Academic Box Logo

存在のすべてを:野本貴彦による二児同時誘拐事件の衝撃の展開

存在のすべてを:野本貴彦による二児同時誘拐事件の衝撃の展開

ライターのSaraです。衝撃的な野本貴彦による二児同時誘拐事件の展開をご紹介します。

二児同時誘拐事件の空白の3年間

誘拐された内藤亮が3年後戻ってきた時、空白の3年間について何か話しましたか?

話さなかった

1991年に発生した二児同時誘拐事件で、被害男児の一人である内藤亮は、空白の3年間を経て戻ってきました。

しかし、戻ってきた内藤亮は空白の3年間について何も話さず、誘拐犯も特定されないまま時が過ぎました。

30年後、当時の新聞記者・門田次郎は内藤亮が人気画家になっていることを知り、空白の3年間の謎を解明しようと動き出します。

本作では、誘拐事件の真相や内藤亮の空白の3年間の行方が明らかになり、儚い愛情や家族の絆が描かれています。

また、写実絵画への興味喚起や、2024年本屋大賞候補作として話題性もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 3分で分かる『存在のすべてを』のあらすじ&ネタバレ解説・感想...

事件記者の再覚醒

事件記者としての情熱を取り戻したきっかけは何ですか?

30年前の事件を追いかけること

かつて情熱的な事件記者だった門田は、今はただ紙面を埋めることに専念するようになっている。

しかし、30年前の事件を追う中で、「実を見る」ことの重要性に気づき、再び情熱を取り戻す。

報道は事実を伝え、人々の本質を伝えるべきであり、新聞記者としての誇りを取り戻す。

詳しくみる ⇒参照元: 『存在のすべてを』塩田武士 未曾有の二児同時誘拐事件と、それ...

写実絵画のロープが示す本質

ロープが絵画に描かれた意味は何ですか?

リアリズム描写の巨匠が対象の本質を捉えるために描いた。

「THE-9」に描かれたロープは、写実絵画の巨匠野田弘志氏の作品。

彼はリアリズム描写を通じて対象の本質を捉え、このロープも緻密に描かれている。

著者の如月脩はこの作品からインスピレーションを得て、「存在のすべてを」を執筆した。

詳しくみる ⇒参照元: 【公式】塩田武士『存在のすべてを』9月7日発売

逃亡家族と絵の才能

内藤亮の持つ才能は何か?

絵の才能

野本貴彦は、優れた画才を持つが業界から干されていた。

ある日、兄が誘拐した亮を押し付ける。

亮は、絵の才能があった。

貴彦は亮を家族として守ることを決意し、逃亡生活を送る。

貴彦の絵画は、家族の逃亡の軌跡と重なっていく。

支援者たちの覚悟の決まりっぷりも見どころの一つ。

亮に語りかける貴彦の言葉は、便利な世の中に対する警鐘を含んでいる。

詳しくみる ⇒参照元: 『存在のすべてを』塩田武士 未曾有の二児同時誘拐事件と、それ...

存在のすべて:貴彦が亮に教えた「存在」の考え方

貴彦が亮に教えた「存在」の考え方とは?

存在はすべて等価値。

亮は、写実画を描くことで「存在」の考え方を学びました。

これは、キャンバスの中のものはすべて等価値であり、同じように大切であるという意味です。

この考え方は、世の中が便利になっても、自分の思い通りになると思い込んではいけないことを示しています。

写実画を描くことは、「存在」を考えることであり、それは貴彦と優美が亮に教えた人生の重要な教訓でした。

また、この「存在」の考え方は、作品が絵の中に実在するという意味合いもあり、続編で貴彦の行方を追う可能性も考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 3分で分かる『存在のすべてを』のあらすじ&ネタバレ解説・感想...

誘拐の謎と存在の意義「存在のすべてを」

誘拐された内藤亮の空白の3年間の真相とは?

誘拐の犯人は野本雅彦。

「存在のすべてを」のタイトルは、誘拐された内藤亮自身の存在と、新聞記者の門田次郎の存在の意義を表しています。

内藤亮は幼児期に誘拐され、空白の3年間を過ごした後、現在は写実画家として活動しています。

この空白の3年間の出来事と、なぜ内藤がそれを口にしないのかが物語の重要なテーマとなっています。

また、新聞記者の門田次郎は、「なぜブンヤを続けるのか」という問いを抱えており、新聞記者としてのあり方も作品の中で考察されています。

ラストシーンでは、内藤の誘拐の犯人や空白の3年間の真相が明らかになり、二児同時誘拐の目的が内藤の誘拐であったことが判明します。

詳しくみる ⇒参照元: 3分で分かる『存在のすべてを』のあらすじ&ネタバレ解説・感想...

写実画が描く人間の真実

誘拐事件をめぐる物語で、著者の特徴は?

人間ドラマ重視

「存在のすべてを」は、二児同時誘拐事件をきっかけに、登場人物の内面や人間関係の謎を解明していく物語。

塩田武士は、写実画の持つ意味や普遍的な力をうまく活用し、過去と現在が交錯する真実を描き出している。

また、彼の作品は、映画化されるほどの人気作となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 3分で分かる『存在のすべてを』のあらすじ&ネタバレ解説・感想...