Academic Box Logo

伝説のシェフ、青木定治の輝かしいキャリアとプライベートな一面

伝説のシェフ、青木定治の輝かしいキャリアとプライベートな一面

ライターのYUKOです。伝説のシェフ、青木定治氏の輝かしいキャリアとプライベートな一面をご紹介します。

パティシエ・青木定治:雨宮塔子の元夫

雨宮塔子の元旦那、青木定治の専門分野は?

パティスリー

青木定治は1968年生まれ、愛知県名古屋市出身のパティシエです。

東京青山シャンドンの勤務を経て、1991年に単身フランスへ渡り、1998年にパリに自身のブティックをオープンしました。

現在はパリを拠点に活躍し、マカロンのスペシャリストとして知られています。

2005年に丸の内に日本第一号店をオープンし、その後東京都新宿伊勢丹内や東京ミッドタウン、東京ヒカリエなどにも出店しています。

詳しくみる ⇒参照元: 雨宮塔子の元旦那・青木定治は再婚⇒離婚でバツ2になっていた!...

青木定治:偉大な存在になるための秘訣

他人を喜ばす仕事を誇りに思う青木さんは、若い頃に何を意識していましたか?

偉大な人から認められること

青木氏は、自分が大規模な事業を展開する人から「あなたに会うと元気をもらえる」と言われるような、存在価値のある人物になることを目指していました。

彼は、コンクールで優勝した際に、きのとやの長沼氏やシャトレーゼの齊藤氏などの著名な経営者に出会い、彼らの影響からこの考えに至りました。

青木氏は、海外で活動する日本人アーティストが「俺でもできる」という気持ちで努力する姿に勇気づけられ、若い世代が活躍していることを喜んでいます。

詳しくみる ⇒参照元: 世界的パティシエ・青木定治氏が長野から見出した、農業の可能性

廃棄フルーツを生かすパティシエの取り組み

青木定治氏が軽井沢のアトリエで取り組んでいることは?

廃棄フルーツを活用したコンフィチュールづくり

世界的に活躍するパティシエ、青木定治氏は、軽井沢のアトリエで廃棄フルーツを活用したコンフィチュールづくりに取り組んでいる。

長野県の先進的なフードロス対策のもと、廃棄されるはずのフルーツを有効活用し、長野の豊かな自然と食材を大切にしている。

詳しくみる ⇒参照元: 世界的パティシエ・青木定治氏が長野から見出した、農業の可能性

パティシエ・青木定治と雨宮塔子の馴れ初め

雨宮塔子と青木定治の馴れ初めは?

パリで取材がきっかけ

雨宮塔子は1999年にTBSを退社し、フランスで青木定治と出会った。

きっかけは、雑誌「eggi」の取材で青木定治に質問をしたこと。

後日、青木定治から連絡があり、交際がスタートした。

青木定治は、雨宮塔子が滞在するパリの住所まで自転車で新作のお菓子を届けたりするなど、積極的なアプローチをしていた。

詳しくみる ⇒参照元: 雨宮塔子の元旦那・青木定治は再婚⇒離婚でバツ2になっていた!...