Academic Box Logo

「薬屋のひとりごと」で解き明かされる言葉の秘密: 謎解き後宮ミステリーの醍醐味

「薬屋のひとりごと」で解き明かされる言葉の秘密: 謎解き後宮ミステリーの醍醐味

ライターのYUKOです。今回は、「薬屋のひとりごと」で解き明かされる言葉の秘密について解説します。

薬屋のひとりごと:馴染みのない言葉の解説

堅物武官が好意を持った女性に何かしたか?

好意を持った

中国の古代をモチーフにした薬屋のひとりごとというアニメには、普段なじみのない言葉が多数登場します。

堅物武官とは融通の利かない軍人のことで、好意を持たれたということになります。

また、官中の女官とは宮廷で国の政治に関わる事務を担当する女性を指します。

媚薬は恋愛感情を引き起こす薬です。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと【第五話】で出てくる言葉の意味がわからない!...

薬屋のひとりごと: 下賜の謎

皇帝が芙蓉妃を後宮に下賜した本当の目的は?

皇帝の寵愛を得るため

「薬屋のひとりごと」は、日向夏によるライトノベルで、架空の中華風帝国を舞台にしたミステリーラブコメディです。

主人公の猫猫は薬師として医者の養父を手伝っていましたが、何者かに攫われて後宮に売られてしまいます。

猫猫は、皇子の衰弱事件の謎を解いたことがきっかけで、壬氏の手伝いをさせられることになりました。

下賜とは、「高い身分の人が、低い身分の人に対して、物を与えること」を意味します。

芙蓉妃は皇帝から下賜されましたが、その本当の目的は皇帝の寵愛を得ることでした。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】下賜(かし)の意味を解説!皇帝から下賜さ...

「薬屋のひとりごと」伏線回収一覧

猫猫が後宮に売られた本当の理由は?

人さらいに遭ったため

「薬屋のひとりごと」は、謎解き後宮エンタテインメント作品で、薬師の少女・猫猫が後宮で起こる謎や事件を解明していく物語です。

猫猫は花街生まれの薬師で、あるとき人さらいに遭い、後宮で下女として働くことになります。

帝の御子の連続不審死事件の謎を解いたことで、後宮を取り仕切る宦官・壬氏に目をつけられ、帝の寵妃の毒見役に抜擢されます。

原作は日向夏氏による小説で、シリーズ累計発行部数は3300万部を突破しています。

アニメは2023年10月から2024年3月まで放送され、終了直後に2期の制作決定が発表されました。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ「薬屋のひとりごと」伏線まとめ

薬屋のひとりごと第2期決定!新ビジュアル&PV解禁

後宮で起こる新たな事件とは何ですか?

壬氏の命を狙った事件

2025年放送決定のTVアニメ『薬屋のひとりごと』第2期。

ティザービジュアルには、雪の舞う中、光を背に立つ猫猫と壬氏が描かれています。

ティザーPVでは、玉葉妃の妊娠による後宮の勢力図の変化や、重鎮・子昌の娘・楼蘭妃の入内、壬氏の命を狙った事件、そしてその事件の首謀者と思われる翠苓の失踪など、第1期で残された謎が次々と明らかになります。

猫猫と壬氏の前に立ちはだかる新たな事件が描かれ、期待が高まります。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ『薬屋のひとりごと』2期が2025年に放送決定、「毒」...

薬屋のひとりごとの「下賜」の意味

下賜という言葉が物語でどのような意味で使われているのか

皇帝からの贈り物

架空の中華風帝国を舞台にした物語「薬屋のひとりごと」には、読者に馴染みのない「下賜」という言葉が登場する。

この言葉は、皇帝からの贈り物を指し、物語の中では、芙蓉妃が武官と結ばれるために皇帝から贈られたことを意味している。

この「下賜」という言葉の意味を理解すると、物語がより深く楽しめるようになる。

また、主人公の里樹妃に対しても「下賜されて幸せになってほしい」という感想が寄せられており、読者の間で二人の結ばれを望む声が強い。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】下賜(かし)の意味を解説!皇帝から下賜さ...

「下賜」の意味を解説

アニメ「薬屋のひとりごと」で登場する「下賜される」の意味は?

贈り物をすること

「下賜」とは、目上の者から目下の者へ贈り物をすることを意味する言葉です。

アニメ「薬屋のひとりごと」では、皇太子が主人公に薬を与えた際に「下賜する」という言葉が使われています。

また、この言葉は現在でも皇室関連行事などで使用されています。

つまり、「下賜される」とは、目上の者から贈り物をもらうことを指します。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごとで下賜(かし)されるの意味はなに?実は皇室で...

後宮妃の下賜の意味

後宮妃の下賜とはどういう意味か

帝から褒美として武官に与えられること

後宮妃にとって最大の目的は帝の子を産むことであり、その子が男の子なら次期皇帝候補になる可能性がある。

下賜とは、帝から後宮妃を褒美として武官に与えることであり、拒否権はない。

そのため、下賜されることは帝から用済みとみなされたことを意味する。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】下賜(かし)の意味を解説!皇帝から下賜さ...

後宮の役割

貧しい家庭の手助けになっているのは?

後宮

後宮では、家計の負担を軽くするためや仕送りのために奉公に出された者が下女として働いており、寝どころや食事、給与が提供される。

これにより、貧しい家庭が経済的に助けられている。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと【第五話】で出てくる言葉の意味がわからない!...

猫猫の名言集:人生の真髄を問う

死ぬ際に試してみたいことは?

猫猫の名言は、独特な視点や人生に対する達観した考え方が特徴的である。

彼女は、向上心や失敗の脆さ、客観的な視点を強調し、自分の好奇心を追求する重要性を説く。

また、歴史や法律など、すぐに陳腐化したり変更されたりする知識を学ぶことに疑問を呈し、薬学や関連分野の知識を重視する。

猫猫の名言は、思考を刺激し、人生の深い意味を問いかけるものである。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』の名言集「薬屋をやってきて思う」│日向夏

愛と政治の知恵

妓女と妻の違いは?

知識の有無

李白は、たとえ妓女であっても、自分が愛する女性は唯一無二の存在であると語っています。

猫猫は、女性は狡猾であり、自分の狙いが外れると我を忘れた行動に出ると述べています。

また、猫猫は、政治とは民に不満を与えずに税を徴収するものであり、そのために民の収入を増やす必要があると説明しています。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』の名言集「薬屋をやってきて思う」│日向夏

馬閃の救出劇と里樹妃との関係

馬閃が里樹妃を危機から救った回数は?

3回

馬閃は皇族護衛の武人で、3度里樹妃を危機から救っている。

1度目は盗賊からの襲撃、2度目はパーティでの獅子襲撃、3度目は寺での告白であった。

里樹妃は馬閃に好意を持っていたが、足手まといにならないよう告白を断った。

その後、馬閃の姉・麻美が働きかけ、里樹妃が馬閃に下賜される可能性が出ている。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】下賜(かし)の意味を解説!皇帝から下賜さ...

薬屋のひとりごと 第2期アニメ化決定!

原作者が第2期アニメに期待することを教えてください

視聴者の違和感の解消

『薬屋のひとりごと』の第2期アニメ化が決定し、原作者の日向夏氏やキャラクター原案のしのとうこ氏、声優の悠木碧氏、大塚剛央氏からコメントが寄せられた。

原作者の日向夏氏は、第1期で視聴者に感じた違和感の解消を期待していると述べた。

キャラクター原案のしのとうこ氏からはお祝いイラストが到着し、第2期でのキャラクターの活躍に注目が集まる。

声優の悠木碧氏は魅力的なシーンのアニメ化を心待ちにしており、大塚剛央氏は第1期で培ったものを大切に壬氏を演じると意気込みを語った。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ『薬屋のひとりごと』2期が2025年に放送決定、「毒」...

「薬屋のひとりごと」第2期、2025年放送決定!

アニメ「薬屋のひとりごと」の続編である第2期の放送はいつ?

2025年

中国の後宮を舞台にしたアニメ「薬屋のひとりごと」の第2期放送が2025年に決定しました。

第1期では解決できなかった謎や、新しい展開が期待されています。

原作者やキャストからも喜びのコメントが寄せられ、今後の展開に注目が集まっています。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ『薬屋のひとりごと』2期が2025年に放送決定、「毒」...

「薬屋のひとりごと」第2期アニメ、2025年放送決定

第2期アニメの放送予定日は?

2025年

「薬屋のひとりごと」の第2期アニメの放送が2025年に決定しました。

原作者や声優陣、キャラクター原案者からのお祝いコメントやイラストも公開されました。

本作品は、累計3300万部を突破した人気後宮謎解きエンタテインメントで、第1期アニメは2023年10月から放送され、高い人気を博しました。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』2期が放送決定。ふたたび、謎解きの幕が上...

薬屋のひとりごと 挿入歌「想風」を担当する大原ゆい子

大原ゆい子が挿入歌を担当するアニメは何ですか?

薬屋のひとりごと

大原ゆい子は、アニメ「薬屋のひとりごと」の第3話挿入歌「想風」を担当しています。

この曲は、登場人物の芙蓉妃(フヨウヒ)のエピソードと関連した歌詞が印象的なバラードです。

大原さんは、この楽曲の作詞について、「印象的なシーンで流れる楽曲なので、作品に調和するようにと思考しました」とコメントしています。

大原ゆい子は、シンガーソングライターとして活躍しており、「Magic Parade」でメジャーデビューし、アニメ「はなかっぱ」や「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」などの主題歌も担当しています。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ「薬屋のひとりごと」主題歌一覧|Op・Edのアーティス...