Academic Box Logo

看護師によるインシデント隠蔽の深刻な影響と対応策

こんにちは、ライターのYUKOです。看護におけるインシデント隠蔽が及ぼす重大な影響とそれに対処するための戦略について、調査しました。

看護師の嘘とインシデント隠蔽の危険性

嘘をついてしまった看護師が直面する可能性のある最悪の事態とは?

職場を辞めざるおえない

嘘をついた看護師は、フリー業務の担当や仕事の割り当ての喪失、異動、最悪の場合、職場の解雇など、重大な結果に直面する可能性があります。

また、嘘をついたことが職場環境に起因する場合、早期の転職が推奨されます。

詳しくみる ⇒参照元: 【現役看護師が嘘をついてしまった】バイタル嘘?インシデント隠...

看護師がインシデントを隠したらどうなる?

看護師がインシデントを隠したり報告しなかった場合の最悪の事態は?

職場を辞めざるおえない

看護師がインシデントを隠したり報告しなかった場合、職場環境が原因の場合は転職をおすすめする。

現役看護師の体験談によると、インシデントを報告しなかったことで患者が夜勤でも自己抜去を行ってしまい、反省した。

インシデントを隠すことで患者を危険にさらす可能性があり、職場環境が悪い場合は、最悪の場合職場を辞める可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 【恐怖の犯人探し】現役看護師のインシデントを隠す&報告しない...

インシデント隠蔽を防ぐ職場環境

看護師がインシデントを隠す職場環境はどのように改善すればよいか?

報告しやすい環境にする

看護師がインシデントを隠す主な要因は職場環境にある可能性があります。

理想的な職場では、看護師がミスを隠さずに報告しやすい環境が整っています。

これにより、看護師は怒られることを恐れることなくミスを報告することができ、ミス自体も減少し、ミスが発生した場合でも迅速かつ適切に対応できます。

また、人間関係が良好な職場では、先輩看護師の顔色を伺いながら仕事をする必要がなくなり、ミスをした場合でも気軽に相談や報告ができるようになります。

詳しくみる ⇒参照元: 【恐怖の犯人探し】現役看護師のインシデントを隠す&報告しない...

看護師インシデントレポート作成ガイド

看護師のインシデントレポートはどのような目的で作成されるのか?

再発防止

看護師のインシデントレポートは再発防止を目的として作成されます。

カンファレンスでは意見交換が行われますが、責め立てるものではなく、安全を守るためのものです。

インシデントレポートを作成する際には5W1Hを意識して、時系列で客観的な情報を正確に記載することが重要です。

薬剤投与量や時間は数字で、主観的な表現は避けます。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師に多いインシデントの事例は?適切な対処法や再発予防の対...

DX推進に伴う企業のインシデント対応の重要性

DXを推進すると、企業で懸念される問題は何ですか?

システム移行による不具合とセキュリティリスク

DXの進展により、既存システムの刷新・置き換えが求められます。

しかし、システム移行に伴う不具合や電子化によるセキュリティリスクの増大が懸念されています。

企業はDX実施時に、想定される不具合やセキュリティ対策を講じることが重要です。

また、経済産業省は「2025年の崖」問題を危惧し、DX実施を推奨しています。

これにより、DXがさらに推進され、インシデントへの対応がますます重視されることが予想されます。

詳しくみる ⇒参照元: インシデントとは?アクシデントとの違い、事例、対策、管理の手...

看護師のインシデント対応手順

看護師のインシデント対応で最初の行動は?

先輩看護師への報告

看護師がインシデントを起こした際には、まず先輩看護師に迅速に報告する必要があります。

インシデントの内容によっては医師の対応が必要となるため、時間を置かず報告することが不可欠です。

また、点滴や投薬にミスがあった場合は、医師の指示に従って処置を冷静に行います。

報告の際には、自分の反省や意見は控え、ミスの内容を簡潔に伝えることが求められます。

インシデントレポートを作成し、看護師全員でミスを共有することで、医療現場の安全意識を高めます。

インシデントレポートは、犯人探しではなく、インシデントの再発防止を目的としています。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師がインシデントを起こしたらどうする?事例や対処法を解説

インシデントの種類と要因

作業理解度が関係するインシデントの種類は?

不遵守

インシデントには、作業理解度に関わる「不遵守」と、それ以外の「不注意」「疲労」「錯覚」の4種類がある。

不遵守とは、作業を理解しているにもかかわらず、ルールを守らなかった場合のインシデントを指す。

不注意は、経験や知識に関係なく、単純な注意不足によって発生する。

疲労は、過酷な労働環境や多忙な業務による疲労が原因で起こる。

錯覚は、指示書の読み間違いなど、認識の誤りによって発生する。

詳しくみる ⇒参照元: インシデントの原因と種類による対策と防止の方法

看護師のインシデント:種類と対処法

看護師にとって一般的なインシデントの種類を教えてください

薬剤投与のミス

看護師が遭遇する一般的なインシデントには、薬剤投与のミス、点滴の不良、転倒、コミュニケーションの不全などが挙げられます。

薬剤投与のミスは、投与量や投与方法の誤り、患者への誤った薬剤の投与などが含まれます。

点滴の不良は、流量や投与速度の誤り、点滴の不適切な停止などが含まれます。

転倒は、患者がベッドや椅子から転落することや、歩行中に転倒することなどが含まれます。

コミュニケーションの不全は、医師や他の看護師との間の誤解や、患者への十分な情報の提供が行われなかったことなどが含まれます。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師に多いインシデントの事例は?適切な対処法や再発予防の対...

看護師によるインシデント再発防止対策

インシデントの再発を防ぐ看護師の対策の中で、必ず実施すべき6つの確認とは何ですか?

6Rの確認

看護師がインシデントの再発を予防するための対策として、医師の指示をこまめに確認し、薬剤の準備や投与時に6R(適正な患者、適正な薬剤、適正な用量、適正な時間、適正な経路、適正な情報)を確認することが挙げられています。

また、ダブルチェックや指差し呼称を徹底し、業務のダブルタスクを避けることも重要です。

さらに、インシデントを病棟のチームで共有し、新たなシステムの導入を検討することも再発防止に役立ちます。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師に多いインシデントの事例は?適切な対処法や再発予防の対...

インシデント対策の要: 根本原因の特定

インシデント対策の有効性には何が不可欠か?

根本原因の把握

インシデントの対策を効果的なものにするためには、表面的な原因ではなく、根本的な原因を把握することが不可欠です。

根本原因を特定することで、インシデントの再発を効果的に防止するための対策を講じることができます。

インシデント分析の手法として「出来事流れ図」と「なぜなぜ分析」を使用すると、インシデントに至る経緯と根本的な原因を特定することができます。

詳しくみる ⇒参照元: インシデントの原因と種類による対策と防止の方法

セキュリティインシデント対策の重要性

セキュリティインシデントとはどのような事象を指すのか

セキュリティにおける事故・事件

セキュリティインシデントとは、セキュリティに関する事故や事件を指し、具体的には不正アクセス、情報消失、盗難など多岐にわたる。

セキュリティインシデント対策は、サイバー攻撃や天災による情報資産の損失を防ぎ、被害を最小限に抑えるため、事前対策と事後対応の両面で行う必要がある。

マネージドセキュリティサービス(MSS)は、セキュリティ監視サービスとして、セキュリティインシデントの発生時にも被害を抑えるのに役立つ。

詳しくみる ⇒参照元: セキュリティインシデントとは?セキュリティの必要性や事前・事...

インシデント管理の徹底が企業の危機回避に不可欠

企業はインシデント再発防止のために何をすべきか

類似インシデントの再発防止に努める

企業は、セキュリティパッチの適用や社内デバイスの管理を徹底するとともに、インシデント管理の再確認・見直しを行うことで、インシデントの発生を防止できます。

さらに、発生したインシデントの原因を分析し、解決策を講じて社内で共有することで、同様のインシデントの再発を防止できます。

業務フローを見直し、紙やエクセルによる管理ではなく、専用システムの導入を検討することで、インシデントのリスクを軽減できます。

詳しくみる ⇒参照元: インシデントとは?企業における重要性や防止・解決方法などを解...

インシデント管理の重要性と効率的な実施方法

インシデントとヒヤリハットでは、原因にどのような違いがありますか?

ヒヤリハットは人的ミスが原因ですが、インシデントは必ずしも人的ミスではありません。

インシデントとは、事故が発生するおそれのある状態のことです。

ヒヤリハットは重大事故につながりかねない事態が起きていることを発見した状態を指します。

インシデントとヒヤリハットの違いは、インシデントは必ずしも人的ミスとは限らないという点です。

また、ヒヤリハットは現場で使われるケースが多いという特徴があります。

アクシデントはすでに事故が起きている状態のことです。

インシデントはアクシデントの手前の状態と考えられます。

インシデントの事例としては、システムの停止やメールの誤送信、マルウェアの感染などがあります。

インシデント管理を効率的に行うには、早期発見と適切な対応が重要です。

また、インシデント発生の根本原因を分析し、再発防止策を講じることも大切です。

詳しくみる ⇒参照元: インシデントとは?事例やインシデント管理の方法を解説

セキュリティインシデントの予防と対応

セキュリティインシデントの防止策で、ソフトウェア関連でできる対策は?

セキュリティソフトの導入と、ネットワーク・ソフトウェア情報の収集

セキュリティインシデントを防ぐために、企業では実際の事故を想定した訓練を実施したり、セキュリティソフトの導入や社内ネットワークへの私用端末のアクセス禁止といったルール作りを行っています。

また、ネットワークやソフトウェアの脆弱性を突く攻撃を防ぐため、最新の情報を収集することも重要です。

さらに、サーバーへの入室制限や個人情報の適切な廃棄など、物理的な対策も講じる必要があります。

災害時のサーバー対応計画も策定し、万全の対策を講じましょう。

詳しくみる ⇒参照元: セキュリティインシデントとは?セキュリティの必要性や事前・事...

根本原因究明の重要性

患者さんがなぜ過剰内服してしまったのか?

降圧薬を間違えて倍量服用したため

患者さんが降圧薬を倍量服用したことで血圧が低下し、顔色が変化したため、医師に報告の上、処置が行われた。

処置後1時間で血圧は通常の値に戻った。

根本原因の究明には「なぜなぜ分析」が有効で、原因を深掘りすることで未然防止や再発防止策につなげることができる。

詳しくみる ⇒参照元: インシデント?アクシデント?絶対に迷わない判定方法と迅速な書...