Academic Box Logo

ウィル・アイアトン通訳の経歴:元野球選手から優秀な国際通訳へ

ウィル・アイアトン通訳の経歴:元野球選手から優秀な国際通訳へ

ライターのSaraです。今日は、元野球選手で現在は優れた国際通訳家であるウィル・アイアトンの経歴を紹介します。

大谷翔平の臨時通訳、データ分析担当者だった

大谷翔平の臨時通訳、データ分析担当者だったhttps://full-count.jp臨時通訳に選ばれた大谷翔平選手の通訳はどのような経歴を持つ人ですか?

データ分析担当

大谷翔平選手の臨時通訳に選ばれたウィル・アイアトン氏は、ドジャースのデータ分析担当者で、フィリピン代表選手としてもプレーした元野球選手です。日本語と英語の両方を流暢に話せ、かつては前田健太選手の通訳も務めました。彼は日系アメリカ人の父とフィリピン人の母のハーフで、15歳まで東京で育ちました。高校と大学はアメリカで卒業しています。詳しくみる ⇒参照元: 【ウィル・アイアトン通訳 】元野球選手の秀才通訳!経歴&Wi...

元前田通訳、データ分析の要職へ

元前田通訳、データ分析の要職へhttps://full-count.jpデータ分野への転身を決意するきっかけは何だったか?

前田選手へのデータ説明

ウィル・アイアートンは、前田健太の通訳として信頼関係を築き、チームメイトから「ウィリー」と呼ばれて親しまれていました。彼は選手たちとコミュニケーションを取りながらデータ分野に興味を持ち、3Aマイナーリーグのデータコーチに就任しました。その実績が評価され、メジャーリーグでパフォーマンスオペレーションマネージャーに昇進。現在は、ドジャースのデータ分析や編成部で選手の育成や能力開発の主任を担当しています。詳しくみる ⇒参照元: 【ウィル・アイアトン通訳 】元野球選手の秀才通訳!経歴&Wi...

大谷翔平の通訳として活躍するアイアトン・スティーブンス

大谷翔平の通訳として活躍するアイアトン・スティーブンスhttps://full-count.jp大谷翔平の通訳になったきっかけは?

違法賭博問題で解雇された通訳の代わり

前田健太の通訳としてドジャースで働き始め、現在はパフォーマンス・オペレーションのマネージャーを含む様々な業務を歴任。違法賭博問題で解雇された通訳の代わりに大谷翔平の担当となった。ドジャースでは「ウィル・ザ・スリル」の愛称で親しまれており、選手を盛り上げるダグアウトでのダンスも考案している。詳しくみる ⇒参照元: アイアトン通訳の経歴が豪華!WBC選手で吉本出身!?父親はワ...

元野球選手のアイアトン氏、大谷選手の臨時通訳に

元野球選手のアイアトン氏、大谷選手の臨時通訳にhttps://full-count.jpアイアトン氏は、大谷選手の通訳に任命される前に、どのような職業に就いていたか?

パフォーマンス・オペレーション・マネージャー

ウィル・アイアトン氏は、フィリピン代表の野球選手としてWBC予選に出場し、その後レンジャーズとマイナー契約を結んだ元野球選手です。現在はエンゼルスのパフォーマンス・オペレーション・マネージャーを務めており、日本語が堪能なことから大谷選手の臨時通訳に起用されました。この経歴から、アイアトン氏が野球の知識に長け、通訳としても信頼できる人物であることがわかります。詳しくみる ⇒参照元: ウィル・アイアトンの経歴が凄い?大谷翔平の通訳に適任すぎる!

アイアトン通訳の文武両道な大学生活

アイアトン通訳の文武両道な大学生活https://gtomoblog.comアイアトン通訳の大学時代の受賞歴は?

トップ・アカデミック・アスリート賞、コリス・スチーア賞

アイアトン通訳は、ミッド・パシフィック高校では野球で活躍し、オクシデンタル大学とメンロー大学では文武両道に励みました。大学3年次に「トップ・アカデミック・アスリート賞」、4年次に「コリス・スチーア賞」を受賞しています。これらの賞は、スポーツ部や大学全体で最も成績優秀な学生に贈られます。詳しくみる ⇒参照元: アイアトン通訳の経歴が豪華!WBC選手で吉本出身!?父親はワ...

ウィル・アイアトンのドジャースでの役職

ウィル・アイアトンのドジャースでの役職https://nikkansports.comウィル・アイアトンが現在ドジャースで担う役職は?

パフォーマンス・オペレーション・マネージャー

前田健太選手の通訳として活躍したウィル・アイアトンは、ドジャース球団職員としてキャリアを積んできました。2019年から傘下3A球団で育成コーチと一塁コーチを務め、2020年以降はメジャーリーグでデータ分析を担当しています。現在、アイアトンはフリードマン氏が特別に創設した「パフォーマンス・オペレーション・マネージャー」という役職を担っています。この役職では、データ分析に加えてオフシーズンにはスカウティングにも携わっています。詳しくみる ⇒参照元: ウィル・アイアトンの経歴は?優秀でマエケン通訳からドジャース...

ウィル・アイアトンの経歴と家族構成

ウィル・アイアトンの経歴と家族構成https://libertysao.comウィル・アイアトン氏の現在の所属チームは?

ドジャース

ウィル・アイアトン氏はスポーツマネジメント業務に携わり、WBCフィリピンチームのゼネラルマネージャーやドジャースで前田健太投手の通訳を務めた後、2018年にドジャースのマイナーリーグコーチに就任し、現在は主任を務めています。また、親しみやすい性格で「ウィル・ザ・スリル」の愛称で親しまれています。アイアトン氏は大家族で育ち、父はワーナージャパンの元社長ウィリアム・アイアトン氏です。詳しくみる ⇒参照元: 大谷翔平の通訳はウィル・アイアトン!父親はワーナージャパンで...

ウィル・アイアトン氏の経歴と活躍

ウィル・アイアトン氏の経歴と活躍https://crank-in.netウィル・アイアトン氏がドジャースで担当した主な役割は?

編成部でのパフォーマンスオペレーション

ウィル・アイアトン氏は、前田健太選手の通訳としてデータ分析に興味を持ち、ドジャースの3Aでデータコーチに就任。2020年にメジャーに昇格し、編成部に所属。現在はデータ解析が主な業務で、山本由伸投手や大谷翔平選手の通訳も担当しています。詳しくみる ⇒参照元: ウィルアイアトンの経歴は?学歴や年齢、日本語はどれくらい上手...

ウィルアイアトン氏のドジャースでの役割

ウィルアイアトン氏のドジャースでの役割https://akosuke056.com現在、ウィルアイアトン氏はドジャースでどのような業務を担当しているか?

データ分析

元プロ野球投手の前田健太氏から許可を得て、マイナーリーグのコーチに転身。その後、ドジャースの3Aでデータコーチ(ディベロップメントコーチ)を募集しているのを知り、応募。2021年11月より、メジャーリーグのドジャースでパフォーマンス・オペレーション主任を務めており、データ分析に基づいて戦略を練る役割を担っている。現在の役職名はパフォーマンス・オペレーションズ・マネージャー。詳しくみる ⇒参照元: ウィルアイアトンの経歴!前田健太の元通訳!現在ドジャースの分...

ウィル・アイアトンと前田健太のつながり

ウィル・アイアトンと前田健太のつながりhttps://harajuku-life.com前田健太さんのドジャース時代に、ウィル・アイアトンさんがどのような役割を担っていたか

通訳

前田健太がドジャースに所属していた2016年から2019年まで、ウィル・アイアトンは通訳として前田をサポートしていました。2019年にはデータコーチに転身し、選手データの分析と操作解析を担当。2020年にはドジャース編成部に所属しました。詳しくみる ⇒参照元: 【通訳】ウィル・アイアトンのwikiプロフ!学歴・経歴まとめ...

大谷翔平・山本由伸を支えるウィル・アイアトンの多面的なサポート

大谷翔平・山本由伸を支えるウィル・アイアトンの多面的なサポートhttps://whoworebest.com大谷翔平や山本由伸のサポートとしてウィル・アイアトンが今後どのような役割を果たすことが期待されていますか?

選手経験とデータ分析を活用したサポート

ウィル・アイアトン氏は、通訳としてだけではなく、選手としての経験やデータ分析の能力を生かしたサポートを大谷翔平や山本由伸に提供しています。具体的には、パフォーマンスを向上させるためのデータ分析やトレーニングのサポートなどを行っています。また、2024年3月21日から通訳としても活躍しています。彼の能力が認められ、ドジャースの編成部で主任に昇格しています。今後もウィル・アイアトン氏のサポートに期待が高まっています。詳しくみる ⇒参照元: 大谷翔平の新通訳ウィル・アイアトンの経歴がすごい!WBC出場...

元レンジャース・アイアトン氏の引退後のキャリア

元レンジャース・アイアトン氏の引退後のキャリアhttps://harajuku-life.com元テキサス・レンジャースのアイアトン氏が引退後に行った仕事は?

通訳

2013年にテキサス・レンジャースでマイナー契約をしたアイアトン氏は、引退後に田中将大氏の通訳とアシスタントを務めた。このきっかけは、アイアトン氏の引退時期が田中氏のヤンキース入団と重なり、ニューヨークタイムズがアシスタントを探していたことによる。詳しくみる ⇒参照元: 【通訳】ウィル・アイアトンのwikiプロフ!学歴・経歴まとめ...

ウィル・アイアトン:引退後の転身

ウィル・アイアトン:引退後の転身https://asahicom.jpウィル・アイアトン氏がヤンキースに入団したきっかけは何ですか?

田中将大投手の通訳

ウィル・アイアトンは、田中将大投手のニューヨーク・ヤンキース入団に伴う取材の通訳・アシスタントとしてヤンキースに加入しました。その後、ビデオコーディネーターと編成部門のインターンを歴任しました。2016年には前田健太投手の通訳としてドジャースに入団し、前田投手のサポートに尽力しています。詳しくみる ⇒参照元: 大谷翔平の新通訳ウィル・アイアトンの経歴!陽キャラで優秀なデ...

ウィル・アイアトンの野球キャリア

ウィル・アイアトンの野球キャリアhttps://billboard-japan.comフィリピン代表入りを果たす以前のウィル・アイアトンの夢は?

MLB選手

ウィル・アイアトンは、東京生まれの野球少年で、高校・大学と野球に打ち込んだ。第3回WBCのフィリピン代表トライアウトに合格し、代表入りを果たした。その後、レンジャーズとマイナー契約を結んだ。アイアトンは、フィリピン代表入り前はMLBでプレーすることを夢見ていた。詳しくみる ⇒参照元: ウィルアイアトンの経歴!前田健太の元通訳!現在ドジャースの分...

ウィリアム・アイアトン氏のキャリア

ウィリアム・アイアトン氏のキャリアhttps://tokyo-sports.ismcdn.jpワーナーブラザーズ映画の日本代表として入社した年は?

1988年

ウィリアム・アイアトン氏は日米の両親のもとに東京で生まれ、上智大学卒業後に東宝東和、父の会社を経て、1988年にワーナーブラザーズ映画の日本代表に就任しました。その後、ワーナーエンターテイメントジャパンの代表取締役社長となり、『マトリックス』や『ハリーポッター』シリーズなどの配給で活躍しました。2014年に退任後は自身の会社を設立して代表取締役に就任しています。詳しくみる ⇒参照元: アイアトン通訳の経歴が豪華!WBC選手で吉本出身!?父親はワ...

ウィル・アイアトンの経歴は、野球選手から国際通訳への興味深い旅路を示しています彼の努力と献身は、学業とスポーツの両立に成功しただけでなく、言語能力の習得にも役立っています