Academic Box Logo

徳川家治の生涯:愛妻家将軍がやったことをわかりやすく解説

徳川家治の生涯:愛妻家将軍がやったことをわかりやすく解説

ライターのSaraです。今回は、徳川家治という将軍についてわかりやすく解説していきます。

徳川家治: 聡明と武芸に秀でた10代将軍

徳川家治: 聡明と武芸に秀でた10代将軍https://i.pinimg.com徳川家治が祖父に期待された理由は何ですか?

聡明だったから

徳川家治は9代将軍徳川家重の嫡男として生まれ、幼少期から聡明さを発揮しました。そのため、祖父の8代将軍徳川吉宗から寵愛され、帝王学をはじめ多くのことを学びました。家治は吉宗を尊敬し、名君になることを目指していました。家治は文武両道の才人で、武芸では剣術や槍術、馬術などに優れ、鉄砲の名手でもありました。芸術面でも能や絵画、書画に才能を発揮し、囲碁や将棋も強かったです。吉宗は、家治が将来、自分にも劣らない名君になると期待していました。詳しくみる ⇒参照元: 第10代将軍/徳川家治|ホームメイト

徳川家治の幼少期

徳川家治の幼少期https://storage.bushoojapan.com徳川家治は幼少期に誰から寵愛されたか

徳川吉宗

徳川家治は、8代将軍徳川吉宗の孫で、吉宗は家治を寵愛し、帝王学を叩き込みました。吉宗は家治の父である9代将軍家重に将軍職を譲った後も大御所として実権を握り、家治を膝元に置いて育てました。家治は4歳で元服し、権大納言に叙任されています。詳しくみる ⇒参照元: 第10代将軍/徳川家治の生涯|ホームメイト

徳川家治の死因を解説

徳川家治の死因を解説https://alpha-katekyo.jp江戸幕府第10代将軍、徳川家治の死因は?

脚気

徳川家治は、祖父の吉宗に寵愛され名君を期待されたが、実際は老中・田沼意次に政治を任せ趣味に没頭。脚気の特徴である水腫の症状が出て、急速に体調が悪化し亡くなった。その死には田沼意次が関わっていたという噂もある。詳しくみる ⇒参照元: 徳川家治の死因は病死?田沼意次に殺された?最後の姿は?墓所は...

第11代将軍 徳川家治

第11代将軍 徳川家治https://kusanomido.com第11代将軍徳川家治の死因は?

脚気衝心

徳川家治は健康で聡明な人物で、祖父の吉宗から寵愛されていた。政治は田沼意次に任せ、趣味に没頭していたが、適材適所を心得ており、質素倹約に努めた。長男が急逝したため、御三卿から跡継ぎを選定し、一橋家の徳川家斉が11代将軍となった。家治の死因は脚気衝心と推定されている。詳しくみる ⇒参照元: 徳川家重〜家治【德川9〜10代目将軍】と田沼意次の政治

徳川家治の人間像と治世の影響

徳川家治の人間像と治世の影響https://2.bp.blogspot.com徳川家治が側室をあまり持たなかった理由は?

愛妻家だったから

徳川家治は正室の倫子に深い愛情を注ぎ、倫子以外に側室を持つことを控えていたとされています。この愛妻家としての姿勢は、家治の人間性をより豊かにし、家族に対する深い愛情と責任感を示しています。家治の治世では、重商主義政策が実施され、商業の発展が促進されました。また、家治自身も武芸や文芸の趣味に没頭し、文化や芸術が栄えました。田沼意次による経済政策は、江戸時代の経済システムの基礎を築き、後の幕府政治にも影響を与えました。詳しくみる ⇒参照元: 徳川家治の真実|愛妻家の将軍がやったことを簡単に解説

徳川家治の趣味と将軍としての側面

徳川家治の趣味と将軍としての側面https://nippon.com将軍徳川家治の得意とした趣味は?

将棋

徳川家治は教養深く、特に将棋に長けていました。奥義を極め、七段の腕前を持ち、詰将棋を得意としていました。また、「将棋攷格」という著書も残しています。将棋以外にも、囲碁、鷹狩り、書画を嗜みました。1760年に10代将軍に就任し、老中に松平武元と田沼意次を任命しました。松平武元は3代の将軍に仕えた人物で、徳川家治の老中首座を務めました。詳しくみる ⇒参照元: 第10代将軍/徳川家治の生涯|ホームメイト

徳川家治の趣味と晩年

徳川家治の趣味と晩年https://histonary.com徳川家治はどのような趣味を持っていたか?

将棋、囲碁、鷹狩、書画

徳川家治は将軍職に就いてからは政務を田沼意次に任せ、自身は将棋、囲碁、鷹狩、書画など趣味に没頭した。特に将棋は七段の腕前を持ち、詰将棋を作成するのが得意だった。また、徳川家治の死は田沼意次による毒殺ではないかという噂が流れ、反田沼派によって政治的に利用された。そのため、徳川家治の死はすぐに公表されず、田沼意次の失脚後に公表された。詳しくみる ⇒参照元: 徳川家治の死因は病死?田沼意次に殺された?最後の姿は?墓所は...

徳川家治の治世と民衆の生活

徳川家治の治世と民衆の生活https://rekishijin.com家治の治世に、民衆の生活に影響を与えた要因は何か?

経済政策

徳川家治の治世は、商業の発展により都市部の商人の地位が向上し、新しい経済活動が活発になるなど経済政策の影響を受けていた。しかし、政治の腐敗や社会の退廃も進み、民衆の生活には複雑な影響があった。詳しくみる ⇒参照元: 徳川家治の真実|愛妻家の将軍がやったことを簡単に解説

江戸幕府の株仲間公認

江戸幕府の株仲間公認https://sekainorekisi.com田沼意次が株仲間を公認した理由は?

収入確保

江戸幕府は、同業の商工業者による組合「株仲間」を公認し、販売権の独占を認めました。これにより、公認料「冥加」と租税「運上」を徴収し、収入を確保しました。また、株仲間を把握することで商工業の実態を把握し、政策に活用できました。ただし、この重商主義政策は不正や民衆の反発を招きました。詳しくみる ⇒参照元: 第10代将軍/徳川家治の生涯|ホームメイト

江戸幕府における田沼意次時代の特徴

江戸幕府における田沼意次時代の特徴https://oke-files.s3.amazonaws.com商業の発展に力を入れながらも、政治の腐敗や社会の退廃も進んだのは誰の時代か?

田沼意次

田沼意次は、江戸時代後半の徳川家治の時代に、商業の発展に力を入れ、新しい時代への進取の気風をもたらした。しかし、一方で政治の腐敗や社会の退廃も進んだため、その評価は複雑である。家治は政治に深く関与せず、田沼意次に実権を委ねた。しかし、聡明で知識や教養に恵まれており、文化的な発展にも貢献した。囲碁や将棋に優れ、文化や芸術に対する理解も深かった。また、愛妻家としても知られている。詳しくみる ⇒参照元: 徳川家治の真実|愛妻家の将軍がやったことを簡単に解説

徳川家治と田沼意次

徳川家治と田沼意次https://kusanomido.com徳川家治が政治の実権を田沼意次に委ねた理由は?

聡明だったから

徳川家治は聡明だったため、自ら政治を取り仕切るよりも、田沼意次に高い地位を与え、自由に政策を行える方が良いと考えました。田沼意次は先駆的な政策を打ち出しましたが、災害などの不運に見舞われ、成果は出ませんでした。しかし、その政策は後に取り入れられ、施行されました。田沼意次は優れた人物であり、彼を重用した徳川家治も優れた人物でした。詳しくみる ⇒参照元: 第10代将軍/徳川家治の生涯|ホームメイト

徳川家治の消極的リーダーシップの教訓

徳川家治の消極的リーダーシップの教訓https://shogakukan.co.jp徳川家治は政治的にどのような姿勢をとっていた?

消極的

徳川家治は、政治に深く関与しないリーダーシップスタイルをとり、文化と経済の発展に注力しました。このスタイルは、現代のリーダーシップにおける「常に前面に出る必要はない」という考え方に通じます。家治の治世は、経済政策の推進と文化・芸術の繁栄をもたらしました。彼の治世を学ぶことで、リーダーシップと社会の安定のバランスの重要性を理解できます。詳しくみる ⇒参照元: 徳川家治の真実|愛妻家の将軍がやったことを簡単に解説

徳川家治の非凡な大胆さと愛妻家ぶり

徳川家治の非凡な大胆さと愛妻家ぶりhttps://i.ytimg.com徳川家治が徳川吉宗に称賛された大胆な行動とは何でしたか?

畳に紙からはみ出した点

徳川家治は質素倹約を心がけ、大奥の経費を3割削減するなど、徳川吉宗の政策をさらに徹底しました。また、一夫多妻が一般的だった将軍の中で、徳川家治は愛妻家として知られており、側室を持とうとしなかったというエピソードが残っています。詳しくみる ⇒参照元: 徳川家治のエピソードを紹介!愛妻家?徳川吉宗を慕っていた?人...

田沼意次の重商主義政策と幕府財政

田沼意次の重商主義政策と幕府財政https://city.chiyoda.lg.jp田沼意次が幕府内で高い地位を与えられたのはなぜですか?

非凡な才能

田沼意次は、当時の経済政策に限界があったため、貿易や貨幣を通じて富を増やす重商主義政策を採用しました。この政策では、同業者で結成した組合である株仲間を積極的に公認し、販売権の独占や運上の徴収によって幕府の収入を確保しました。また、藩が特産品を専売にしていたことに倣って、幕府でも銅、人参、朱、真鍮の専売制を実施しました。貨幣制度の統一も行い、経済政策を多角的に展開しました。田沼意次は、幕府の財政難を打開するためにこれらの政策を推進し、その結果、大名並みの石高を得るまでになりました。詳しくみる ⇒参照元: 第10代将軍/徳川家治|ホームメイト

徳川家治の側室と子育て

徳川家治の側室と子育てhttps://i0.wp.com側室との間に子供ができた後、徳川家治がどうした?

正妻と子育てに専念した。

徳川家治は将軍として世継ぎを必要としていたが、正室との間に男子ができなかったため、側室を迎えた。側室との間に後継者が誕生すると、側室のもとに通うのをやめ、正室とともに子育てを楽しんだ。徳川家治は正室を最優先し、側室はあくまでも世継ぎを産むための手段であった。家治は謙虚な人物で、家臣にも気遣いを見せた。将軍の起床時刻よりも早く目覚めることが多くなり、家臣にトイレを先に使用させていたというエピソードもある。詳しくみる ⇒参照元: 徳川家治のエピソードを紹介!愛妻家?徳川吉宗を慕っていた?人...