Academic Box Logo

末っ子皇女殿下: 小説のネタバレ!!! 最終回までのあらすじ大公開

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、「末っ子皇女殿下」の小説のネタバレを紹介します。最終回までのあらすじを大公開します。

溺愛皇女の異世界ファンタジー

転生した女性が元の世界でどのような存在だったか?

偉大な魔法使い

「末っ子皇女殿下」は、大魔導士が他国の末っ子皇女に転生した異世界ファンタジー作品。

転生したエニシャは、元の世界ではアルカス魔導国で活躍する偉大な魔法使いだった。

彼女は体調不良で休息していたところ、謎の光に包まれ、ヒペリオン帝国の「三つ目の星」として転生した。

家族や使用人から溺愛されるエニシャの溺愛ストーリーが展開される。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『末っ子皇女殿下』最新話まで全話ネタバレあらすじ&感想!...

末っ子皇女殿下:ネタバレと結末

大魔導師の魔力が封印された理由は何ですか?

封印されたのかは不明。

韓国発の小説が原作の漫画「末っ子皇女殿下」では、主人公が前世の記憶を持って皇女に生まれ変わりますが、大魔導師だった前世の魔力が封印されていることに気づきます。

原作小説では204話で本編が完結し、2019年には50話の外伝も完結しました。

単行本では4巻が最新刊で、電子書籍なら最新刊までお得に読むことができます。

ただし、大魔導師の魔力が封印された理由については、原作小説でも明らかになっていません。

詳しくみる ⇒参照元: 【末っ子皇女殿下】最終回ネタバレ!原作小説の結末まとめ

ロシエルの命を救った意外な人物

大魔導士エニシャを悲しませたくないという理由でロシエルを殺さなかった人物は?

ノクシタ

熾烈な戦いの最中、ロシエルはノクシタと対峙するも敗北し、瀕死の状態に陥る。

しかし、ノクシタはロシエルを殺さなかった。

理由は、大魔導士エニシャを悲しませたくないと確信していたため。

例えエニシャが敵軍に回っても、ノクシタは彼女を尊敬しており、傷つけるような行動を避けた。

違法サイトで『末っ子皇女殿下』を読むのは、犯罪行為であり、刑事罰を科される可能性があるため、絶対に利用しないように注意しよう。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『末っ子皇女殿下』最新話まで全話ネタバレあらすじ&感想!...

大魔導師の封印と戦いの結末

アルカス大魔導師の魔力を封印したのは誰か?

アバルティア

アルカス大魔導師エニシャの魔力は、アバルティアという悪魔が左魔ベルアンを洗脳して魔法陣を描かせたことで封印された。

洗脳されたベルアンは記憶を失い、エニシャは真実を知った後もベルアンを許した。

アバルティアは西部スカンシャの王ハクマンの体に乗り移っており、エニシャは毎年誕生日に増える魔法量でアバルティアを倒そうと準備していた。

エニシャの16歳の誕生日を控えた1ヶ月前にヒペリオンとスカンシャの戦争が勃発し、エニシャを巡る争いが激化した。

アバルティアはアルカスの魔術師や子供たちを犠牲にしてエニシャを手に入れようとしたが、エニシャは封印を解いてアバルティアと対峙した。

詳しくみる ⇒参照元: 【末っ子皇女殿下】最終回ネタバレ!原作小説の結末まとめ

末っ子皇女殿下159話: ベルアンの真意

ベルアンがエニシャに裁かれることを受け入れた理由とは何か?

深い事情のため

末っ子皇女殿下159話では、エニシャとアルバティアが対峙します。

ベルアンはエニシャに裁かれることを承知の上で悪事に手を染めており、エニシャの粛清を受け入れる際には無抵抗でした。

私欲のためにエニシャを裏切ったとは考えにくく、ベルアンにはアルバティアと契約せざるを得なかった深い事情があるようです。

詳しくみる ⇒参照元: 【第160話更新】末っ子皇女殿下・あらすじ(ネタバレあり)・...

カヒルのエニシャへの愛と誓い

カヒルがエニシャに申し出たことは何ですか?

正式な交際

エニシャはアバルティアを倒した後、深い眠りにつきました。

2年後に目覚めると、カヒルは彼女に王冠を献上し、16歳までだった契約交際期間の延長を申し出ました。

この申し出は、カヒルがエニシャに正式な交際を申し込んだことを意味します。

エニシャは光のような存在であるため、カヒルは彼女を愛していますが、なかなか近づけませんでした。

しかし、アカデミーで彼女と仲を深めた後、彼女を守るために3つの誓いを立てました。

この誓いは、エニシャへのカヒルの深い愛情と、彼女を一生守りたいという決意を表しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【末っ子皇女殿下】最終回ネタバレ!原作小説の結末まとめ

赤ん坊転生の魔導士と謎の少年

エニシャの推測によると、カヒルはどのようにして木を凍らせたのか?

精霊の力

エニシャは赤ん坊に転生した魔導士です。

カヒルはただならぬ力を持つと思われ、幼少期には愛犬を王の妾と息子に殺害されました。

エニシャは黄金の森の木が凍りついた現象が、カヒルが精霊の力を使って起こしたものだと確信しています。

エニシャは3歳になり、皇女宮を与えられ、ハルインから魔法を学んでいます。

友達作りのために開いたお茶会では、話しかけられた子供が泣いてしまいますが、公爵家の娘がエニシャを虐めようとしたところ、エニシャは友達と楽しくお茶を飲む姿を見せています。

魔法使いたちが謁見を求めてきましたが、エニシャは自分の才能に自信があり、先生は必要ないと答えています。

詳しくみる ⇒参照元: 末っ子皇女殿下をネタバレ!ピッコマ連載の韓国異世界転生漫画の...

エニシャとベルアンの記憶喪失の謎

悪霊がベルアンの記憶を奪った理由は?

エニシャを守るため

エニシャを封印したベルアンは、悪霊に取り憑かれてエニシャの裏切りを疑い記憶を失っていた。

エニシャは悪霊の君主に立ち向かいベルアンの魂を救おうとするが、悪霊の君主は肉体を得て強大な力を有していた。

果たしてエニシャはベルアンの魂を救えるのか?

詳しくみる ⇒参照元: 【第160話更新】末っ子皇女殿下・あらすじ(ネタバレあり)・...

奪われた記憶

ベルアンは誰に記憶を奪われた?

悪霊の君主

悪霊の君主はベルアンの記憶を奪い、彼女をおもちゃにしようとした。

ベルアンは愛するエニシャを封印してしまったが、記憶を失っていたためそのことを忘れていた。

エニシャはベルアンに再び忠誠を誓わせ、彼女に対するベルアンの愛は本物だったことが明らかになった。

ベルアンは両親を失い、故郷にウンザリして家出していた。

詳しくみる ⇒参照元: 【第160話更新】末っ子皇女殿下・あらすじ(ネタバレあり)・...

皇女と人質の恋物語

エニシャとカヒルはどのような関係になりますか?

恋人

末っ子皇女エニシャは、冷徹な皇帝ロドゴとその双子の兄ヘラード、ロシエルを虜にして、王族の仲を改善しました。

ある日、虐待を受けていたザドカル公国の王子カヒルが人質として王宮にやってきます。

エニシャはカヒルを哀れに思い、宝石を渡して自由になるよう促します。

しかし、カヒルはエニシャの優しさに惹かれ、帝国で剣術を学び、ヘラード皇子の騎士団に加わりました。

詳しくみる ⇒参照元: 【末っ子皇女殿下】最終回ネタバレ!原作小説の結末まとめ