Academic Box Logo

「煙と蜜」最新話ネタバレ...大正ロマンの純愛物語の行方

「煙と蜜」最新話ネタバレ...大正ロマンの純愛物語の行方

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、大正ロマンの純愛物語「煙と蜜」の最新話をネタバレしてご紹介します。

「煙と蜜」33話感想とあらすじ

雪が降る中、姫子の家を訪ねたのは誰?

文治

「煙と蜜」の33話では、雪が降る中、姫子の家を訪ねたのは文治でした。

姫子は文治に鬼饅頭を振る舞い、失礼な態度を謝罪しました。

姫子は自分のことばかり気にしていたら文治を見れないと告げ、文治は姫子の真っ直ぐな視線に首を垂れました。

詳しくみる ⇒参照元: 【あらすじ】『煙と蜜』32話(4巻)【感想】

大正純愛ロマンス「煙と蜜」

12歳の少女と30歳の将校の許嫁関係の少女の名前は?

花塚姫子

「煙と蜜」という漫画は、大正時代の名古屋を舞台に、12歳の少女・花塚姫子と30歳の陸軍将校・土屋文治の歳の差恋愛を描いた純愛ロマンス作品です。

1話完結型で構成されており、主に文治が姫子の家を訪れる際の日常が描かれます。

二人の許嫁としてのやり取りに心温められる作品となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 『煙と蜜』漫画のネタバレ感想|歳の差を超えて想い合う純愛大正...

大正ロマンス「煙と蜜」あらすじネタバレ

許嫁同士の年の差は何歳?

18歳

「煙と蜜」は、大正5年の名古屋を舞台にした大正ロマンス漫画で、12歳の少女と30歳の陸軍将校が許嫁となり、時をかけて愛を育んでいく物語です。

1巻では、病気を患う母親の療養のため名古屋に引っ越してきた12歳の姫子が、許嫁の文治と初めて顔を合わせ、文治が姫子を「姫子さん」と呼ぶようになります。

姫子は花嫁修業に励み、文治は姫子の成長を温かく見守ります。

2巻では、姫子が3年後に文治と結婚することを知り、大人たちから3年が過ぎるのは早いと忠告されます。

詳しくみる ⇒参照元: 【煙と蜜】あらすじをネタバレ!大正ロマンス漫画の登場人物と感...

大正ロマンス『煙と蜜』の純愛物語

12歳の姫子が許嫁となった相手は何歳か?

30歳

大正時代を舞台にした恋愛漫画『煙と蜜』は、12歳の少女姫子と30歳の男性文治の純愛を描いています。

許嫁同士の2人は年齢差18歳ですが、お互いを尊重し合っています。

姫子はあどけない少女で、文治は見た目は怖いですが、姫子に対しては優しく大人の色気があります。

詳しくみる ⇒参照元: 煙と蜜のネタバレまとめ!最新刊まで全巻のあらすじ内容は?

カチューシャの歌に秘められた思い

「カチューシャの歌」の歌詞に込められた意味は?

別れ際の寂しさ

「カチューシャの歌」の歌詞「カチューシャかわいやわかれのつらさ、せめて淡雪溶けぬ間と神に願いをララかけましょか」は、会っていないときの寂しさを表現していると考えられる。

この歌は第一次世界大戦勃発前後に作られたため、不穏な予感を示唆している可能性もあるが、確定的な解釈はされていない。

次回の掲載は「ハルタ」vol.99(2022年11月15日発売)、単行本4巻は2022年12月15日に発売予定。

詳しくみる ⇒参照元: 【あらすじ】『煙と蜜』32話(4巻)【感想】

姫子の祖父の苦悩

姫子の祖父は、文治と姫子の結婚について何を心配していましたか?

爵位が手に入らなかったこと

姫子の祖父は、成金と呼ばれながら爵位を得ることができなかったことを悔やんでいました。

そこで、男爵である文治と姫子との結婚を取り決めた自分のことを恨んでいないかと文治に尋ねました。

文治は、自分の祖父が自分のことを嫌っているのではないかと心配していましたが、文治は姫子の祖父の気持ちを理解し、姫子との結婚を承諾しました。

詳しくみる ⇒参照元: 煙と蜜のネタバレまとめ!最新刊まで全巻のあらすじ内容は?

人の評価の相対性と姫子への文治の想いの複雑さ

許嫁の姫子に文治は、人の評価が周囲によって変わることをどのように説明した?

しゃちほこの話

文治は名古屋城のしゃちほこを例に、日本人が立派に見えるしゃちほこも、西洋人から見ると不細工ないるかに見えるように、人の評価は周囲の文化や視点によって異なることを説明しました。

姫子の周囲の評価も、彼女の成長や環境の変化によって変わっていく可能性があることを諭しました。

また、文治は姫子の許嫁としてではなく、一人の人間として接し、大切に想っていました。

しかし、軍内では姫子がまだ子供であることに対する黒い噂も流され、文治は姫子との関係に複雑な思いを抱いていました。

詳しくみる ⇒参照元: 【煙と蜜】あらすじをネタバレ!大正ロマンス漫画の登場人物と感...

『煙と蜜』: 姉妹の対照的な関係

こま子と姫子の関係はどのようなものですか?

友だちのような姉妹

こま子と姫子は3歳違いの姉妹だが、お姉さんというよりは友人のような関係。

こま子は優しくて文字も読める姫子を羨ましく思っているが、実は姫子もこま子のことを羨ましく思っている。

姫子はこま子の朗らかさや健康的な体つきに憧れている。

2人はお互いの長所と短所を補い合う親密な姉妹である。

詳しくみる ⇒参照元: 煙と蜜のネタバレまとめ!最新刊まで全巻のあらすじ内容は?

大正純愛譚の展開

文治が姫子に問いかけたことは何ですか?

不明

18歳差の大正純愛譚である「煙と蜜」第4巻では、晩秋の訪れと共に文治と姫子が初めてのすれ違いを体験します。

また、この巻には、サブキャラクターのこま子や六さんたちの意外な一面や、文治の幼少期のエピソードも収録されています。

第5巻では、師走の花塚家の新年の準備や大晦日の文治の来訪、餅つきや蕎麦打ち、初詣など、大正時代の一大イベントである年末年始が描かれます。

新しい年を迎え、姫子だけでなく大人たちも変化し、前に進んでいきます。

詳しくみる ⇒参照元: 煙と蜜|まんが王国

許嫁との歳の差恋愛

主人公の許嫁の名前は?

文治

姫子は幼い頃、文治という大人の男性と家同士で許嫁の約束をしていた。

文治は帝国陸軍の少佐で、普段は軍服姿で生活している。

落ち着きがあり、大人びた雰囲気を持つ人物だ。

姫子は文治の優しさに惹かれていき、少しずつ心を開いていく。

詳しくみる ⇒参照元: 『煙と蜜』漫画のネタバレ感想|歳の差を超えて想い合う純愛大正...

歳差恋愛の揺れ動く心

ヒロインの姫子と文治の歳の差はいくつ?

18歳

姫子は12歳で、文治は30歳なので、二人の歳の差は18歳です。

文治は陸軍に勤め、様々な経験を経て大人で粋な雰囲気を漂わせています。

一方の姫子は良家のお嬢様で、世間知らずな無垢さと健気さを持ち合わせています。

文治は姫子にかける言葉が優しく、詩的な表現を用いています。

詳しくみる ⇒参照元: 『煙と蜜』漫画のネタバレ感想|歳の差を超えて想い合う純愛大正...

歳の差恋愛と大正浪漫「煙と蜜」の魅力

鉄は文治のどのような部分を弱みと捉えているのか?

妹への仕送りを把握されていること

漫画「煙と蜜」は、大正時代の歳の差恋愛を描いた作品。

許嫁同士の姫子と文治は、歳差を感じさせない健全な関係を築いている。

作品の見どころは、歳の差恋愛と、西洋文化が花開いた大正浪漫の雰囲気の世界観にある。

文治の上司である鉄は文治を快く思っておらず、文治が妹に仕送りをしていることを弱みと捉えて利用しようとしている。

文治の妹は静岡に養子に出されており、文治は妹が苦労していることを心配している。

詳しくみる ⇒参照元: 【煙と蜜】あらすじをネタバレ!大正ロマンス漫画の登場人物と感...

兄弟の再会

勝治は、兵治にどのように再会したのか?

道場で抱きついた

柔道場での稽古中、海軍の軍服を着た一団が訪れた。

その中に兵治の弟・勝治がおり、兄との再会を喜び、道場の人々に自己紹介した。

海軍と陸軍の衝突が描かれる緊迫した展開の中で、兵治と勝治の兄弟愛が表現されている。

詳しくみる ⇒参照元: 煙と蜜44話(5巻)ネタバレと漫画感想!陸軍と海軍の一触即...

「煙と蜜」44話をお得に読む方法

「煙と蜜」44話のネタバレや感想はどこで読めますか?

コミックシーモア

2023年12月時点の情報では、コミックシーモアで「煙と蜜」44話(5巻)を無料で読むことができます。

新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえるだけでなく、月額メニュー登録特典で後日全額ポイント還元されるお得なサービスも提供されています。

ただし、配信状況は随時変更される可能性があるため、最新の情報を公式ページで確認することをお勧めします。

詳しくみる ⇒参照元: 煙と蜜44話(5巻)ネタバレと漫画感想!陸軍と海軍の一触即...

18歳差の許婚の愛物語「煙と蜜」

主人公の花塚姫子と土屋文治の年齢差はいくつ?

18歳

主人公の花塚姫子は12歳、土屋文治は30歳で、その年齢差は18歳です。

大正時代の華やかで活気のある雰囲気の中で、二人は許婚としてゆっくりと愛を育んでいきます。

読切掲載時に熱狂的な支持を得て連載化された本作の第1巻がついに刊行されました。

詳しくみる ⇒参照元: 煙と蜜|まんが王国