Academic Box Logo

ケプラー1649c:地球に似た惑星への旅は何年かかる!!

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、ケプラー1649cと呼ばれる地球に似た惑星への旅についてお伝えします。この惑星に到達するまでには何年かかるのでしょうか。

地球から300光年離れた惑星

地球からケプラー1649cまで、時速300kmの新幹線で向かうと何年かかる?

約1083万年以上

ケプラー1649cは地球に非常に似た大きさの惑星で、地球から約300光年離れています。

時速300kmの新幹線で向かうと、1光年進むのに約361万年はかかり、300光年進むには約1083万年以上かかります。

ケプラー1649cは太陽から受ける光が地球の75%で、平衡温度は摂氏マイナス37度前後と推定されています。

詳しくみる ⇒参照元: 地球に近い惑星!?「ケプラー1649c」|鈴木七緒 nana...

ケプラー1649cへの移住に必要な技術

人類がケプラー1649cへ移住するには何が必要か?

光速を超えるロケットかワープ技術

ケプラー1649cは地球に似た系外惑星ですが、地球から約300光年離れています。

この距離を現代のロケットで移動するには600万年かかり、人類が移住するには光速を超えるロケットかワープ技術の開発が必要です。

また、地球類似性指標が「0.92」と高いものの、生命存在や人類の居住性は保証されていません。

詳しくみる ⇒参照元: 楽園か?地獄か?ケプラー1649cに人類は住める?生命は存在...

地球そっくりの系外惑星「ケプラー1649c」の特徴

ケプラー1649cに生命が存在する可能性はあるか?

可能性あり

ケプラー1649cは地球に似たハビタブルゾーンに位置しており、液体の水が存在する可能性があります。

液体の水があれば生命が存在する可能性が高まります。

詳しくみる ⇒参照元: 楽園か?地獄か?ケプラー1649cに人類は住める?生命は存在...

生命体探索の新星:地球に似た系外惑星ケプラー1649c

ケプラー1649cは、どの点で他の惑星と異なるのでしょうか?

地球に類似していること

ケプラー1649cは、地球と同様の大きさや気温を有する惑星で、生命体が存在する可能性があります。

さらに、この惑星の公転軌道を安定させている、地球サイズの岩石惑星が発見されています。

ケプラー1649cには水の存在も示唆されており、地球外生命体の探索において注目を集めています。

詳しくみる ⇒参照元: 地球に近い惑星!?「ケプラー1649c」|鈴木七緒 nana...

ケプラー1649cの過酷な環境

頻繁に太陽フレアを起こす赤色矮星に近いケプラー1649cは、どのような影響を受ける可能性がありますか?

放射線と磁気嵐

ケプラー1649cは、主星である赤色矮星ケプラー1649に非常に近いため、潮汐ロック状態にある可能性があります。

赤色矮星は太陽フレアを頻繁に発生させ、このフレアが惑星に強烈な放射線と磁気嵐を降らせる可能性があります。

これらの放射線は生命の存在にとって有害です。

また、赤色矮星の光は弱く赤外線に近いため、地球上の生物とは異なる生物が生息している可能性があり、人類が居住するのは困難な環境です。

詳しくみる ⇒参照元: 最新の地球サイズの系外惑星発見も赤色矮星で生命存在期待薄