Academic Box Logo

「望まれぬ花嫁は一途に」第14話: 止まらぬ愛の行方と切ないネタバレ

「望まれぬ花嫁は一途に」第14話: 止まらぬ愛の行方と切ないネタバレ

ライターのLauraです。今回は、「望まれぬ花嫁は一途に」第14話のあらすじやネタバレをご紹介します。

望まれぬ花嫁の想いと涙

ティナが夜空に思い浮かべた少年の姿は誰?

キース

ティナはキースから無理矢理抱かれた後、高熱を出し、塞ぎ込みます。

夜空を見上げると、いつも笑いかけてくれていたキースの姿を思い出します。

キースは、ティナが幼い頃に出会った少年で、ティナが皇太子と婚約したことを知って落胆し、姿を消していました。

ティナはキースを想いながら、涙を流します。

詳しくみる ⇒参照元: 14話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】

望まれぬ花嫁の政略結婚の真相

ティナーリアとキースの結婚は誰によって決まった?

バルディア国王

リデア国とバルディア国の戦争により、第3王女ティナーリアは皇太子キースと結婚することになった。

この結婚は両国から歓迎されず、キースはバルディア国王が決定したと考えていた。

しかし、側近のライオネルの従妹クリアーナは、王妃が関与しているのではないかと疑っていた。

ティナーリアが到着すると、キースや周りは彼女の美しさに息をのみ、淡々と挨拶を交わした後、挙式を挙げた。

初夜、キースはティナーリアの部屋に向かい、冷たい言葉を投げかけ、「よろしくするつもりはない」と告げた。

この言葉はクリアーナの作戦によるものだった。

詳しくみる ⇒参照元: 望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛すネタバレ全話!最終回の結末も...

王位争いの激化とティナとキースの関係

第二皇子の誕生で起こった王位争いの行く末は?

激化

第二皇子の誕生により、王位争いが激化。

キース派と第二皇子派の争いがエスカレートし、キースが襲撃される事態に。

キースを庇ったティナも負傷し、二人の関係に変化が訪れる。

クリアーナはキースをティナから奪おうと画策し、ライオネルを利用して二人を引き離そうとする。

詳しくみる ⇒参照元: 全話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】

ティナと皇太子の結ばれる時期はいつ?

皇太子とティナはいつ結ばれるのか?

不明

ティナは皇太子を一途に愛していますが、誤解やすれ違いが続き、結ばれる時期は不明です。

ティナは可哀想な状況ですが、読者からは早く幸せになって欲しいと願われています。

コミックシーモアでは現在、期間限定で1~2話が無料で読めます。

詳しくみる ⇒参照元: 『望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す』ネタバレ!小説の最終回や...

皇太子の想いの行方

ティナが作ったプレゼントは最終的にキースに渡った?

渡せなかった

ティナはキースにハンカチをプレゼントしようとするが、なかなか渡す機会が訪れない。

そんな中、王妃の妊娠が公表され、キースの立場が大きく揺らぎ始める。

キースは忙しさに追われ、ティナはタイミングを逃し、最終的にハンカチを渡すことができなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 全話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】

キースのティナへの想い

キースはティナに対してどのような感情を抱き始める?

嫉妬

ティナがジークフリードからダンスに誘われた際、ダンスが踊れない彼女が足を痛めたと誤魔化してお誘いを断ったところ、キースは思わず笑ってしまいます。

その後、ティナの王族らしくない振る舞いにキースは惹かれていき、ティナの美しさを褒める存在に対して嫉妬を感じるようになります。

また、キースはティナが幼い頃からリデア王妃に疎まれ、王族としての教育を受けていなかったことを知り、彼女の努力で完璧な作法を身に付けたことを誇りに思うようになります。

詳しくみる ⇒参照元: 全話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】

敵国の人質の花嫁の初恋と一途な愛

花嫁のティナーリアが、皇太子を想い続けるきっかけとなったのは?

幼い頃の思い出

自国リデアが敗戦したことで人質として敵国に送られたティナーリアは、皇太子の妻となった。

国民は彼女の美しさに魅了されたが、リデアの非道な行為を思い出し憎しみへと変わった。

しかし、ティナーリアは幼い頃に皇太子と出会い、彼が彼女に初めて笑いかけてくれたことを覚えていた。

そのため、彼女は使用人以下の扱いを受けていた王女時代から、一途に皇太子を想い続けていたのだ。

詳しくみる ⇒参照元: 望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す《フルカラー》(分冊版)

敵国の花嫁と皇太子の物語

ティナーリアが花嫁として送り出された理由は?

国同士の都合

敵対する国同士の都合により、ティナーリアは敵国に花嫁として送り出されることになりました。

ティナーリアを迎え入れる皇太子キースは、彼女に対して疑心暗鬼を抱いており、物語はティナーリアとキースの関係を中心に展開していきます。

詳しくみる ⇒参照元: 全話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】

望まれぬ花嫁の初恋

ティナーリアはなぜ皇太子を想っていたのか?

幼い頃の大切な思い出のため

ティナーリアはリデアの王女として生まれましたが、家族に疎まれ使用人以下の扱いを受けていました。

そんな彼女に初めて笑いかけてくれたのが皇太子キースファルトでした。

ティナーリアはキースファルトに一途に想いを寄せ続けていました。

しかし、キースファルトはティナーリアに「恋人がいる」と冷たく言い放ちます。

ティナーリアは望まれぬ花嫁ですが、キースファルトが幸せになってくれるならどんなことでもできると決意しています。

詳しくみる ⇒参照元: 望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す《フルカラー》(分冊版) 【...

ティナーリアの破れた夢

皇太子キースファルトは、妻であるティナーリアにどのような言葉をかけたのか

恋人がいる

人質として敵国に送られたティナーリアは、幼い頃に笑いかけてくれた皇太子キースファルトに再会する。

だが、夫となったキースファルトは冷たく「恋人がいる」と告げる。

ティナーリアは王女として疎まれ、使用人以下に扱われていた過去があり、キースファルトが自分を愛してくれる可能性を信じていた。

しかし、この言葉によって彼女の希望は打ち砕かれる。

詳しくみる ⇒参照元: 望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す《フルカラー》(分冊版)

ティナとキースの切ない恋

キースのティナに対する気持ちの変化は?

自覚する

ティナは、キースに乱暴に処女を奪われた。

しかし、キースはティナの処女の証を見つけ、誤解が解けた。

キースは、ティナを慕っていることに気付き、自覚した。

ティナは、キースを慕い続け、時間が巻き戻っても同じ選択をする。

リデアの姫であるティナは、誰からも信じてもらえないが、強く生きようとしている。

詳しくみる ⇒参照元: 14話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】

皇太子の冷酷な言葉

皇太子はティナ―リアに何を言い放ったか?

恋人がいる

敵国に送られた花嫁・ティナ―リアは、皇太子と出会い、一途に想い続ける。

しかし、皇太子であるキースファルトは、ティナ―リアに「恋人がいる」と冷たく言い放つ。

ティナ―リアは、幼少期にキースファルトから初めて笑顔をもらったことから、彼を慕っていた。

キースファルトの発言は、ティナ―リアに衝撃を与える。

なぜなら、ティナ―リアはキースファルトに恋をしていて、他の恋人はいないからだ。

キースファルトの言葉には、何か意図があるのだろうか。

あるいは、単なる誤解なのだろうか。

ティナ―リアは、キースファルトの真意を確かめようとする。

詳しくみる ⇒参照元: 望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す《フルカラー》(分冊版)

ティナの決死の作戦とキースの苦悩

捕らえられたティナをキースは信じてくれるのか?

不明

ディノア侯爵から設計図を取り戻すため、マリアの協力を得て忍び込んだティナだったが、見つかって捕らえられてしまった。

キースはティナを信じているものの、設計図を盗んだ理由がわからず憤っている。

ディノア将軍とクリアーナはティナを責めるが、ライオネルの発言がキースに引っ掛かる。

設計図を盗んだ真意が明らかになり、キースがティナを信じてくれるかどうかは不透明。

詳しくみる ⇒参照元: 全話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】

ティナーリアへの複雑な感情

皇太子はティナーリアに何を感じているのか分かりません

従兄弟からのキス

ティナーリアは院長の手配で生誕祭用のドレスを手に入れました。

当日、キースと共に向かう途中、キースは疲れから眠ってしまいました。

目が覚めると、キースはこの頃感じている変化について考えていましたが、ティナーリアに対する気持ちが分かりませんでした。

会場に到着すると、従兄弟のジークリードがキースたちを出迎え、ティナーリアの美しさに感嘆し、手の甲にキスをしました。

キースは、従兄弟のキスを見て心がざわついたのです。

生誕祭では、誰もがティナーリアの美しさに見惚れていましたが、その中でジークリードがティナーリアをダンスに誘いました。

詳しくみる ⇒参照元: 望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛すネタバレ全話!最終回の結末も...

身勝手な裏切りとティナの聡明さ

ディノア将軍の裏切りの理由は?

身勝手

ディノア将軍の裏切りの理由が明らかになり、その身勝手さに憤りを覚えた。

一方で、ティナは王都の危機にも関わらずキースを案じるなど聡明さと優しさを見せた。

キースもティナを疑ってしまったことに腹が立つが、それでもティナに慕われている様子が分かる。

バルディンの制圧も目前に迫り、ティナの運命が心配だ。

詳しくみる ⇒参照元: 14話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】