Academic Box Logo

疫病神が科学と交差する時:フォークロアにおける疫病とウイルスの探求

疫病神が科学と交差する時:フォークロアにおける疫病とウイルスの探求

皆さん、ライターのYUKOです。本日は、疫病神と科学の交錯、そしてフォークロアにおける疫病とウイルスの探求についてお話しします。

疫病神から身を守るための日本の風習

疫病神から身を守るための日本の風習https://tokyo-metanoia.cocolog-nifty.com疫病神に対して日本人はどのように対処してきたか

まじないや風習

日本各地で、疫病神の侵入を防ぐためにさまざまな風習が行われてきた。赤い紙に子供の 手形を捺して門口に貼ったり、地蔵堂の絵馬を家に吊るしたり、農家の軒下にまじないの袋を吊るしたりしてきた。 こうした風習は、疫病神が境界を越えて家に侵入することを防ぐことを目的としている。愛媛県西条市では、は しかが治ったら便所の神様に供物をし、はしかにかかった証人になってもらうという風習もある。詳しくみる ⇒参照元: 疫病神とウイルス 科学のフォークロア①

目に見えない疫病神: 感染症と民俗信仰

目に見えない疫病神: 感染症と民俗信仰https://nature-and-science.jp感染症を引き起こすウイルスを、民俗社会ではどのように捉えてきたか?

目に見えないもの

民俗社会では、感染症を引き起こすウイルスは目に見えないものとして捉えられてきた。それは、ウイルスの視覚化された絵姿が少なく、疫病神が「妖怪」のように具体化されなかったことと関係している。また、ウイルスは生物と無生物の境界的な存在とされ、疫病神も「神」「妖怪」「人間」いずれにも属さない境界的な存在と見なされてきた。このことは、ウイルスと疫病神がどちらも共同体にとって招かれざる来訪者であり、霊的な存在として捉えられてきたことを示唆している。詳しくみる ⇒参照元: 疫病神とウイルス 科学のフォークロア①

疫病神退散の民俗

疫病神退散の民俗https://chibanippo.co.jp疫病神を退けるための行事の主な時期は?

事八日

疫病神は外部から侵入すると考えられており、それを退けるために年中行事が行われてきた。特に2月8日と12月8日の「事八日」には、疫病神を忌避し、排除するための行事が各地で行われてきた。関東地方を中心に、目籠や大草鞋、ニンニク味噌やネギを使用して、疫病神を退ける風習がある。これらの行事は、疫病の流行を待たずに時期を決めて行われ、疫病の記憶を年中行事で刻む意味合いもあった。詳しくみる ⇒参照元: 疫病神とウイルス 科学のフォークロア①

以上が、フォークロアにおける疫病とウイルスの探求に関する記事でした