは水の精霊一族の長女として生まれた精霊士で、18年間努力を重ねていた。

しかし、コゼットという娘が現れ、コゼットが本当の娘だと主張。

コゼットは周囲の信頼を得て、キイラはニセモノ扱いされ、ついに死刑台に乗せられる。

しかし、ギロチンで首を落とされた瞬間、キイラはコゼットが来る2か月前に戻った。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『実は私が本物だった』結末まで全話ネタバレあらすじ&感想...

偽りの処刑から始まる、成長と復讐のラブストーリー

処刑直前にコゼットがキイラに囁いた衝撃的な言葉は?

実はあなたが本物だった

韓国版漫画「実は私が本物だった」は、本物ではないと処刑されたキイラが、コゼットの「実はあなたが本物だった」という言葉と共に過去に戻り、復讐ではなく自分自身のために生きる成長ラブストーリー。

作画を担当するyuunの美しい絵とキャラクターデザインが高く評価されている。

キイラは、実の娘であることを証明するために奮闘する中、友達をつくり、自分らしく生きるために歩みを進める。

詳しくみる ⇒参照元: 実は私が本物だったをネタバレ解説!漫画のあらすじや登場キャラ...

真の王女への道

キイラが処刑される理由は?

偽者だと疑われたため

キイラは、大公閣下の実の娘コゼットの登場により、自分の人生が激変します。

コゼットはキイラをニセモノと主張し、キイラは無実の罪で処刑されることになります。

しかし、処刑前日にコゼットから「実はあなたが本物だった」と告げられます。

キイラは回帰後、自分らしく生きることを決意し、新たな人間関係を築いていきます。

カジノで運命的な出会いをした後、コゼットの策略に備えて行動し始めます。

また、ジョセフやダフネなど周囲の人々と交流を深め、第2の人生を謳歌しています。

詳しくみる ⇒参照元: 実は私が本物だった(4)

精霊石を狙うコゼットの正体と、キイラとエレズの関係

コゼットが精霊士のフリができたのはなぜ?

暗黒魔法の契約

コゼットはバインベルグ家から送り込まれ、精霊石を狙っていた。

彼女は暗黒魔法で魔族と契約し、その力を使って精霊士のフリをしていた。

また、キイラの腹違いの姉であることも判明。

一方、キイラは父親から愛されていることを知り、エレズが魔族であることも知る。

エレズとの関係は悪化するが、ジョゼフに優しく抱き寄せられる。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『実は私が本物だった』結末まで全話ネタバレあらすじ&感想...

変化する未来と、キイラに牙をむく者

一緒に暮らすことになったコゼットが、何に牙をむき始めた?

キイラ

心配していたジーク、ジョゼフ、エレズらの影響により、未来への流れが少しずつ変化していく。

そんな中、コゼットがキイラに牙をむき始めた。

詳しくみる ⇒参照元: 実は私が本物だった(4)

本物だったのは誰?:実は私が本物だったのキャラ紹介

キイラとジークをサポートする唯一のキャラは?

ジョゼフ

「実は私が本物だった」に登場するキイラは腹黒い一面を持っています。

一方、彼女の弟ジークは脱出計画に関わり、彼女を支持していました。

また、副団長ジョゼフもキイラの剣技を認め、彼女に忠誠を誓っています。

キイラが処刑される前に、ジョゼフは彼女と一緒に逃げることを考えていたそうです。

魔術士エレズ・ショアはキイラを生き返らせましたが、コゼットの正体は「魔王」とされています。

詳しくみる ⇒参照元: 【実は私が本物だった】とは:結末ネタバレ・コゼットの正体とは...

コゼットの正体

コゼットの正体は?

大公閣下の長女

キイラは、精霊士の一族の娘で、父親の愛情を注がれようと勉強を頑張ってきたが、コゼットの出現で人生が狂い、斬首刑に処される。

コゼットは、大公閣下の長女で、キイラの父親であるラディックの実の娘だと主張してキイラの家族に入り、表向きは明るく人懐っこい性格だが、裏ではキイラから全てを奪っていく。

詳しくみる ⇒参照元: 実は私が本物だったのネタバレを結末の最新話まで!コゼットの正...

韓国版「実は私が本物だった」の読み方

ラディック公の目的は何でしたか?

娘を助けること

「実は私が本物だった」という漫画では、キイラの父親であるラディック公が娘を助けるためにエレズと契約を結び、キイラを過去に送りました。

また、キイラはエレズとジョゼフの2人に惹かれましたが、最終的にはジョゼフと恋人になりました。

そして、コゼットはキイラの異母姉であり、本物のコゼットはすでに亡くなっており、精霊石を狙っていた魔王が成長したコゼットになりすましていたことが明らかになりました。

漫画の韓国語版はkakaopageというサイトで公開されています。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『実は私が本物だった』結末まで全話ネタバレあらすじ&感想...

「実は私が本物だった」のキイラ

キイラを処刑したのは誰?

コゼット

キイラは水精霊士の家系であるパルビス家の長女で、父親に愛されるために努力していました。

しかし、コゼットの策略にはまり処刑されてしまいます。

処刑後、キイラは過去にタイムリープし、2度目の人生では父親のためではなく、自分に好意を寄せる人たちに時間を使い、同じ過ちが起きないよう毎日を懸命に生きています。

また、キイラの父親であるラディックは、当初はキイラに対して冷たい態度でしたが、2度目の人生ではキイラの態度が変わったことに関心を抱き、キイラを気になり始めます。

詳しくみる ⇒参照元: 【実は私が本物だった】とは:結末ネタバレ・コゼットの正体とは...

友人を求めるキイラのきっかけ

キイラが友人が欲しいと思ったきっかけは?

二日酔いの薬を持ってきたウォルフォードのアドバイス

キイラは貴族令嬢として振る舞うことに疲れていました。

二日酔いで気分が沈んだ彼女は、ロゼに自分の気持ちについて相談し、友人欲しいと打ち明けました。

ウォルフォードが訪ねてきて、友達を作るには笑顔を見せることが重要だとアドバイスしました。

このことがキイラに友人を作るきっかけを与えました。

彼女はロゼから恋愛小説を勧められ、夢中になって読み耽り、小説の余韻に浸りながら図書館で資料を探していたときに、メイドたちの会話に耳を傾けました。

キイラは友人と話をしたいという衝動に駆られましたが、体裁を気にして我慢しました。

すると、メイドと目が合い、彼女は私語を咎められると思いましたが、メイドたちはすぐに散っていきました。

詳しくみる ⇒参照元: 実は私が本物だったをネタバレ解説!漫画のあらすじや登場キャラ...

過去に回帰したキイラの成長物語

処刑の直前、キイラに真実を告げた人物は誰か?

コゼット

キイラは父親の愛を得るために自分を磨き上げたが、ある日実の娘を名乗るコゼットが現れ、キイラは処刑されてしまう。

しかし処刑直前にコゼットは「実はあなたが本物だった」と告白。

この真実を知ったキイラは苦しんだ末に処刑されるが、過去に回帰し、自分自身のために生きようと決意する。

この漫画は、韓国の「kakaopage」で連載されており、1~3話は無料で読むことができる。

詳しくみる ⇒参照元: 実は私が本物だったの原作ネタバレ!結末は?