Academic Box Logo

積木くずしの衝撃の結末: 隠された真実が明かされる

ライターのYUKOです。積木くずしの衝撃的な結末について調査しました。隠された真実が明らかになります。

積木くずし:実娘の不良化との200日間の葛藤

穂積由香里は、その後どのような事件に巻き込まれたのか?

大麻所持容疑

「積木くずし」は、穂積隆信が実娘の不良化との葛藤を綴った体験記。

出版後、由香里は再度補導され、穂積は妻と離婚。

その後、由香里は大麻所持で再逮捕された。

穂積は著書の印税で無料相談所を開設し、テレビドラマや映画化で得た印税で相談所を運営。

テレビドラマ版は高い視聴率を記録し、民放の連続ドラマとしては歴代1位(関東地区)。

映画版では当初高部知子が主演予定だったが、スキャンダルにより渡辺典子が代役に。

詳しくみる ⇒参照元: 積木くずし

主人公の職業

主人公の職業は何ですか

カウンセラー

警視庁所属のカウンセラーとして、泉夫妻の娘であるひかりの非行に関する相談を受ける。

また、金融企業の社員として、佐知子に不動産関連の悪知恵を吹き込んだ。

主人公は関西地方出身で、言語に訛りがあり、派手な印象を持つスナック経営者である。

主人公は泉と親しい関係にあり、離婚後も相談を受けたり、作品のプロデュースをしたりしている。

詳しくみる ⇒参照元: 積木くずし

「積木くずし」最終章の衝撃の事実

「積木くずし」で穂積隆信の娘の本当の父親は誰だったか?

借金取り

穂積隆信の「積木くずし 最終章」では、娘の由香里が不倫の子だったことが判明。

娘の母親は前妻で、父親は借金取りだった。

前妻と借金取りは穂積の財産をすべて持ち逃げし、借金だけが残された。

穂積は妻の脳梗塞をきっかけに車椅子生活となり、ようやく人間らしさを取り戻した。

しかし、そもそも結婚生活は「積木」ではなく「幻想」だったのかもしれない。

詳しくみる ⇒参照元: 『積木くずし 最終章』あまりに悲しい積み木の真相

積木くずし人気ドラマの理由

人気ドラマ『積木くずし』が世に支持された理由は?

家庭の危機感

1959年映画デビューの穂積隆信氏が亡くなった。

氏の代表作「積木くずし」は非行娘と家庭崩壊を描いたノンフィクションで人気を博した。

その人気の理由は、子の不良化と夫婦不和を恐れる家庭の危機感に訴えかけたからだと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 『積木くずし』の穂積隆信さん亡くなり明らかになった積木の真相

積木くずしの衝撃的な結末

「積木くずし 最終章」の結末はどのようなものでしたか?

非常に悲しい積み木の真相

「積木くずし 最終章」は、「積木くずし」の完結編であり、タイトルの通り悲しい結末が明かされる作品です。

作者の穂積隆信は、博の兄などクールな役柄から、江川教頭などの漫画チックな役柄まで幅広くこなす名優として知られています。

この作品も30年前に発表された「前作」や穂積隆信の人格を含めた論評が盛んに行われており、非常に印象的な作品となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 『積木くずし 最終章』あまりに悲しい積み木の真相

実録ドラマ「積木くずし」と映画版「積木くずし」

1983年の映画『積木くずし』で、娘役を演じたのは誰ですか?

渡辺典子

1983年公開の映画『積木くずし』は、親と子の壮絶な闘いを描いた実録をもとに制作されました。

この映画では、アイドル絶頂期の高部知子が主演を務め、社会現象を巻き起こしました。

また、原作では描かれていない部分も追加され、原作者の友人である斎藤光正が監督を務めました。

主題歌は、原作者と親交のある島倉千代子が担当しました。

娘役は、“ポスト薬師丸ひろ子コンテスト”で57000人の中から選ばれた渡辺典子が演じました。

詳しくみる ⇒参照元: 「Tbsチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ」×「チャ...

積木くずし:中止となった続編とドラマ化されたその後の悲劇

穂積由香里の母親はどのような最期を迎えたのか?

自殺

1985年に予定されていたドラマの続編は、穂積由香里の覚醒剤取締法違反による逮捕で制作が中止となった。

続編に代わって放送された「85年型家族あわせ」では、穂積の逮捕による影響が描かれた。

2005年にドラマ化された「積木くずし真相」では、穂積の娘が逮捕され、両親が離婚、母親が自殺したことが描かれている。

2012年に発表された「積木くずし 最終章」では、穂積が娘の突然死を描いている。

詳しくみる ⇒参照元: 積木くずし