Academic Box Logo

持田製薬の新卒選考フローを徹底解説!志望動機の書き方や面接対策も

持田製薬の新卒選考フローを徹底解説!志望動機の書き方や面接対策も

ライターのYUKOです。今回は、持田製薬の新卒選考フローについて徹底解説します。

持田製薬の新卒採用情報

持田製薬の新卒採用情報https://mochida.co.jp持田製薬の新卒総合職の初任給はいくらですか?

22.3万円

持田製薬は東京都に本社を置く製薬企業で、新卒採用では総合職を募集しています。同社の初任給は22.3万円と、大卒初任給の平均を上回っています。詳しくみる ⇒参照元: 【持田製薬】新卒で就職するためには?採用フローや選考対策を徹...

持田製薬の志望動機

持田製薬の志望動機https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com製薬業界で就活する際、持田製薬を志望した理由は何ですか?

開発職志向が強かったため

製薬業界の開発職を希望していた求職者は、持田製薬を志望しました。持田製薬は中堅規模で、医療機器・医薬品メーカーとして知られています。他の企業と比較して、持田製薬が志望度が高かった理由は明記されていません。詳しくみる ⇒参照元: 持田製薬の志望動機と選考の感想

医薬品研究職の専門分野

医薬品研究職の専門分野https://mochida.co.jpどのような医薬品開発に特化していますか?

核酸医薬と細胞医薬

持田製薬の研究職(医薬品)では、核酸医薬と細胞医薬に特化した新薬開発を行っています。核酸医薬では、独自のアイデアに基づき開発プロジェクトを立ち上げ、目標とする開発分子を創出します。また、細胞医薬では、非臨床薬理・動態や製造プロセス、品質評価の研究を担当します。これらの革新的な医薬品の開発により、未充足の医療ニーズを解決することを目指しています。研究職は、御殿場事業所(総合研究所)または藤枝事業所(製剤研究所)に勤務し、フレックスタイム制が導入されています。詳しくみる ⇒参照元: 新卒採用募集要項<正社員>

持田製薬:定着率の高い職場環境

持田製薬:定着率の高い職場環境https://t-cw.co.jp持田製薬の従業員は、業界平均と比較して長く勤めているのはなぜですか?

定着率の高さ

持田製薬は業界平均よりも長く働き続ける従業員が多い定着率の高い職場です。また、業界平均的な有給休暇の取得日数となっており、従業員のワークライフバランスが考慮されています。この定着率の高さは、従業員が長期的に会社に貢献し、キャリアを積むことができる環境があることがうかがえます。詳しくみる ⇒参照元: 【持田製薬】新卒で就職するためには?採用フローや選考対策を徹...

いかがでしたか? 他の記事も ぜひご覧ください ↓↓