Academic Box Logo

明治の文豪一覧:100人以上の巨匠たち

ライターのYUKOです。明治の文豪一覧について調べ、100人以上の巨匠たちをご紹介します。

明治時代の文章改革

明治時代の文筆家たちが創造した文章のスタイルの特徴は?

読みやすくわかりやすい

明治時代、新しい制度の導入に伴い、言葉や文章の改革が必要になりました。

思想家・教育者の福沢諭吉は、わかりやすい文章の重要性を訴え、文筆家たちは創意工夫を凝らして、私たちが現在当たり前のように使っている文章のスタイルを確立しました。

その特徴は、読みやすくわかりやすいことにあり、事実の描写の仕方や語尾の表現に工夫が凝らされています。

詳しくみる ⇒参照元: 明治文学史

近代文学の展開

漱石が後期に描いた人間の性質は?

利己

漱石は前期三部作で近代知識人の内面を描いた後、修善寺の大患をきっかけに「こゝろ」や「明暗」などの作品で人間の利己を追い求める性質を描き出した。

同時期に鴎外も漱石の影響を受けて創作活動を再開し、歴史小説に転向した。

この時代には新体詩やロマン主義の詩が盛んになり、象徴詩も台頭した。

歌壇では「明星」が創刊され、与謝野晶子の「みだれ髪」が発表された。

啄木や空穂も活躍したが、啄木は後に自然主義に転向した。

詳しくみる ⇒参照元: 日本の近現代文学史

言文一致運動の歩み

明治時代に「言文一致」運動が起きなかった理由は何ですか?

昔ながらの言葉遣いへの愛着

明治初期には、文章の書き言葉と話し言葉に大きな隔たりがあり、一般の人々には理解しにくい文章が書かれていました。

そこで「言文一致」運動が起こり、話し言葉と書き言葉を一致させようとする試みがされました。

しかし、昔ながらの言葉遣いに愛着のある人々から根強い抵抗があり、運動はなかなか進まなかったのです。

詳しくみる ⇒参照元: 明治文学史

言文一致運動のきっかけ

二葉亭四迷が「言文一致」に感銘を受けたきっかけとなったのは?

西洋文学

明治時代、日本の文筆家たちは話し言葉を低俗なものと考えていた。

しかし、開国によって西洋文学が紹介され、「話し言葉」と「書き言葉」の区別がない「言文一致」に触れた二葉亭四迷は、その日常的でわかりやすい描写に感銘を受け、日本語でも「言文一致」の文章を書きたいと考えた。

詳しくみる ⇒参照元: 明治文学史

与謝野晶子の本名

処之助は、後にどのような名前に改めたか

常規

幼少期は処之助と名付けられた人物が、後に常規に改名した。

この人物は、明治時代から大正時代に活躍した歌人の与謝野晶子である。

本名は与謝野志ようといい、おもに明治から大正時代にかけて活躍した歌人として知られている。

詳しくみる ⇒参照元: 明治に活躍した芸術文化。31名の一覧

与謝野晶子の幼少期の名前

与謝野晶子は、幼少期どのような名前だった?

処之助

与謝野晶子は、明治から大正時代に活躍した歌人です。

本名は与謝野志ようといい、幼少期には処之助という名前でした。

与謝野晶子は、情熱的な歌風で知られ、「みだれ髪」などの作品で有名です。

また、夫の鉄幹とともに「明星」という文学雑誌を創刊し、近代和歌の革新に貢献しました。

晶子は、その奔放な生き方でも知られ、多くの男性と恋愛関係を持ったと言われています。

しかし、夫の鉄幹とは生涯連れ添い、夫婦仲は良好だったようです。

晶子は、1942年に65歳で亡くなりましたが、その作品は現在でも多くの人に愛されています。

詳しくみる ⇒参照元: 明治に活躍した人物。103名の一覧

明治の文壇:硯友社と紅露の登場

幸田露伴と尾崎紅葉はどのような共通点で「紅露」と呼ばれたのか?

文体

明治時代の文壇では、尾崎紅葉と幸田露伴が漢語を用いた力強い文体で人気を博しました。

この共通点から、2人は合わせて「紅露」と称されました。

尾崎紅葉は「多情多恨」「金色夜叉」で知られ、幸田露伴は「五重塔」が代表作です。

また、同時期の作家としては、女性的な文章で「たけくらべ」「にごりえ」を執筆した樋口一葉、漢詩を多く取り入れた泉鏡花、自然主義文学を代表する島崎藤村、田山花袋らが活躍しました。

詳しくみる ⇒参照元: 日本近現代文学史の流れ【まとめ】★明治から昭和後期まで★時代...

戦後文学の変遷

戦後すぐに登場した作家の総称は?

第二次戦後派

戦後すぐに登場した作家たちは、戦場で死と向き合った者や戦後の暗い状況を生きていた者で、第二次戦後派と呼ばれます。

大岡昇平、安部公房、三島由紀夫などが代表的です。

戦後の混乱が落ち着いたころに活動した作家は、第三の新人と呼ばれ、安岡章太郎、吉行淳之介、遠藤周作らがこれにあたります。

また、戦争を知らない世代の若者による活動も始まり、石原慎太郎、大江健三郎らが活躍しました。

1960年代になると、出版ジャーナリズムが発達し、大衆文学の質が向上し、松本清張らが社会派推理小説というジャンルを確立しました。

井上靖、水上勉、司馬遼太郎などの作家もこの時期に活躍しました。

詳しくみる ⇒参照元: 日本近現代文学史の流れ【まとめ】★明治から昭和後期まで★時代...

日本語の書き言葉の変遷

言文一致運動の結果、日本の書き言葉で最も使われている文体は何ですか?

「だ・である」調と「です・ます」調

明治維新後、西洋の文化を取り入れた日本では、言文一致運動により、書き言葉が漢文の伝統から離れ、「だ・である」調と「です・ます」調の文体が確立した。

これにより、日本語の書き言葉はより現代的なものとなり、文学という概念も新しく生まれた。

また、戦後の改革により、現代仮名遣いと新字体化が行われ、日本語の表記に変化がもたらされた。

詳しくみる ⇒参照元: 日本の近現代文学史

明治期の文学における思想と様式の変遷

明治時代に、社会や人生を真剣に扱った小説が生まれたきっかけは?

知識人の社会・人生への取り組み

明治10年代以降、自由民権運動の高まりに伴い、政治思想を主張・扇動する目的で政治小説が誕生した。

ベストセラーとなった作品は、壮大な構成と漢文調の文体が特徴で、知識人による社会問題の提起が文学の社会的意義を高めた。

坪内逍遥の『小説神髄』以降、写実主義が主流となり、二葉亭四迷の『浮雲』が近代小説の始まりとされる。

一方、国粋主義の高まりから古典文学が再評価され、尾崎紅葉や幸田露伴による擬古典主義文学が人気を博した。

また、近代化による自我意識の目覚めから、森鷗外の『舞姫』のようなロマン主義文学が登場した。

詳しくみる ⇒参照元: 日本の近現代文学史

文豪のあだ名と特徴

推理小説で有名な作家のあだ名は?

大乱歩

尾崎紅葉は口語文と文語文を折衷した文体「雅俗折衷」で流行作家となり、明治時代の文壇は幸田露伴とともに「紅露時代」と呼ばれました。

紅葉の代表作「金色夜叉」は未完成の作品です。

織田作之助は劇作家を目指していましたが、スタンダールの影響で小説家となり、処女作「雨」で人気を集めました。

梶井基次郎は31歳の若さで亡くなりましたが、残した20余りの短編小説は高い評価を受けています。

川端康成は1968年に日本人として初めてノーベル文学賞を受賞し、代表作「雪国」は海外でも高い評価を受けています。

詳しくみる ⇒参照元: 日本の文豪といえば… 作家 50人の【一覧】 -プロフィール...

明治・大正期の文学的影響

正岡子規の活動はどのような分野で影響を与えたのか?

俳句・短歌

明治から大正時代にかけて、正岡子規は俳句と短歌に大きな影響を与えました。

俳句では「ホトトギス」を中心に高浜虚子、河東碧梧桐、内藤鳴雪らを輩出し、短歌では根岸短歌会を開き、伊藤左千夫、長塚節らと近代短歌の発展に貢献しました。

また、正岡子規が発表した「歌よみに与ふる書」は近代短歌の理論的支柱として広く受け入れられ、その影響は現在も続いています。

さらに、正岡子規の写生主義的な手法は、後の新現実主義文学にも大きな影響を与えました。

詳しくみる ⇒参照元: 日本の近現代文学史

芥川賞・直木賞の生みの親

芥川賞と直木賞の設立に深く関わったのは誰?

菊池寛

芥川龍之介と直木三十五を顕彰するために設立された芥川賞と直木賞。

その創設には菊池寛が大きく関わっていた。

菊池は、芥川と直木がともに若くして亡くなったことを惜しみ、彼らの業績を称える賞の設立を提案した。

賞の名前は、芥川と直木の名前に由来しており、現在では日本の文学賞を代表する存在となっている。

芥川賞は純文学、直木賞は娯楽小説を対象としており、多くの優れた作品が輩出されている。

詳しくみる ⇒参照元: 日本の文豪といえば… 作家 50人の【一覧】 -プロフィール...

歴史上の女性医師

日本の歴史上で最も有名な女性医師は?

荻野吟子

荻野吟子は、日本で初めて国家資格を持った女性医師として知られています。

23歳の若さで亡くなりましたが、その才能は高く評価され、第二の樋口一葉と期待されていました。

詳しくみる ⇒参照元: 明治に活躍した芸術文化。31名の一覧