Academic Box Logo

長良川事件の裁判と加害者のその後 ― 20年目の懺悔と死刑判決

長良川事件の裁判と加害者のその後 ― 20年目の懺悔と死刑判決

ライターのYUKOです。長良川事件の裁判と加害者のその後についてお伝えします。

木曽川事件と少年法

当時19歳の少年に下された刑は何年か?

4~8年

木曽川事件で殺人に加担した当時19歳の少年は、1995年に懲役4~8年の不定期刑判決を受けました。

また、木曽川事件と長良川事件の両方に関係した21歳の男性は脅迫されて犯行に参加したとして懲役3年、執行猶予4年、23歳の男性は殺人ほう助で懲役3年、執行猶予4年となっています。

死刑囚となった小林正人氏は無罪を主張していますが、柴田裁判長は鑑定結果の信頼性を疑問視して棄却。

大倉淳氏も再審請求をしましたが、柴田裁判長は新規性と証拠価値の乏しさを理由に棄却しています。

この事件は未成年者による犯罪で3人が同時に死刑判決を受けた珍しい事例です。

詳しくみる ⇒参照元: 【大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件】犯人全員が死刑判決とな...

河川敷の殺人未遂と長良川監禁強盗事件

加害者が戊田に最初に行った暴行は何か?

蹴り落とす

加害者らは戊田を木曽川河川敷に蹴り落とし、引きずって暴行を加えた。

さらに長良川事件では、被害者乙原を自動車内に監禁し、現金や財布を強奪した。

その際、暴行によって乙原に全治約1週間の傷害を負わせた。

詳しくみる ⇒参照元: 長良川リンチ殺人事件報道訴訟 第一審