Academic Box Logo

赤坂レッドシアターの座席見え方徹底解剖!最前列から後ろまで各座席の特徴を比較

ライターのYUKOです。赤坂レッドシアターの座席の見え方を徹底的に解剖します。最前列から後ろまで、各座席の特徴を比較してご紹介します。

赤坂レッドシアターの座席徹底解説

赤坂レッドシアターで最も見やすい座席はどれですか?

C列以降

赤坂レッドシアターは最大173名収容の劇場で、座席はA列からM列の13列、14席あります。

最も見やすいのはC列以降の固定席で、映画館のようなタイプの座席になっています。

A列とB列は可動席で、ステージの使用状況によっては設置されず、勢いよく座ると位置がずれることがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 赤坂レッドシアターの座席 見やすさは?段差や見え方を徹底解説...

赤坂レッドシアター座席の見やすさ

最前列に比べて、2列目、3列目の見やすさはどう?

前の人が視界を遮る可能性あり

最前列のA列は目の前で臨場感が抜群で、肌の美しさや汗の流れまで見えるほど。

しかし、2列目のB列と3列目のC列は床がフラットなため、前の人が視界を遮る可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 赤坂レッドシアターの座席 見やすさは?段差や見え方を徹底解説...

赤坂ACTシアター座席の見やすさガイド

どの座席が一番見やすいですか?

9と4分の3番線シート

赤坂ACTシアターでは、見やすさの観点から、1階席がおすすめです。

特に、9と4分の3番線シートは最も見やすく、値段も最も高いスペシャルシートです。

この席は遮るものがなく、ストレスなく鑑賞でき、ステージ全体を見渡せます。

また、1階J列〜N列も視界良好で、特にSS席は舞台正面なので、衣装なども良く見えます。

さらに、1階O列以降は程よく距離感があり、前の方の頭などが気になる方にもおすすめです。

詳しくみる ⇒参照元: 赤坂ACTシアター(ハリポタ舞台)座席の見え方徹底調査!オペ...

赤坂ACTシアターの2階席前方の見やすさ

赤坂ACTシアターの2階席の前方席からは、舞台が近く感じる?

はい

赤坂ACTシアターは、広すぎず程よい大きさの劇場で、2階席からも舞台が比較的近く感じられます。

特に前方席は、1階席の後方よりも舞台に近いので、しっかり見ることができると評判です。

また、2階席でも音響が良く、セリフが明瞭に聞き取れるのもポイントです。

ただし、後方席になると評価が分かれるので、確実に近くで観たい場合は前方席を確保することをおすすめします。

詳しくみる ⇒参照元: 赤坂actシアター見え方どこよりも詳しく解説!階別見やすさは...

赤坂ACTシアター2階席の見え方

赤坂ACTシアターの2階席は1階の後方席と比較して見やすいのか?

見やすい

赤坂ACTシアターの2階席は傾斜がやや急だが視界が良好で、前方だとステージが近く感じる方が多い。

1階の後方席よりも見やすいと評判である。

ただし、2階の最前列(A列)はSS席になっているので、料金が高くなる可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 赤坂ACTシアター(ハリポタ舞台)座席の見え方徹底調査!オペ...

座席選びのヒント

一番良い座席はどこ?

段差の始まるFやG列の中央列

全体を見渡す場合は、段差の始まるFやG列の中央列がおすすめ。

また、やや後方のH列やN列でも、意外にも遠く感じられないとのこと。

1階席の前方は表情が見えるが、傾斜がないため身長によっては見にくい場合がある。

O列以降は傾斜が出るため、見やすい。

舞台をしっかり見たい場合は、7列目~10列目くらいが適している。

詳しくみる ⇒参照元: 世田谷パブリックシアター 座席の見え方を解説 距離感のほどよ...

シアターH 座席の硬さ

シアターHの座席は硬いですか?

情報不足

シアターHの座席の硬さについては、まだ情報がありません。

こけら落とし公演が行われた後は、実際に観劇した人の情報が出てくる可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: シアターH 座席の見え方は?新劇場のキャパや座席表

ライブの後方席のメリット

ライブで後方の席に座ることのメリットはありますか?

観客の反応が見られる

後方の席でも、視界が確保できればある程度の鑑賞は可能である。

また、最後列や端の席では気兼ねなくライブを楽しむことができ、観客の反応や一体感を味わうことができる。

後方の席であっても、ライブの楽しみ方は様々であり、悲観せずに楽しむことが重要である。

詳しくみる ⇒参照元: 品川インターシティホール座席からの見え方徹底解説!見えない席...

赤坂アクトシアターの舞台観劇を満喫するためのガイド

赤坂アクトシアターで舞台をより楽しむために最適な席は?

2階A席

赤坂アクトシアターの2階A席は、高低差はあるものの1階R席と同じ位置関係にあり、前に人がおらず手すりとの間にも程よい空間があるため、ストレスなく舞台を観覧できます。

また、2階席後方からは舞台全体が捉えやすく、音響も良いため、役者の声もよく聞こえます。

ただし、距離があるためオペラグラスがあるとより楽しめます。

公演前や中休憩には、公演にちなんだ特別メニューが楽しめる立食タイプのACTカフェを利用でき、舞台の余韻に浸りながらリフレッシュできます。

詳しくみる ⇒参照元: 赤坂アクトシアターの座席!見やすさや見え方の違いとキャパも紹...

サンシティ越谷市民ホール1階後方の見え方

サンシティ越谷市民ホール大ホール1階後方の席の傾斜について教えてください

急になっている

サンシティ越谷市民ホール大ホール1階後方の席は、後ろに行くにつれて傾斜が急になっている。

そのため、後方でも段差がしっかりとしていて見やすい。

特に、通路の後ろの列(17列目)からはかなり段差がついており、女性でも見やすくなっている。

ただし、傾斜が急なため、注意が必要。

詳しくみる ⇒参照元: サンシティ越谷市民ホールの見え方はどんな?大ホールについて解...

前方エリアの席からの見え方

前方エリアの席は楽しめる?

十分楽しめる

前方エリアの席は近すぎて見づらいという口コミもあるが、全体的には十分楽しめるようだ。

特に5列目以降は近すぎず、ゆったりとライブを楽しめるという声が多い。

9列目は間近で見られてラッキーだったとのコメントもあった。

詳しくみる ⇒参照元: 品川インターシティホール座席からの見え方徹底解説!見えない席...

赤坂ACTシアターで舞台全体を見るための座席選び

演劇の全体像を見やすい座席は?

後方の席

赤坂ACTシアターでは、1階席の後方や2階席が舞台全体を見渡しやすくなっています。

1階席後方からは舞台セットの豪華さも堪能できます。

また、2階席は段差が急なため、前の人が視界を遮りません。

そのため、作品全体や舞台全体を見たい場合は、後方の席や2階席がおすすめです。

詳しくみる ⇒参照元: 赤坂actシアター見え方どこよりも詳しく解説!階別見やすさは...

赤坂ACTシアター2階席の手すり問題

赤坂ACTシアター2階席の手すりは本当に必要?

視界の妨げになる場合がある。

赤坂ACTシアターの2階席では、特に身長が低い人や座高が低い人にとって手すりが視界の妨げになる場合があるようです。

そのため、見づらさを感じる人もいるとのこと。

特に最前列では、手すりと照明器具が舞台の前方で演じている俳優を隠してしまう可能性があるそうです。

しかし、双眼鏡の倍率を5~6倍にすることで、45m離れた一番遠い席からでも7.5mまで近づいた時と同じ大きさで見ることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 赤坂ACTシアター(ハリポタ舞台)座席の見え方徹底調査!オペ...

品川インターシティホールの見え方について

品川インターシティホールで、後ろの席からステージが見えにくくなる理由は何ですか?

床がフラットなため

品川インターシティホールでは、床がフラットであるため、後ろの席ほどステージが見えにくくなります。

10列目や16列目などの比較的前の席でも、前の席に背の高い人が座ると視界が遮られる可能性があります。

また、20列目以降の後方席では、距離が遠くなるだけでなく、床がフラットなため、前の人と被って見づらくなる可能性があります。

そのため、前の人と被らないよう、傾斜のある劇場を選ぶことがおすすめです。

詳しくみる ⇒参照元: 品川インターシティホール座席からの見え方徹底解説!見えない席...

サンシティ越谷市民ホール 1階席見え方ガイド

1階席1列目~16列目の見え方は、全体的にどのような評価か?

なかなか近い

サンシティ越谷市民ホールの1階席1列目~16列目は、ステージに近く、推しメンの細かな動きまで見られるなど、全体的に高い評価を得ている。

11列目や16列目でも十分近いとされており、このエリアはライブハウスのような臨場感を楽しめる。

詳しくみる ⇒参照元: サンシティ越谷市民ホールの見え方はどんな?大ホールについて解...