Academic Box Logo

ヒッチハイクで乗車するコツを徹底解説!乗せたドライバーの共通点からマナーまで

ライターのYUKOです。今回はヒッチハイクで乗車するコツを徹底解説します。乗せたドライバーの共通点やマナーなど、安全に乗車するために役立つ情報を紹介します。

ヒッチハイク初心者ガイド

ヒッチハイクを始める際に、初心者向けに推奨される大都市間のルートは?

東京→名古屋、名古屋→大阪、大阪→福岡

ヒッチハイク初心者は、大都市間のルートを選ぶと安心。

例えば、東京→名古屋、名古屋→大阪、大阪→福岡などのルートは、高速道路を利用するため車通りが多く、ヒッチハイクしやすい。

ヒッチハイクの際は、大都市で有名なスポットから始めるのがおすすめ。

詳しくみる ⇒参照元: ヒッチハイクのやり方【ヒッチハイク熟練者が0から解説!初心者...

ヒッチハイクで分かった乗せてくれる人たちの共通点

車に乗せてくれる人たちに共通する特徴は?

苦労や失敗を経験し、事業主が多い

ヒッチハイクをしている学生たちにインタビューしたところ、彼らを乗せてくれた人たちは、面白い経歴、苦労や失敗の経験、事業主であるという共通点があったことが判明した。

インタビューした筆者自身も、苦労や失敗を経験しており、それが学生たちを応援するきっかけになったと述べている。

詳しくみる ⇒参照元: ヒッチハイクの若者に聞いた「車に乗せてくれる人」の共通点

プロヒッチハイカーが教える東京から大阪を平均7時間で移動するコツ

100名以上のドライバーを相手にヒッチハイクした著者が駆使する平均7時間で東京から大阪へ移動するコツは何ですか?

自己紹介

著者は、100名以上のドライバーから乗車経験のある「プロヒッチハイカー」です。

東京から大阪まで平均7時間で移動するコツを公開します。

このコツをマスターすれば、ヒッチハイクは簡単になります。

著者は、就職せずに独立し、京都に住む師匠の元へ交通費をかけずに通うためにヒッチハイクを始めたそうです。

詳しくみる ⇒参照元: ヒッチハイクで100人に乗せてもらったプロヒッチハイカーが語...

ヒッチハイクの年代別傾向

どの年代の人が最もヒッチハイクに好意的ですか?

40~60代

ヒッチハイクでは男性に1人で乗せてもらうケースが圧倒的に多い。

年代別に見ると、40~60代、つまり大学生の子供がいる年代の人が最も好意的であることが調査で明らかになった。

これは、乗せる側の年齢と乗せてもらう側の年齢が近いことが影響している可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: ヒッチハイクで乗せてもらいやすい人は?32台乗ってわかったこ...

ヒッチハイクの極意:わずか10分で乗せてもらうための方法

ヒッチハイクで乗せて貰うために、運転手にどう声を掛けるのが効果的ですか?

停車している車にノックする

ヒッチハイクでは、スケッチブックを使う方法ではなく、「停車している車にノックをする」方法が効果的です。

運転手は素通りしがちですが、声をかけることで、興味を示してくれる約2割の人から、方向が合えば乗せて貰えます。

通常の道路では、信号待ちを狙うか、コンビニを探して、笑顔で返してくれた人に交渉するのが良いでしょう。

この方法で、大抵の道路でも約10分で乗せて貰えます。

詳しくみる ⇒参照元: ヒッチハイクで100人に乗せてもらったプロヒッチハイカーが語...

ヒッチハイクのスタート地点選びのコツ

ヒッチハイク初心者がスタート地点選びで最も重要なことは?

車どおりが多い場所

ヒッチハイクのスタート地点選びのコツを解説します。

一般的な「この駅」のような具体例ではなく、どんな場所でも応用できる考え方を紹介します。

ヒッチハイクの鉄則は、自分の目的地と通行車の目的地が同じ方向であること。

そのため、車どおりが多く、目的地方面の車を見つけやすいサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)がおすすめです。

SAやPAは、直接運転手に交渉できる利点もあります。

これらを頭に入れておけば、ヒッチハイクの失敗リスクを大幅に減らすことができます。

詳しくみる ⇒参照元: ヒッチハイクのスタート地点選び方を徹底解説【完全保存版】

ヒッチハイクの危険性

男性一人でヒッチハイクをした場合、女性の単独ヒッチハイクに比べてどれくらい危険度は高いか?

ほぼ同じ

ヒッチハイクの危険性については、男性1人でも女性1人でもほぼ同じである。

女性の場合は2人以上でヒッチハイクをすることをお勧めするが、男性も危ない人かもしれないと思ったら乗せてもらうことを断る勇気を持つことが必要である。

また、ヒッチハイクでは年代や性別にかかわらず、「ちょっと変な人」が乗せてくれるのが魅力で、ヤンキーっぽい人がよく乗せてくれるのも特徴である。

詳しくみる ⇒参照元: 100回して分かった、ヒッチハイクのコツ総まとめ

ヒッチハイクのコツ:簡単に車に乗せてもらうための秘訣

ヒッチハイクで簡単に車に乗せてもらうコツは?

スケッチブックやダンボールに行き先を書く

ヒッチハイクのコツは、スケッチブックやダンボールに目的地を書いて車にアピールすること。

また、ヒッチハイクのメリットには、交通費の節約、ワクワク感、ユニークな人との出会い、コミュニケーション能力の向上などが挙げられます。

ヒッチハイクのコツを駆使することで、ほとんどの場合30分以内に車に乗せてもらえるようになります。

ヒッチハイクで乗せてくれる人はユニークな人が多く、コミュニケーション能力と度胸がつきます。

詳しくみる ⇒参照元: 100回して分かった、ヒッチハイクのコツ総まとめ

ヒッチハイクのコツ

ヒッチハイクを始めたきっかけは何か?

テレビ番組のヒッチハイカー特集

ヒッチハイクは、道路上で車に乗せてほしいとアピールし、乗車させてもらうこと。

近年は、画用紙に目的地を書いてアピールするのが主流。

きっかけは、ヒッチハイカー特集で日本一周に挑戦する人をを見て感動したこと。

メリットとして、普段関わることのない人々と交流できることが挙げられる。

詳しくみる ⇒参照元: 【ヒッチハイクの方法まとめ】 "乗せてもらえないな...

ヒッチハイカーが明かす車に乗せてくれる人の共通点

車に乗せてくれる人の共通点とは?

仲間意識

ヒッチハイクの学生たちに共通点について尋ねたところ、「仲間意識」と答えた。

彼らは車に乗せてくれる人にも仲間意識を感じており、そのため、自分たちがヒッチハイクをしていることを理解し、乗せてくれる可能性が高いと認識している。

ヒッチハイクをする人たちは、お互いに助け合い、共通の目標を持っているため、仲間意識が生まれる。

詳しくみる ⇒参照元: ヒッチハイクの若者に聞いた「車に乗せてくれる人」の共通点

ヒッチハイクのリスク回避術

ヒッチハイク中に怪しい人に遭遇した際の断り方とは?

「遠い目的地」に行くと言って断る

ヒッチハイク中に怪しい人物に遭遇した場合は、乗車交渉時に、本来の目的地よりもはるかに遠い場所に行くと言って断るとスムーズに断ることができます。

この方法は、乗車を断る際の気まずさを軽減し、リスク回避にも有効です。

ただし、ヒッチハイカーは複数人での乗車は避け、乗せる側のリスクも考慮することが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: ヒッチハイクするときのコツはたった1つだけ|ちょうどいいを探...

ヒッチハイクの極意:身だしなみが成功のカギ

ヒッチハイクのコツで一番重要なことは何ですか?

身だしなみ

ヒッチハイクのコツはいくつかありますが、中でも最も重要なのは身だしなみです。

たとえ笑顔で礼儀正しくても、身だしなみがきちんとできていないと、乗せる側が不安に感じたり、ホームレスと間違えたりして、乗せてくれる確率が低下してしまいます。

また、ヒッチハイクをする際は、高速道路ではわかりやすい行き先を段ボールなどに大きく書いて立っていると、捕まりやすくなります。

詳しくみる ⇒参照元: 【ヒッチハイクのコツと心得完全版】高速下道600台以上旅人の...