Academic Box Logo

徳川秀忠の家系図で子孫をたどる: 妻や側室、そして現代まで続く血脈

徳川秀忠の家系図で子孫をたどる: 妻や側室、そして現代まで続く血脈

こんにちは、ライターのLauraです。今日は、徳川秀忠の家系図を紐解き、その子孫の系譜をたどっていきたいと思います。

徳川秀忠の血筋

徳川秀忠は家光の何にあたるか?

曾孫

徳川秀忠は、家康の長男である家光の孫であり、家光の息子である家正の曾孫にあたります。

家光には男児しかいなかったため、秀忠は家正の息子にあたる人物を祖先に持ちます。

秀忠は東京城内で家康と綱吉の子として生まれました。

詳しくみる ⇒参照元: 徳川秀忠の歴史

徳川秀忠の子供たちと幕藩体制

徳川秀忠の子供たちの中で、幕藩体制を整備したのは誰?

家光

徳川秀忠の子供たちは、それぞれに重要な役割を果たした。

娘たちは大名たちに嫁ぎ、息子たちは幕府の要職を担った。

とりわけ重要なのは、長男の家光である。

家光は江戸幕府第3代将軍として、参勤交代制や職制などの幕藩体制を整備し、キリシタンの弾圧に努めた。

家光の弟である忠長は駿府国を領有したが、家光との関係が悪化し、自害した。

秀忠は、妻の江が亡くなった後も側室を持たず、夫婦仲が良好で、政治的手腕も堅実だったと考えられている。

詳しくみる ⇒参照元: 徳川秀忠とは?家系図・子供・墓、母や正室の江について解説!

徳川秀忠の功績:法令制定による大名統制

徳川秀忠が制定した武家諸法度によって大名が制限されたことは?

幕府の許可なく行動すること

江戸幕府の第2代将軍徳川秀忠は、大名家を統制するために武家諸法度を制定しました。

この法律により、大名は城の修築や婚姻など、あらゆる行動に幕府の許可が必要となり、権限が大幅に制限されました。

秀忠はまた、朝廷や公家を統制する禁中並公家諸法度や、寺院を統制する寺院法度も制定しました。

これらの法令は、江戸幕府の統治体制の確立に大きく貢献しました。

詳しくみる ⇒参照元: 徳川秀忠のやったことを簡単に解説!功績は?江戸幕府の体制強化...

徳川秀忠の系譜

徳川秀忠は生まれ故郷のどこで過ごしたのか?

江戸城

徳川秀忠は、家臣として江戸城で働き、生まれ故郷の東京城を出たことはありませんでした。

彼は徳川家康の長男家光の孫であり、家康の妻綱吉から家光の子供たちを経て秀忠につながっています。

秀忠は家正の曾孫で、家正から秀忠まで4世代あります。

詳しくみる ⇒参照元: 徳川秀忠の歴史

徳川秀忠の子孫:家系図で探るその系譜

徳川秀忠の子孫は現在も存在するのか?

存在する

徳川秀忠は、徳川家康の長男で、江戸幕府の第2代将軍です。

彼は、正室の江と側室との間に7人の子供をもうけました。

その子孫は現在まで続いているとされています。

秀忠の嫡男である徳川家光は第3代将軍となり、以降、徳川家は幕末まで日本の支配を続けました。

現在でも、徳川家康の子孫とされる徳川宗家や松平家などの家系が存続しています。

詳しくみる ⇒参照元: 徳川秀忠の家系図を簡単に解説!子孫は現在まで続いてる?妻や側...

江戸幕府第2代将軍・徳川秀忠の生涯

徳川秀忠はなぜ家督を継ぐことになった?

2人の兄が亡くなったため

徳川秀忠は三男だったが、長男が織田信長の命令で殺され、次男が豊臣秀吉の人質に出されたため、家督を継いだ。

秀忠は江戸幕府の第2代将軍として活躍し、江戸城の拡張や武家諸法度の制定など多くの功績を残した。

詳しくみる ⇒参照元: 徳川秀忠の年表|どんな人?功績は?主な戦いは?その生涯を簡単...

千姫の家系と生涯

千姫の両親は誰?

徳川秀忠と江

千姫の父親は二代将軍の徳川秀忠で、母親は織田家の血を引く浅井三姉妹の江。

千姫の父方と母方は織田家の血を引く浅井三姉妹によりつながっている。

千姫は7歳で豊臣秀吉の息子である秀頼と結婚し、大坂城で生活した。

その後、大坂夏の陣で戦国の動乱に巻き込まれた。

詳しくみる ⇒参照元: 千姫(お市の方の孫)と家系図を調べてみた!江姫・秀忠の子供が...

千姫と徳川家光

千姫が徳川家光を支えた方法は何ですか?

将軍家を支える

千姫は江戸に帰った後、弟の徳川家光を補佐し、将軍家を支えました。

具体的には、鎌倉の東慶寺を再興するなど、家光を支える役割を果たしました。

また、千姫の長女である勝姫は、徳川秀忠の養女として池田光政に嫁ぎ、姫路藩の第三代藩主の光政と千姫の孫の綱政を産み、光政と勝姫の家系が明治まで岡山藩を治めました。

詳しくみる ⇒参照元: 千姫(お市の方の孫)と家系図を調べてみた!江姫・秀忠の子供が...

徳川秀忠の側室事情

徳川秀忠が側室を持たなかった理由は?

正式な側室の必要性を感じていなかった。

徳川秀忠は、正室以外の女性との間に子をもうけていましたが、正式な側室を置きませんでした。

これは、側室を持つことが一般的だった当時の慣習に反していました。

徳川秀忠が側室を持たなかった理由は明らかではありませんが、正室との関係が良好だったことや、正式な側室の必要性を感じていなかったことが考えられます。

また、秀忠の父である徳川家康が、後継者争いを避けるために将軍の座を早々に秀忠に譲ったという背景もあり、秀忠は正室との間に生まれた子に後継ぎを託すことに専念していた可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 徳川秀忠の家系図・年表/ホームメイト

徳川秀忠の関ヶ原の戦い

徳川秀忠は、関ヶ原の戦いで本戦に間に合ったのか?

間に合わなかった

徳川秀忠は、関ヶ原の戦いでは家康本隊とは別働隊の指揮を命じられた。

上田城攻めの最中に家康から即時上洛を命じられたが、関ヶ原本戦には間に合わなかった。

家康は、本戦への遅参ではなく急な行軍で軍を疲弊させたことを叱責した。

詳しくみる ⇒参照元: Tg02 徳川秀忠

徳川秀忠の内政力:江戸幕府の地盤固め

江戸幕府の存続に貢献した、徳川秀忠が行った施策は何ですか?

諸大名の改易・減封

徳川秀忠は、外様大名39家、親藩・譜代大名21家を改易することで、反逆の芽を摘み、幕府の権威を強固にした。

また、娘の和子を天皇に入内させ、女一宮(後の明正天皇)を生むことで天皇の外戚となり、朝廷との結びつきを強めた。

これらの施策により、江戸幕府の地盤を固め、長年の存続に貢献した。

詳しくみる ⇒参照元: 徳川秀忠の年表|どんな人?功績は?主な戦いは?その生涯を簡単...