Academic Box Logo

西川のりお:生ける伝説が過去を振り返らない理由

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、お笑い界の生ける伝説、西川のりおさんについてお話しします。

西川のりおの股間露出騒動

西川のりおは、ある番組で股間を露出していたが、ある出来事によってその行為を控えるようになった

フライデー掲載

西川のりおは、人気番組「ひょうきん族」で過激なキレ芸を披露し、収録中に股間を出すことがあった。

しかし、その様子が週刊誌「フライデー」に掲載されると、その後はそのような行為を控えるようになった。

また、のりおは師匠の西川きよしの厳しい修行を乗り越えて一人前になった人物で、弟子に対しては厳しい指導を行っている。

アニメ「じゃりン子チエ」では主人公の一人である竹本テツ役を長年務めており、この役をライフワークと位置付けている。

詳しくみる ⇒参照元: 西川のりお

のりおが明かした、松本竜介の芸名誕生秘話

1980年代前半の漫才ブームを築いた芸人の一人、松本竜介の芸名は誰によって名付けられた?

のりお

のりおと竜介(竜助)は、1980年代前半の漫才ブームの立役者として知られ、「オレたちひょうきん族」でも活躍しました。

のりおは、竜助の芸名「竜介」を考案した人物であることを明かしています。

のりおと竜介は、「ツッタカ坊や」や「つくつくほーし」などのギャグで人気を集めました。

また、のりおは「ねぎ大使」にも任命され、政治や社会問題に関する発言でも注目を集めています。

詳しくみる ⇒参照元: 西川のりお

息が止まるまで現役

漫才師を辞めるタイミングはいつだと考えるか?

息を引き取るとき

漫才師・西川のりおよしおは、漫才師を辞めるタイミングについて尋ねられ、辞めるのは「息を引き取るとき」と答えた。

彼は、就職するよりも辞める方が簡単であるため、漫才師を辞めることは考えないと述べた。

また、舞台に立つことも容易ではないのに、辞めることを考えるのはおかしいと指摘した。

この考え方は、よしお師匠も支持している。

詳しくみる ⇒参照元: "生ける伝説"西川のりお・上方よしおが敢...

過去の失敗と向き合うこと

あなたは対人関係で失敗したときのことをよく考えますか?

考えてしまう

プロの記事ライターの著者は、対人関係での失敗を夜に考えるものの、朝には忘れてしまうと述べています。

実際には、悔やむ性格であるものの、その感情を表に出すのを避けています。

現在と未来に目を向けることを好んでいます。

また、レジェンドと呼ばれることに対して、かつての自分と比べて落ち込むのではなく、自分の名が歴史に残ったと前向きに捉えています。

著者は「人生現役」という言葉で、現役であることを大切にしています。

詳しくみる ⇒参照元: "生ける伝説"西川のりお・上方よしおが敢...

芸談が生み出す伝説: 西川のりお・上方よしおの美学

上方よしおさんは過去の出来事をどのように振り返りますか?

現在と未来に焦点を当てる

上方よしおは、過去を振り返らず、現在と未来に集中している。

後悔はしておらず、常に前向きに歩み続けることを信条としている。

また、長年連れ添った漫才コンビの理想の形を体現しており、お互いの話を真剣に聞き合い、深い信頼関係を築いている。

詳しくみる ⇒参照元: "生ける伝説"西川のりお・上方よしおが敢...