Academic Box Logo

猫猫の母親を徹底解剖!鳳仙の鼻、梅毒、身請け、小指の秘密

猫猫の母親を徹底解剖!鳳仙の鼻、梅毒、身請け、小指の秘密

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は「薬屋のひとりごと」の登場人物、鳳仙に関する知られざる真実についてお届けします。

花街の悲恋:猫猫の母親の物語

花街の悲恋:猫猫の母親の物語https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com猫猫の母親の職業は何ですか?

妓女

猫猫の母親、鳳仙はかつて緑青館で人気の妓女であった。しかし梅毒を患って容姿が崩れ、心神喪失状態に陥った。猫猫は母親に薬を届けていたが、病状は進行していた。花街では妓女は「母」とは呼ばれず、「生んだ女」と呼ばれる。鳳仙を生んだ女も妓女であったとされている。また、猫猫の父親は変人軍師・羅漢であり、鳳仙と囲碁・将棋で好敵手として対戦していた。詳しくみる ⇒参照元: 猫猫の母親は誰?梅毒による死亡までまとめ【薬屋のひとりごと】

鳳仙の苦悩:薬屋のひとりごとにおける梅毒の悲劇

鳳仙の苦悩:薬屋のひとりごとにおける梅毒の悲劇https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com猫猫の母親、鳳仙を苦しめた病気は?

梅毒

猫猫の母親鳳仙は、緑青館の人気妓女で才女であったが、梅毒に感染し、鼻が欠け、心神喪失状態に陥った。妓女として厳しい現実に直面し、客を取ることで生計を立てていた。梅毒は当時治療が困難で、鳳仙の身体は徐々に破壊されていった。詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫の母親は誰?|chibimame a...

薬屋のひとりごと:猫猫の母親

薬屋のひとりごと:猫猫の母親https://kotoyasyou.work薬屋のひとりごとで、猫猫の母親は誰ですか?

鳳仙

薬屋のひとりごとで、猫猫の母親は鳳仙です。鳳仙は羅漢の元恋人であり、猫猫に母親らしいことはしておらず、小指の先を切り落としています。猫猫にとっての母親は、現在の緑青館の梅梅、白鈴、女華の三姫です。鳳仙と羅漢は、囲碁や将棋が得意で、羅漢が軍部で負けなし、鳳仙が妓楼で負けなしという共通点があり、囲碁や将棋を通じて恋仲になりました。しかし、鳳仙は梅毒に感染したために身請けされず、羅漢は鳳仙との仲を諦めました。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母親・鳳仙まとめ!鼻・梅毒・身請け...

鳳仙と羅漢の出会い

鳳仙と羅漢の出会いhttps://seigura.com鳳仙の恋人である羅漢と出会ったきっかけは?

同僚の悪戯

鳳仙は花街の妓女で、多くの男性を魅了した美女。囲碁や将棋の名手で、男性には冷淡な態度を取っていた。そんな鳳仙が心惹かれたのは、茘国の軍師羅漢。羅漢は優秀な軍人だったが、顔と名前を覚えられないという弱点があった。同僚の悪戯で羅漢は鳳仙と対戦し、負けてしまった。鳳仙は妓女でありながら羅漢に勝ったことで、羅漢にとって屈辱的な出会いとはならなかった。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母親・鳳仙は梅毒で鼻が欠けた?死亡...

猫猫の父親の謎

猫猫の父親の謎https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com羅漢と猫猫の父親は誰ですか?

羅漢

かつて緑青館で囲碁・将棋に負けなしの妓女だった鳳仙は、梅毒で鼻が欠けて心神喪失状態に陥りました。その後、羅漢との間に生まれた猫猫は、母親の鳳仙ではなく「生んだ女」としての存在を認識しています。詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫の母親は誰?|chibimame a...

薬屋のひとりごと:鳳仙の切ない碁石

薬屋のひとりごと:鳳仙の切ない碁石https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com鳳仙の碁石を並べる行動を猫猫がどのようにとらえたか

憐れむ

元々は人気妓女だった鳳仙は、ある男によって人生を狂わされ、美貌や記憶を失った。病床で一人で碁石を並べる鳳仙の姿を見て、猫猫は「莫迦な女」とこぼす。しかし、この行動には、鳳仙の知らない真実が隠されていた。詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと|猫猫の母親・鳳仙は最強の碁打ちだった!?|...

鳳仙と羅漢の「最後の一手」

鳳仙と羅漢の「最後の一手」https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com羅漢が鳳仙の死後に落ち込んでいた理由は何ですか?

「最後の一手」の謎

身請け後に碁を打ち続けていた鳳仙は、羅漢との勝負中に亡くなりました。羅漢は鳳仙の死を悲しみ、彼女が遺した「最後の一手」の謎を解き明かそうとします。その謎を解くことで、羅漢は前向きになり、鳳仙との対局を本として遺し、碁大会を開いて鳳仙の生きた証を都に広めました。鳳仙と羅漢の恋路は、次の世代にも受け継がれていきます。詳しくみる ⇒参照元: 猫猫の母親は誰?梅毒による死亡までまとめ【薬屋のひとりごと】

鳳仙の悲劇

鳳仙の悲劇https://otalab.net鳳仙の命を奪った病気は?

梅毒

鳳仙は梅毒が深刻化して命を落とした。羅漢による薬の処方が行われたが、発見が遅く神経まで病状が進行していたため、治療が不可能になっていた。鳳仙の身体はすでに持ち堪えることができず、羅漢に看取られながら旅立った。原作小説では猫猫を出産した際に死亡していたが、羅漢に看取られて人生を終えたことは幸せだったかもしれない。早期発見ができていれば、鳳仙の人生は変わっていた可能性がある。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母親・鳳仙は梅毒で鼻が欠けた?死亡...

鳳仙の悲劇的な運命

鳳仙の悲劇的な運命https://prcdn.freetls.fastly.net鳳仙を身請けしたのは誰か?

羅漢

猫猫の母、鳳仙は梅毒により容姿が崩れ、生活に困窮していた。そんな彼女を、17年前に鳳仙を愛していた羅漢が身請けした。羅漢は鳳仙を愛情深く支え、鳳仙は羅漢に看取られて亡くなった。梅毒は鳳仙の人生を大きく変え、猫猫との関係にも影響を与えた。また、羅漢による鳳仙身請けは、彼の鳳仙への深い愛を示している。詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫の母親は誰?|chibimame a...

鳳仙の異様な魅力

鳳仙の異様な魅力https://manga-news.com妓女として評価が低いにも関わらず、鳳仙が人気を得た理由は何ですか?

マニアなお客に人気があったから

鳳仙は、笑顔がなく、スタイルも良くないにも関わらず、マニアなお客に人気があった。このため、彼女の価値は上がり、妓楼の妓女としては珍しく塩対応だったにも関わらず、評価を得た。また、梅毒にかかり鼻がなくなったことも、彼女の価値を上げた要因の一つと考えられる。当時、梅毒の治療法はなく、鳳仙の鼻がなくなるような症状が出ることは珍しかった。そのため、鳳仙の容姿は、ある種の珍しさや希少性を持っていたと考えられる。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母親・鳳仙まとめ!鼻・梅毒・身請け...

血縁を超えた家族の絆

血縁を超えた家族の絆https://ptanime.com猫猫が本当の家族と考えるのは、血縁関係のある人ですか?

猫猫にとっての家族は、血縁関係ではなく、実際に世話をしてくれた人々です。彼女にとって、鳳仙と羅漢は生物学的な両親ですが、母親の役割を果たしたのは三姫と白鈴小姐、父親のような存在は羅門でした。詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫の母親は誰?|chibimame a...

鳳仙の小指と猫猫の小指の再生

鳳仙の小指と猫猫の小指の再生https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com猫猫の小指が再生できたのは何故?

指先だけ切られたから

羅漢に妊娠・出産を知らせるため、鳳仙は自分の小指と猫猫の小指の指先を送った。猫猫の小指は指先しか切られていなかったため、子供で成長していない小指だったことで元通りではないが再生した。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母親・鳳仙まとめ!鼻・梅毒・身請け...

身請け破談の真相

身請け破談の真相https://otalab.netなぜ鳳仙と羅漢の身請けは破談になったのか?

羅漢の流刑

鳳仙と羅漢は身請けを破談した。鳳仙が羅漢の子を妊娠していたことが原因だった。しかし、羅漢は羅門の流刑に巻き込まれ、都を離れなければならなくなった。その結果、身請けは叶わなかった。羅漢が戻ってきたとき、鳳仙は梅毒で病に倒れており、羅漢は娘の猫猫の存在を知ったが、養子として預けられており、引き取ることができなかった。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母親・鳳仙は梅毒で鼻が欠けた?死亡...