Academic Box Logo

今治造船一族が支える瀬戸内の造船業界の存亡

今治造船一族が支える瀬戸内の造船業界の存亡

こんにちは、ライターのLauraです。瀬戸内海の造船業界の歴史と現在の状況について、今治造船一族の視点からご紹介します。

今治造船のルーツと檜垣家

今治造船のルーツと檜垣家https://imazo.co.jp檜垣家が「海賊の末裔」と呼ばれるのはなぜ?

村上水軍の家臣団がルーツ

檜垣家は瀬戸内海を支配していた村上水軍の家臣団がルーツで、今治造船の創業者である檜垣為治が1901年に檜垣造船所を創業した。太平洋戦争中に合併した6つの造船所が今治造船となり、戦後は一時休業に追い込まれたが、檜垣正一が資本金を投じて古巣に戻り、社長に就任した。檜垣家が今治造船のオーナーとなったのはこの時だ。1980年代には大手造船会社と競争し、生産能力は3分の1程度だったが、瀬戸内海に数多くある独立系の造船所の一つに過ぎなかった。詳しくみる ⇒参照元: 日本の造船業界、存亡の危機…“地方の独立系”今治造船 ...

オーナー造船会社の重責

オーナー造船会社の重責https://higaki.co.jpオーナー造船会社とサラリーマンの会社の経営における違いは何ですか?

責任の大きさ

今治造船の創業者である檜垣俊幸氏は、オーナー造船会社である同社と、サラリーマンが経営する造船専業部門との経営における違いを指摘しています。檜垣氏によれば、サラリーマンの会社は造船業が不況になった場合に会社を離れれば済むが、オーナー造船会社はそうはいかないとのことです。オーナー造船会社は、雇用や資材調達、地域経済に責任を負っており、経営不振時には経営者自身が責任を負う必要があるのです。詳しくみる ⇒参照元: 「造船王国」崩壊 存在感ます今治造船

檜垣一族:海賊の末裔が築いた造船王国

檜垣一族:海賊の末裔が築いた造船王国https://image.hldy-cdn.com檜垣一族の総数はどのくらいか?

100人

今治造船を創業した檜垣家は、村上水軍の末裔とされ「海賊の末裔」と呼ばれている。一族にはグループ会社や関連会社、取引先も含めて約100人が所属している。また、愛媛県にはかつて井川家の大王製紙もあったが、現在は経営の一線から退いている。詳しくみる ⇒参照元: 日本の造船業界、存亡の危機…“地方の独立系”今治 ...

今治造船の現在とJMUの苦境

今治造船の現在とJMUの苦境https://imabaritowel.jp今治造船の現在の社長は?

幸人

今治造船は非上場の造船会社で、現在の社長は幸人。彼は中興の祖と呼ばれる俊幸の長男で、慶應大学卒業後、三井物産を経て今治造船に入社した。2005年に社長に就任。JMUは大型LNG運搬船の建造で巨額の工事損失引当金を計上し、赤字経営が続いていた。2019年3月期決算では黒字に転換したが、利益剰余金は赤字となっている。2020年3月期は360億円の赤字見込み。詳しくみる ⇒参照元: 日本の造船業界、存亡の危機…“地方の独立系”今治造船 ...

造船業の革新者: 今治造船グループ

造船業の革新者: 今治造船グループhttps://s.response.jp今治造船グループがユニークである理由とは?

造船業と船主業の両方を営んでいる

今治造船グループは、他の造船会社とは異なるユニークなビジネスモデルを採用している。造船業だけでなく、船主業も傘下にもつ正栄汽船を通じて行っている。正栄汽船は、今治造船グループが建造した船を所有し、大手運航会社に用船している。この船主業においては、日本一と称される規模を誇り、愛媛地区の中堅船主群を育成・支援してきた。詳しくみる ⇒参照元: JMUを飲み込む今治造船って、どんな会社? 実は。

造船業界再編の幕開け

造船業界再編の幕開けhttps://pds.exblog.jp今治造船とJMUの提携の目的は?

JMUの救済

造船業界の国内1位と2位である今治造船とJMUが提携した。この提携は、巨額の赤字を出しているJMUを、黒字経営が続く今治造船が事実上救済する目的がある。JMUの出資企業であるIHIは造船から手を引き、航空機エンジンに経営資源を集中させているため、JMUの株式を売却する可能性がある。この提携により、国内造船業界で再編が始まるとの見方もある。また、瀬戸内地方の造船企業もこの提携に加わる可能性があり、そうなれば全国規模の造船会社が誕生することになる。詳しくみる ⇒参照元: 『歴史を引き継ぐ瀬戸内造船一族=今治造船-③』 : 貿易とも...

造船大手、今治とJMU提携 3位株主へ

造船大手、今治とJMU提携 3位株主へhttps://images.newswitch.jp提携後、大株主の持ち株比率が低下するのはどこの会社ですか?

JFEホールディングス、IHI

日本の造船業界で首位と2位の今治造船とジャパン マリンユナイテッドが資本業務提携を発表。今治造船はJMUの30%出資の大株主となり、現在約46%ずつ出資するJFEホールディングスとIHIの持ち株比率はそれぞれ約32%に低下します。この提携により、LNG以外の商船の営業・設計を担う日本シップヤードが設立され、国内造船業界の大型再編が加速する見込みです。詳しくみる ⇒参照元: 日本の造船業界、存亡の危機…“地方の独立系”今治 ...

今治造船の持続可能性を支えるビジネスモデル

今治造船の持続可能性を支えるビジネスモデルhttps://yano.co.jp今治造船が造船不況でも持続性を保つ理由は?

船主の存在

今治造船の持続可能性の要因として、今治周辺に集中する船主の存在が挙げられる。船主は海運会社に大型船舶を貸し出す用船ビジネスを行っており、今治には日本最大の船主である正栄汽船や東慶海運などがある。造船不況時に正栄汽船が今治造船に発注し、稼働率を維持することで、今治造船の持続性が保たれている。さらに、地元銀行がこうしたリスクを取るビジネスモデルを支援しており、今治造船の安定した経営に貢献している。詳しくみる ⇒参照元: 「造船王国」崩壊 存在感ます今治造船

今治造船、JMUに出資

今治造船、JMUに出資https://biz-journal.jpJMUの誕生のきっかけは?

造船会社の合併

今治造船は、経営不振に陥ったJMUを救済するため、JMUに出資しました。JMUは、日立造船とユニバーサル造船が合併して誕生し、その後、IHIとアイ・エイ・アイマリンユナイテッドも加わりました。今治造船は当初、2020年10月にJMUに出資する予定でしたが、海外の独禁当局の審査が遅れ、2021年1月に350億円の増資を実施しました。増資後の議決権ベースの出資比率は、今治造船が30%、JFEHDとIHIがそれぞれ35%となり、日立造船は保有株をJFEHDとIHIに譲渡しました。詳しくみる ⇒参照元: 日本、造船業も中韓勢に敗北、存亡の危機…一地方造船所だった ...

今治造船の躍進:大手重工系を凌ぐ積極戦略

今治造船の躍進:大手重工系を凌ぐ積極戦略https://sankei.com大手重工系の三菱重工業や三井造船を凌ぐ今治造船が近年どのような戦略をとってきたのか

積極路線

かつては大手重工系が独占していた造船業界において、今治造船はオーナー系として台頭し、大手重工系を抑えてトップに躍り出ました。積極的な戦略をとってきた今治造船は、三井造船系の南日本造船を買収し、世界最大級のコンテナ船を建造する新ドックを完成させました。また、三菱重工業から設計技術供与を受けていた業務提携も解消し、自社の技術力を向上させています。その結果、世界的なシェアと知名度で大手重工系を凌ぎ、日本の造船業の盟主の座を確立しました。詳しくみる ⇒参照元: 「造船王国」崩壊 存在感ます今治造船

JMUの誕生と造船不況の象徴

JMUの誕生と造船不況の象徴https://kotoheihei.work造船不況の象徴と言われる「事件」とは何か?

ユニバーサル造船とアイ・エイチ・アイマリンユナイテッドの統合

1995年に石川島播磨重工業と住友重機械工業の艦艇部門が統合してJMUが設立された。2002年には石播の海洋船舶部門も統合。同年、日本鋼管と日立造船の船舶部門が統合してユニバーサル造船が誕生。2013年1月、ユニバーサル造船がアイ・エイチ・アイマリンユナイテッドを吸収合併して現在のJMUが誕生した。この統合が造船不況の象徴的な「事件」とされている。詳しくみる ⇒参照元: 日本の造船業界、存亡の危機…“地方の独立系”今治 ...

造船業界再編進む

造船業界再編進むhttps://biz-journal.jp日本企業の造船業界で最近行われた統合とは?

今治造船とJMU

日本造船業界は、中韓勢の価格攻勢により受注競争に敗れ事業規模の縮小を余儀なくされている。三菱重工業や三井E&Sホールディングスなどの国内勢が事業規模を縮小する一方、国内シェア50%を握る今治造船とJMUが統合し、国内最大規模の造船企業が誕生した。この統合は、非上場の独立系企業である今治造船と上場企業の造船部門であるJMUが手を組んだことで注目されている。統合後の国内シェアは50%となるが、世界シェアはわずか10%にとどまっている。詳しくみる ⇒参照元: 日本、造船業も中韓勢に敗北、存亡の危機…一地方造船所だった ...

今治造船の躍進の軌跡

今治造船の躍進の軌跡https://imabaritowel.jp中興の祖と呼ばれる今治造船の元社長は誰ですか?

俊幸

瀬戸内の造船所だった今治造船は、造船不況を乗り越えて大手造船会社になった。その礎を築いたのは俊幸社長で、現在はグループ社主を務めている。今治造船は非上場のため財務情報は非公開だが、官報に掲載される決算公告から情報を得ることができる。詳しくみる ⇒参照元: 『歴史を引き継ぐ瀬戸内造船一族=今治造船-③』 : 貿易とも...

今治造船の躍進の秘密

今治造船の躍進の秘密https://biz-journal.jp今治造船が大手造船会社を傘下に収めて規模を拡大できた理由は?

非上場のワンマン経営

今治造船は1980年代に地場系造船所の一つに過ぎなかったが、大手造船会社の造船不況によるドック削減や新事業へのシフトを機に、経営不振の造船会社を次々と傘下に収めて規模を拡大した。この積極的な経営ができたのは、株主や株価に左右されない非上場のワンマン経営だったからである。今治造船は非上場のため財務情報は開示していないが、官報に掲載される決算公告が唯一の資料となっている。2020年3月期決算では、売上高が3%減の3806億円、最終損益が116億円の赤字に転落した。しかし、M&A攻勢はとどまることを知らず、今度はJMUをターゲットとしている。今治造船がJMUを傘下に収めれば、名実ともにトップの座を窺うことになる。詳しくみる ⇒参照元: 日本、造船業も中韓勢に敗北、存亡の危機…一地方造船所だった ...

JMUの主要拠点と造船業界の課題

JMUの主要拠点と造船業界の課題https://barijob.jp今治造船とJMUの主要拠点は?

有明事業所、呉事業所、津事業所

日本最大の造船会社であるJMUは、造船所を3カ所保有している。有明事業所は大型石油タンカーの建造、呉事業所はコンテナ船の建造、津事業所はばら積み船の建造を主力としている。JMUは増資資金を活用して、生産効率を向上させるために溶接ロボットやクレーンを導入する予定。国内で50%のシェアを握るJMUだが、世界シェアは10%にとどまっている。今治造船とJMUの共同出資会社である日本シップヤードは課題を抱えている。詳しくみる ⇒参照元: 日本、造船業も中韓勢に敗北、存亡の危機…一地方造船所だった ...