Academic Box Logo

ゴルフスイングで思い切り左尻を後ろに引いて切り返しを制覇

ゴルフスイングで思い切り左尻を後ろに引いて切り返しを制覇

ライターのSaraです。ゴルフスイングの切り返しについて、興味深い情報を共有します。

ゴルフスイングの切り返しをマスターするコツ

ゴルフのスイングで、トップから切り返す際に意識すべき基準は?

左尻を引く

ゴルフスイングの切り返しは、タイミングや間などさまざまな要素が複雑に絡み合う難しい動作です。

トップからは左尻を意識的に後ろに引くと、上半身の力を抜き、インサイドからボールにアタックする手の通り道を作ることができます。

この左尻を思いっきり引くという感覚を基準にスイングすることで、トップから切り返す際の動作をよりスムーズに行えるようになります。

詳しくみる ⇒参照元: ゴルフスイングの切り返しでは左尻を後ろに引くのが正解

ゴルフスイングにおける腰の正しい位置

腰の正しい位置をアドレスからどう変えるべきですか?

左尻を後ろへ引く

ゴルフスイングの正しい姿勢を作るには、腰を目標方向に正対させ、肩を20度開く必要があります。

また、左尻をアドレスよりも後ろに引いて、右サイドを縮めた「側屈」の形を作ります。

このとき、左尻を後ろの壁に「ドン」と押すような感覚で、腹を引っ込めたり、左腰を後ろに逃がしたりします。

ただし、上半身まで一緒に引いたり回転したりしないように注意し、右サイドの側屈でそれを抑えます。

詳しくみる ⇒参照元: ゴルフスイングの切り返しでは左尻を後ろに引くのが正解