Academic Box Logo

極東会の分裂激化!絶縁状や怪文書が飛び交う闇の勢力争い

ライターのYUKOです。極東会分裂の激化に関する記事をお届けします。絶縁状や怪文書が飛び交い、闇の勢力争いが明らかになっています。

極東会、カリスマ亡き後の内部抗争

極東会の元会長の松山眞一氏が亡くなった後の組織内部では何が起きているのか?

内部抗争

極東会は東京・歌舞伎町に本部を置く指定暴力団。

松山眞一元会長が今年5月に亡くなった後、組織内部では「絶縁状」や「怪文書」が頻発している。

松山元会長は業界内で「カリスマ」と謳われた大物ヤクザで、その死去は業界内に衝撃を与えた。

組織のトップの不在が内部抗争に繋がっている可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 老舗組織で何が…「極東会」で「絶縁状」&「怪文書」が頻発中

極東会を揺るがす金の松騒動

金の松は、現在どのような状況にあるとされていますか?

持ち出されようとしている

金の松は極東会に贈られたものであり、松山五代目の居室に飾られていたが、現在は持ち出されようとしているという怪文書が出回っている。

怪文書は金の扇子問題がうやむやになっていると批判し、絶縁状に書かれた最高幹部を名指しで非難している。

詳しくみる ⇒参照元: 老舗組織で何が…「極東会」で「絶縁状」&「怪文書」が頻発中

ヤクザ界の重鎮、極東会元会長

極東会の元会長で、長年実質的なトップだった人物は誰?

松山

2015年まで極東会の会長を務めた松山は、組織名を「極東関口会」から「極東会」に改め、関東の他のヤクザ団体との抗争を回避する方針を打ち出し、組織をまとめ上げた。

退任後も、引き続き極東会の実質的なトップとみられていた。

詳しくみる ⇒参照元: 東京の「大物ヤクザ」が死去…「六代目山口組若頭」はじめ全国の...

大物ヤクザ・松山真一氏が死去

指定暴力団「極東会」を率いてきた人物は誰ですか?

松山真一

東京を拠点とする指定暴力団「極東会」の長期にわたる会長だった松山真一氏が94歳で死去した。

極東会は全国唯一の的屋系指定暴力団として知られ、松山氏は暴力団関係者の間で「大物ヤクザ」と評されていた。

彼の死は業界に衝撃を与えた。

詳しくみる ⇒参照元: 東京の「大物ヤクザ」が死去…「六代目山口組若頭」はじめ全国の...

大物の最期

松山元会長が死去したのは自宅か豊島区の家か?

豊島区の家

元会長の松山は池袋を愛し、豊島区の家は池袋に近いため、そこに住んでいた可能性がある。

死去した際には、全国から組織のトップクラスが弔問に訪れた。

詳しくみる ⇒参照元: 東京の「大物ヤクザ」が死去…「六代目山口組若頭」はじめ全国の...