Academic Box Logo

自宅で手軽にプロ並みの録音環境を構築!防音室の設置方法を徹底解説

こんにちは、ライターのSaraです。

自宅で理想の録音環境を構築する宅録入門

自宅で録音環境を整えることで得られるメリットは?

コスト削減と機材のこだわり

宅録とは自宅で録音を行うことで、スタジオ使用料を節約し、自分の理想の録音環境を構築できるメリットがあります。

また、動画配信用のナレーションやゲーム実況の音声録音にも活用できます。

詳しくみる ⇒参照元: ゲーム配信や歌声の録音など、自宅で宅録環境を整えたいあなたに...

自宅宅録のための効果的な防音対策

自宅で宅録環境を作るために、音漏れの防止と雑音の遮断に有効な対策は?

周囲を隙間なく囲むこと

自宅で歌や楽器の音を録音する場合、外部への音漏れを防ぎ、周囲の雑音を遮断するために、部屋を隙間なく囲むことが重要です。

本格的な防音工事でなくとも、簡単な対策として、隙間を埋めることによって、効果的に音漏れと雑音を軽減することができます。

詳しくみる ⇒参照元: ゲーム配信や歌声の録音など、自宅で宅録環境を整えたいあなたに...

宅録防音スペースの簡易作成方法

簡易な防音スペースを作る場合、最も重要なことは何か?

吸音材の設置

簡易的な宅録防音スペースを作るには、周囲の壁に軽量吸音材を貼るか、防音カーテンで囲うことが効果的です。

これにより、反響音の軽減と音漏れ防止が期待できます。

手軽な方法としては、つっぱり棒と防音カーテンを使用して簡易ブースを作成することも可能です。

設置する場所の形状に合わせて、適切なつっぱり棒と防音カーテンを用意することで、簡単に宅録スペースを確保できます。

詳しくみる ⇒参照元: ゲーム配信や歌声の録音など、自宅で宅録環境を整えたいあなたに...

楽器演奏における防音対策の要点

楽器を演奏する際に必要となる防音工事のレベルは、どのような要因で決まるか?

楽器の種類と音量

防音工事のレベルは、演奏する楽器の種類と音量に応じて異なります。

例えば、ピアノは90~100デシベル、ボーカルは100~110デシベル、ドラムは110~120デシベルの音を出します。

また、建物構造によって本来備わっている防音性能も考慮する必要があります。

そのため、目標とする遮音レベルを事前に決めておくことが重要です。

また、防音対策は壁や床だけでなく、空調ダクトや配線などの設備の処理にも注意が必要です。

これらの部分から音漏れが発生しないよう、遮音レベルを満たす部材を使用することが求められます。

さらに、外からの音の侵入を防ぐ対策として、壁の補強、防音ドアの設置、防音用サッシへの交換などが効果的です。

詳しくみる ⇒参照元: 自宅にレコーディングスタジオを造る際の費用と注意点【事例あり...

自宅録音室の注意点

自宅で録音室を作る際、最も重要な要素は何か

静かな環境

自宅で録音室を作るには、防音業者に依頼するか、自分で防音材を揃えるかの2つの方法があります。

自宅録音は、専用のスタジオを使用する必要はなく、予算の都合や自分の好みに合わせて作ることができます。

しかし、重要なのは静かな環境を確保することで、雑音があると歌や音楽を綺麗に録音することができません。

詳しくみる ⇒参照元: 自宅に録音室を作る場合の注意点

自宅にレコーディングスタジオを作る際の防音対策

防音室を作る上で不可欠な対策には何がありますか?

防音、吸音、振動対策

自宅にレコーディングスタジオを作るには、室内の音漏れや外部騒音の遮断、床振動の対策、吸音設計が重要です。

吸音設計では残響時間を考慮する必要があります。

マンションリノベーション専門のひかリノベと防音工事専門の昭和音響が提携することで、マンションリノベの選択肢が増えました。

ご自宅にレコーディングスタジオの新設を検討している場合は、ひかリノベに相談するとよいでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: 自宅にレコーディングスタジオを造る際の費用と注意点【事例あり...