Academic Box Logo

笠置シヅ子の世田谷にある弦巻ガーデンは必見!!!自宅豪邸の現在と生涯を紐解く

笠置シヅ子の世田谷にある弦巻ガーデンは必見!!!自宅豪邸の現在と生涯を紐解く

ライターのYUKOです。今回は、笠置シヅ子の世田谷にある弦巻ガーデンについて紹介します。

笠置シヅ子の生涯

笠置シヅ子の実の母親は?

谷口鳴尾

笠置シヅ子は1914年に香川県で生まれ、養女として亀井家に引き取られました。

実の母親は谷口鳴尾という18~19歳の女性で、当時結婚が許されなかったため、実家で出産しました。

産後、母乳の出が悪かったため、大阪から出産のため帰省していた亀井ウメに養子に出されました。

笠置シヅ子は18歳になるまで自分が養女であることを知りませんでした。

実の弟八郎を非常に可愛がり、東京の松竹楽劇団に移籍した際には、大阪の松竹楽劇部から受け取った退職金を全額八郎のために貯金していました。

しかし、太平洋開戦直前の12月6日に八郎は戦死し、笠置シヅ子は大きな衝撃を受けました。

戦死した弟と笠置シヅ子をモデルとした軍歌「大空の弟」が服部によって提供され、笠置シヅ子が戦時中に歌った数少ない軍歌の一つとなりました。

詳しくみる ⇒参照元: ブギウギ| 笠置シヅ子の生い立ち、ブギの女王誕生、娘エイ子や...

笠置シヅ子の世田谷の自宅

笠置シヅ子の自宅はかつてどのような場所に建っていたか?

高級住宅地

笠置シヅ子の自宅は世田谷区弦巻1丁目にあり、豪邸が立ち並ぶ高級住宅地であった。

ただし、現在はマンションに建て替えられているため、具体的な場所は不明。

笠置シヅ子は36歳から70歳で亡くなるまでこの自宅で生活した。

晩年は女優や審査員、CMなどで活躍していた。

詳しくみる ⇒参照元: 【画像】笠置シヅ子の自宅はどこ?世田谷の豪邸が凄い!現在は?

笠置シヅ子の世田谷豪邸:戦後のスターの華やかな私生活

戦後の大スター笠置シヅ子の自宅は、どの地域に建てられていた?

世田谷

戦後、大スターとなった笠置シヅ子は、東京エリアの高額納税者ランキング2位に輝いた翌年、世田谷に306坪の敷地にハリウッド風の豪邸を建てた。

この邸宅には、美しい庭園もあり、笠置シヅ子は娘や使用人たちと一緒に生活していた。

詳しくみる ⇒参照元: 【画像】笠置シヅ子の自宅はどこ?世田谷の豪邸が凄い!現在は?

笠置シヅ子の生涯とブギウギ

笠置シヅ子の本名は?

亀井静子

笠置シヅ子は1914年香川県で生まれ、芸名は当初「シズ子」だったが、女優専念後は「シヅ子」に変更した。

実父は静子誕生後に病死し、実母は実家に戻り、そこで里帰り出産をしていた亀井うめの養女となった。

1932年に「リンゴの唄」が大ヒットし、「ブギの女王」として一世を風靡した。

1981年に66歳で亡くなった。

詳しくみる ⇒参照元: 朝ドラ『ブギウギ』のモデル:笠置シヅ子の生涯/娘/死因

笠置シズ子:戦中から戦後を駆け抜けた国民的スター

笠置シズ子が芸能界を引退しようとした理由は?

頴右との結婚と出産

戦時中に警察当局から敵性歌手とみなされ活動を制限された笠置シズ子は、地方巡業や工場慰問など地味な活動を余儀なくされていました。

そんな中、吉本興業の御曹司である吉本頴右と恋に落ちますが、頴右は結核を発症。

シズ子は、妊娠と頴右との結婚を機に芸能活動を引退するつもりでしたが、頴右の死と娘の誕生により、歌手として再起する道を選びました。

そして、服部良一が提供した「東京ブギウギ」が大ヒットし、「ブギの女王」として国民的スターへと上り詰めました。

エノケンとの喜劇女優としても活躍し、NHK紅白歌合戦にも4度出場するなど、キャリアの全盛期を迎えます。

しかし、その頃、美空ひばりが「ベビー笠置」の愛称で笠置シズ子のモノマネをして登場し、確執が生まれることになります。

詳しくみる ⇒参照元: 朝ドラ『ブギウギ』のモデル:笠置シヅ子の生涯/娘/死因