Academic Box Logo

埼玉県議会のドンが「子ども放置禁止条例」を推進!議論の経緯と反対意見を徹底解説

埼玉県議会のドンが「子ども放置禁止条例」を推進!議論の経緯と反対意見を徹底解説

こんにちは、ライターのYUKINOです。今回は、埼玉県議会のドンが推進する「子ども放置禁止条例」について、その経緯と反対意見を徹底解説します。

埼玉県の虐待禁止条例改正案撤回

埼玉県の虐待禁止条例改正案撤回https://coa-co.com改正案が取り下げられるに至った理由は何ですか?

反対の声が広がったため

埼玉県議会に提出された虐待禁止条例の改正案は、子どもの放置を児童虐待として禁止する内容でした。改正案は児童の保護を目的として作成されましたが、反対の声が相次ぎ、改正案を提出した自民党県議団は県民や全国から不安と心配の声が寄せられたとして改正案を取り下げました。この改正案は、罰則規定はありませんでしたが、子どもを「放置」することを児童虐待と位置づけて禁止するというものでした。詳しくみる ⇒参照元: 埼玉県議会「子ども放置禁止」条例の波紋 留守番は虐待?反対意...

埼玉県議団議員によるWAM支援制度悪用疑惑

埼玉県議団議員によるWAM支援制度悪用疑惑https://coa-co.com「WAM」支援制度を悪用したとして告発報道された埼玉県議団の議員は誰ですか?

田村琢実議員と宇田川幸夫議員

埼玉県内の医療法人に「WAMへの口利きの見返り」要求したり、ビルの売却先だからと理事就任し、実質的な経営権を奪ったとして告発されたのは、埼玉県議団の田村琢実議員と、その後輩の宇田川幸夫議員。田村議員の働きかけで融資を実現させ、田村議員は何も仕事をせずに報酬を払わせていたと批判されている。被害者法人の元理事の弁護士による解任勧告の結果、宇田川議員は理事から外れたが、田村議員は2022年9月の直近まで居座っていた。詳しくみる ⇒参照元: 埼玉県議会自由民主党議員団

埼玉県の「子ども放置禁止」改正案に対する議論

埼玉県の「子ども放置禁止」改正案に対する議論https://nhk.or.jp預けないといけないのか、それとも親が対応しないといけないのか、どちらの意見が多いのか

反対意見

埼玉県議会で、子どもを自宅や公園に「放置」することを禁止する改正案が可決されました。しかし、委員会では反対や批判の意見が多くありました。反対意見としては、待機児童がいる中で預け先がない親に負担がかかること、日常生活でのよくあるケースが条例違反になってしまうこと、ワンオペ育児などでやむを得ず留守番させる親の負担が増すことなどが挙げられました。一方、改正案を提出した自民党議員団は、子どもの安全を守るため、すぐに駆けつけられない状態は「放置」であると反論しました。最終的に、採決では賛成多数で改正案が可決されました。詳しくみる ⇒参照元: 埼玉県議会「子ども放置禁止」条例の波紋 留守番は虐待?反対意...

田村琢実埼玉県議会議長の批判

田村琢実埼玉県議会議長の批判https://stat.ameba.jp田村琢実埼玉県議会議長は、公用車としてセンチュリーを使用していることに対し、どのような批判を受けたか

以前から議長の公用車はセンチュリーだった。

埼玉県議会議長の田村琢実は、サッカーチームへの侮辱投稿や浦和レッズサポーターへの対応などで批判されている。新型コロナウイルスの感染拡大対策では、県が大人数での会食自粛を要請する中、県議団が酒類提供のある会食を行ったことでも批判された。また、公用車として2000万円超えのセンチュリーを使用していることについても批判されている。この批判に対して、田村議長は「以前から議長の乗る公用車はセンチュリーだった」と述べた。詳しくみる ⇒参照元: 埼玉県議会自由民主党議員団

虐待防止条例の一部改正案撤回 埼玉県

虐待防止条例の一部改正案撤回 埼玉県https://nikkansports.com虐待防止条例の一部改正案が撤回された理由は何か?

説明不足による県民との乖離

埼玉県自民党県議団の田村琢実団長は、虐待防止条例の一部改正案が県民に不安と心配を与え、理解を得られなかったため撤回したと説明しました。埼玉県大野知事は、撤回を歓迎し、県民から1000件以上の反対意見が寄せられていたことを明らかにしました。また、自民党県議団からは虐待の現状について説明を求められたのみで、条例案の内容については県の執行部から説明がなかったと述べました。一方、埼玉弁護士会の尾崎康会長は、改正案が規制の対象を広げすぎており、埼玉での子育てをやりにくくするものであったと指摘しました。尾崎会長は、虐待防止のためとはいえ人の自由を制限するには慎重な検討が必要であり、丁寧な聞き取り調査や実態の把握、検証や議論が必要だと強調しました。詳しくみる ⇒参照元: 埼玉県議会「子ども放置禁止」条例の波紋 留守番は虐待?反対意...

埼玉県自民党が「虐待禁止条例」改正案を可決

埼玉県自民党が「虐待禁止条例」改正案を可決https://jcp.or.jp埼玉県自民党の議員が主導した「虐待禁止条例」の改正案の意図は何ですか?

育児者の負荷軽減

埼玉県自民党が提出した「虐待禁止条例」改正案は、育児者の負荷を軽減し、育児放棄の認識を高めることを目的としています。しかし、自民党内や国会議員からは反対の声も上がっています。この改正案は委員会で可決されましたが、反対派からは県民の理解が得られていないとの批判があります。詳しくみる ⇒参照元: 埼玉県議会自由民主党議員団

改正案に反対の嵐、埼玉県の子ども見守り条例

改正案に反対の嵐、埼玉県の子ども見守り条例https://nhk.or.jp改正案に対する埼玉県の保護者やPTA協議会の意見は?

反対意見が圧倒的

埼玉県が改正した条例案に対して、保護者やPTA協議会から強い反対意見が寄せられている。保護者からは、「やむを得ず留守番する時間が必要」「子どもの安全が心配」などの意見が多数寄せられた。また、PTA協議会も「保護者の大多数が条例違反に該当する」として改正案に反対し、オンライン署名活動では2万5000人以上の署名が集まっている。改正案は、子どもの安全を守ることを目的としているが、保護者やPTA協議会は、条例案が子どもの自由を奪い、子育ての責任を親に押し付けるものだと懸念している。詳しくみる ⇒参照元: 埼玉県議会「子ども放置禁止」条例の波紋 留守番は虐待?反対意...

埼玉県自民党議員団条例案の懸念点

埼玉県自民党議員団条例案の懸念点https://newsdig.ismcdn.jp埼玉県の自由民主党議員団が推進する条例案の懸念点は?

性自認の悪用

埼玉県議会自由民主党議員団が推進する条例案は性的少数者への理解増進を図るものではあるが、性自認の悪用が懸念されている。自民党本部や県民からも批判の声が上がっており、条例案は2022年7月7日に可決されたものの、性犯罪の温床となる可能性が否定できないと議員団幹部は答えている。詳しくみる ⇒参照元: 埼玉県議会自由民主党議員団