Academic Box Logo

大谷吉継:真宗のサムライ、キリスト教徒の伝説

大谷吉継:真宗のサムライ、キリスト教徒の伝説

ライターのLauraです。今回は、大谷吉継というサムライと彼の真宗とキリスト教との関わりについてご紹介します。

豊臣政権を支えた吉継の戦歴

豊臣政権を支えた吉継の戦歴https://s.eximg.jp織田家に仕えた後は、吉継の主な活躍の場はどのような戦だったか?

中国攻め

織田家に仕官した吉継は、秀吉の小姓として出世し、中国攻めや備中高松城攻めなどの戦に従軍。馬廻り衆として武功を挙げ、秀吉からの期待を一身に受けていた。また、賤ケ岳の戦いでは柴田勝豊を調略し、紀州征伐では杉本荒法師を討ち取るなど、秀吉の天下取りに大きく貢献した。さらに、この時期にはキリスト教に改宗し、「大谷紀之介」を名乗っていた。詳しくみる ⇒参照元: 大谷吉継とはどんな人物?生涯・年表まとめ【性格や死因、逸話も...

門首の役割と権限

門首の役割と権限https://sankei.com門首の権能は、宗務に関する行為のみに限られるのか?

はい

真宗大谷派の門首の地位は、宗祖聖人真影の給仕や佛祖の崇敬、僧侶や門徒の首位として教法を聞信することです。門首の宗務に関する行為は内局の進達によって行われ、内局が責任を負います。門首は内局の進達事項を拒否したり、干渉したりすることはできません。門首の権能は宗務に関する行為に限定され、宗務執行に関する権能はありません。門首が内局の進達事項を拒否して宗務に干渉した場合、内局は門首代行を置くことができます。詳しくみる ⇒参照元: 真宗大谷派

大谷吉継の最期

大谷吉継の最期https://kk-bestsellers.com関ヶ原の戦いで大谷吉継が最後を迎えた時の状況は?

家臣に首を隠してもらって切腹

大谷吉継は関ヶ原の戦いで西軍として参戦。当初は善戦したが、小早川秀秋の裏切りにより形勢が逆転。四方から押し寄せる敵軍に包囲され、家臣に首を隠してもらって切腹した。詳しくみる ⇒参照元: 大谷吉継とはどんな人物?生涯・年表まとめ【性格や死因、逸話も...

大谷吉継の生涯

大谷吉継の生涯https://tanaka-takasi.cocolog-nifty.com大阪城の茶会で、吉継の病気が発覚したきっかけとなった行動をした人物は?

石田三成

大谷吉継は、秀吉の有馬温泉湯治に同行した際に、秀吉の側近としての地位を固めた。1586年の九州征伐では兵站奉行として活躍し、三成の堺奉行時には実務を担当した。大阪城下で辻斬りが発生した頃には吉継は発病していたとみられる。1587年の大阪城の茶会では、吉継の膿が茶に落ちた際、三成がその茶を飲み干して吉継と三成の友情が深まった。1588年には三成や増田長盛と同列で奉行格に列席し、1589年には敦賀城2万石の城主となった。詳しくみる ⇒参照元: 大谷吉継とはどんな人物?生涯・年表まとめ【性格や死因、逸話も...

大谷吉継:豊臣家に仕えた頭脳派の官僚

大谷吉継:豊臣家に仕えた頭脳派の官僚https://storage.bushoojapan.com豊臣家に仕えた官僚で、真田幸村の妻の父親として知られる人物は誰ですか?

大谷吉継

大谷吉継は、豊臣家に仕えた官僚で、石田三成と深い友情で結ばれていました。彼の娘である竹林院は、真田幸村の妻となり、九度山への幽閉にも同行しています。吉継は、草津の温泉地で湯治を行い、その地を治めていた真田家とも関係があったようです。彼はドラマやゲームではあまり取り上げられませんが、石田三成や真田幸村などの武将の影に隠れたエピソードを残しています。詳しくみる ⇒参照元: 大谷吉継とはどんな人物?生涯・年表まとめ【性格や死因、逸話も...

大谷吉継の関ヶ原の戦いでの奮闘

大谷吉継の関ヶ原の戦いでの奮闘https://kk-bestsellers.com大谷吉継の関ヶ原の戦での戦い方は?

輿に乗った指揮

関ヶ原の戦いでは、病気により馬に乗ることが困難となった吉継は、輿に乗って指揮を執りました。激戦を繰り広げた藤堂高虎が敬意を表して吉継の墓を建てたと言われています。また、吉継は自害の際に小早川秀秋の陣に向かって「3年の間に祟りをなさん」と言い残し、その2年後に秀秋は狂乱して死亡したため、人々は吉継の呪いだと噂しました。詳しくみる ⇒参照元: 大谷吉継ってどんな人?かっこいいエピソードを紹介します!

大谷吉継の素顔:意外な母との関係と秀吉とのつながり

大谷吉継の素顔:意外な母との関係と秀吉とのつながりhttps://mag.japaaan.com大谷吉継の母親はどのような役職にあったか?

豊臣秀吉正室の取次役

大谷吉継は1565年に生まれ、母親は豊臣秀吉の正室おねの取次役である東殿を務めており、相当な政治力を有していました。そのため、吉継は秀吉の小姓として働き始め、石田三成と知り合いました。吉継は戦や策謀で才能を発揮し、関ケ原の戦いでは石田三成率いる西軍につきました。詳しくみる ⇒参照元: 大谷吉継ってどんな人?かっこいいエピソードを紹介します!

大谷吉継と家康の意外な関係

大谷吉継と家康の意外な関係https://tanaka-takasi.cocolog-nifty.com大谷吉継は、秀吉亡き後に誰と仲良くしていたのか?

家康

大谷吉継は、秀吉亡き後は家康と仲良くしていた。家康が上杉景勝に謀反の疑いをかけたときに景勝に大阪に来るように送った書状に名前を書いていたり、上杉攻め決定の際には賛成し、家康を「天下の主になる人物だ」と高く評価している。家康も上杉攻めが終わったら12万石加増すると約束するほど吉継を評価していた。しかし、上杉攻めの家康軍に合流するべく敦賀を出立した際に三成の居城である佐和山城に立ち寄った際、三成から逆に家康を討つことを告げられ、三成の熱意に負けて三成との友情を選び味方になった。詳しくみる ⇒参照元: 大谷吉継ってどんな人?かっこいいエピソードを紹介します!

大谷吉継の関ヶ原での戦い

大谷吉継の関ヶ原での戦いhttps://s.eximg.jp関ヶ原の戦いで最後まで戦ったのは誰と誰?

大谷吉継と部下

関ヶ原の戦いでは、西軍武将だった大谷吉継が最後まで戦い抜きました。彼の部隊は激戦の末に壊滅状態に陥りましたが、吉継は最後まで降伏を拒否して戦死しました。享年42歳でした。吉継はもともと石田三成と仲が良く、共に近江出身で同い年でした。そのため、武将同士の友情が珍しかった当時、2人は男色家ではないかと噂されたこともあります。また、吉継はキリスト教徒でもありました。1585年7月以降に改宗し、宣教師ガスパル・コエリョが秀吉を訪問した際には、果物と干し柿を持参しています。詳しくみる ⇒参照元: 大谷吉継ってどんな人?かっこいいエピソードを紹介します!

大谷吉継の功績と秀吉の信頼

大谷吉継の功績と秀吉の信頼https://ibispedia.com大谷吉継が重要な任務を任せられたのはなぜですか?

秀吉の信頼を得ていたから

大谷吉継は、七本槍に匹敵する戦功を挙げ、秀吉から高い評価を得ていました。また、北条攻めの際には家康の協力を取り付け、小田原征伐後には敦賀を任されるなど、重要な任務を数多く任せられていました。これらの任務は、吉継が秀吉から信頼されていたことを示しています。さらに、吉継は娘を真田信繁に嫁がせることで真田家を豊臣に引き込み、秀吉の戦略に貢献していました。詳しくみる ⇒参照元: 大谷吉継ってどんな人?かっこいいエピソードを紹介します!

いかがでしたか? 他の記事も ぜひご覧ください ↓↓