Academic Box Logo

入社式を成功に導く完璧な司会台本: 作成のヒントと注意点を解説

入社式を成功に導く完璧な司会台本: 作成のヒントと注意点を解説

ライターのYUKOです。入社式の成功に欠かせない、効果的な司会台本の作成方法について解説します。

入社式司会進行の心得

入社式で司会進行を担当することになったら、何があれば安心か?

きちんとした台本

入社式における司会進行はプレッシャーが大きい役割。

このプレッシャーを軽減するには、きちんとした台本を作成することが重要。

台本があれば、入念な準備をすることができ、当日に落ち着いて司会進行を務めることができる。

台本には、式の流れ、各挨拶やスピーチの担当者、時間配分などの情報を盛り込む。

事前の準備をしっかりすることで、当日スムーズに司会進行をこなすことができる。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式の司会進行のデキは台本次第!書き方の注意点やポイントは...

入社式司会進行の要点

入社式で司会を行う際の重要な目的は何ですか?

社員理解の促進

入社式では、社長の挨拶や辞令交付、新入社員の決意表明を通じて、以下の重要な目的が達成されます。

- 会社への理解促進n- 社会人としての自覚醸成n- 新入社員間の絆強化n- 先輩社員のモチベーション向上nnこれらの目的を達成するために、司会者は社長や挨拶する役員と綿密な打ち合わせを行い、入社式を円滑かつ効果的に進行する必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式の司会進行の台本 注意点と例

新入社員のための入社式準備ガイド

新入社員の入社式が重視される理由は何ですか?

社会人としての自覚を芽生えさせるため

入社式は新入社員を迎え入れ、社会人としての自覚を促す重要な行事です。

企業理念の浸透、新入社員間の交流促進も目的としています。

入社式では、社長の挨拶、先輩の祝辞、辞令交付、記念品の贈呈などが行われます。

オンライン開催も検討されています。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式の式次第・横断幕など、会社側の準備まとめ。オンライン入...

入社式が新入社員に与える効果

入社式で新入社員が持つようになる感情は何か?

誇り

入社式は新入社員が会社の一員として迎えられる大切な儀式です。

自己紹介、役員の挨拶、社歌の斉唱などを通じて、新入社員は会社に対する理解を深め、帰属意識を醸成します。

また、これらのプログラムを通して、新入社員は会社の一員としての誇りを持つようになります。

この誇りは、新入社員が安心して新たな職場生活を始められるよう支えるだけでなく、会社との一体感を生み出す大切な要素となります。

詳しくみる ⇒参照元: 【人事必見!】新入社員を迎える「入社式の台本」作成ガイド

入社式の式次第の作成方法

入社式で用意する式次第に必ず記載すべき項目は何ですか?

基本項目6つ

入社式の式次第に記載する項目は会社によって異なる。

ただし、基本項目として以下6つが挙げられる。

1. 会式の辞n2. 社長挨拶n3. 辞令交付n4. 社員祝辞n5. 新入社員答辞(決意表明)n6. 閉式の辞nnこれら6つの項目は、入社式の進行を円滑にするために必要とされ、参加者への入社式の流れの伝達にも役立つ。

自社の規模や業種、開催方法に応じて、必要に応じて項目を追加したり調整したりすることができる。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式の式次第とは?作り方やテンプレートも解説

入社式準備のポイント

入社式はいつ行うのが一般的?

新年度初日

入社式は、新年度の初日(4月1日など)に土日祝日を除いて行われることが多い。

特にホテルなど社外の会場を利用する場合には、日程が迫ってからでは会場が確保できなくなる可能性があるため、ゆとりを持って手配することが重要。

また、式次第の企画立案、案内状の作成・送付、入社記念品の選定・手配など、入社式にはさまざまな準備が必要となる。

特に、地方からの参加者への対応として、航空券や宿泊先の手配が必要になる場合もある。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式とは?【人事必見】近年増えているオンラインでの実施方法...

入社式の式次第と司会進行

入社式の進行には何が必要ですか?

式の規模

入社式の進行は、新入社員の数、保護者や来賓の出席有無など、式の規模によって異なります。

司会は厳粛な雰囲気を保ち、落ち着いて進行することが大切です。

式次第には、日付、会場、式名などの情報が記載されます。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式の式次第と司会進行

入社式のスケジュールと特徴

ユニークなベンチャー企業の入社式では、どのようなことが行われることがあるか

社章授与

ベンチャー企業の入社式は、一般的な企業と異なり、ユニークな内容で行われることが多く、結束を深めるために社章が配布されたり、豪勢な料理が振る舞われたり、ランチ交流会が開催されたりする。

また、合同入社式では、社会人基礎力に関する研修や顧客応対時のマナー、ビジネス電話のかけ方などの実技研修が行われる。

入社式は毎年4月1日に行われ、内定式とは別の式典であることに注意が必要である。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式の流れを解説!タイムスケジュールや事前にやるべきことも...

入社式進行

歓迎の言葉は誰が行う?

先輩社員

入社式における主な進行内容として、辞令交付、新入社員の決意表明、来賓や先輩社員による祝辞などが挙げられます。

祝辞では、新入社員を代表して先輩社員が歓迎の言葉を述べます。

また、閉会の辞の後には、新入社員への連絡事項が伝えられます。

大規模な企業では、社長の訓示後に役員の紹介と挨拶が行われる場合もあります。

入社式では、慣例により順番が多少前後する場合があります。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式の司会進行の台本 注意点と例

オンライン入社式のトラブル対策と効果的な準備

入社式でトラブルが発生した際、慌てずに済む対策は?

連絡先と社内対応方法の事前決定

入社式当日にトラブルが発生した際の対応として、連絡先と社内での対応方法を事前に決めておくことで、冷静に対処できます。

オンライン入社式では、直接顔を合わせられないため、コミュニケーションが少なくなりがちです。

配信ツールのコメントやリアクション機能を活用し、参加者が画面を眺めているだけにならないようにしましょう。

また、毎年開催されるイベントでも、その年の目的を明確にして、プログラムや準備に工夫を凝らすことが重要です。

オンラインでもリアルでも、新入社員を第一に考えた準備が不可欠です。

MeetUは、リアルタイムのコメントや投票機能で一体感を生み出す配信ツールです。

SVCではMeetUの利用相談だけでなく、他の配信ツールやリアルイベントの相談も受け付けています。

詳しくみる ⇒参照元: 人事担当者必見!入社式の定番プログラムとその準備 │ 双方向...

入社式挨拶のマナーと内容

新入社員挨拶で感謝と意欲の他に簡潔に話す内容は何か

心構え

入社式では企業によって挨拶の形式が異なる。

代表者のみが挨拶する場合と、新入社員全員が挨拶する場合がある。

いずれの場合も、一礼や姿勢正しく話すなどの基本的なマナーを守ることが重要。

挨拶の内容は感謝と意欲に加えて、心構えや企業理念を簡潔に述べるとよい。

入社式の一般的な流れとしては、開会宣言、代表挨拶、入社辞令交付、役員・部長紹介、新入社員挨拶、記念撮影、閉会宣言がある。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式の挨拶の基本とは?注意点と例文を確認

入社式挨拶の極意:姿勢、声のトーン、表情、敬語

入社式における挨拶で最も適した一礼の深さは?

最敬礼

入社式における挨拶では、新入社員らしい印象を与えるため、ハキハキと元気よく話すことが重要です。

また、表情を豊かにし、内容を相手に伝えるためには、あらかじめ準備をしたり、顔の筋肉を動かしたりするなどして、普段から準備しておくとよいでしょう。

挨拶の際には、マイクとの距離を拳2つ分空け、相手に伝わりやすいようにゆっくり、強弱をつけて話すことがポイントです。

挨拶の内容としては、敬語を正しく使用し、言葉遣いに注意することが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式の挨拶の基本とは?注意点と例文を確認

入社式:新入社員の意識と誇りを高めるための第一歩

入社式を設ける最大の目的は?

企業の一員意識と誇り醸成

入社式は、新入社員に企業の一員としての自覚と誇りを持たせるために開催される式典です。

企業は、新入社員が会社の一員として伸び伸びと活躍できるよう、入社式をきっかけに人材育成につなげていくことが重要です。

また、近年ではオンライン入社式が増加しており、企業はオンラインならではのメリットを活かしつつ、効果的な入社式の実施が求められています。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式とは?【人事必見】近年増えているオンラインでの実施方法...

入社式司会進行のポイント

入社式で司会進行を行う際に、事前に準備しておく重要な事項は何ですか?

役職紹介の順序とフルネーム

入社式の司会進行を行う際には、以下の点に注意することが重要です。

1. 役職紹介の順序とフルネームの確認:n役職紹介がある場合は、紹介順を把握し、関係者のフルネームを確認しておきます。

読み間違いがあると失礼になります。

2. 式次第の作成:n入社式の流れをプログラムのように記載した式次第を作成します。

これは自分用の資料として使用します。

3. 登壇・降壇のタイミングの確認:n社長挨拶や祝辞などの際に、登壇者・降壇者のタイミングを把握し、スムーズな進行を促します。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式の司会進行のデキは台本次第!書き方の注意点やポイントは...

入社式の式次第を工夫する

入社式の式次第で、読みやすくするための工夫として、どのようなことをすれば良いですか?

文字を大きくして太字にする

入社式の式次第は、配布して参加者に読んでもらうための書類なので、読みやすさが重要です。

読みやすくするための工夫として、文字サイズを大きくし、太字で書くとコントラストが強まり、遠くからでも見やすくなります。

また、レイアウトや装飾などを工夫して、必要な情報をわかりやすく記載することも大切です。

さらに、あらかじめタイムテーブルを記載しておくと、参加者は式次第の流れを把握しやすくなります。

ただし、時間を細かく区切りすぎると当日の調整がしにくくなるので、余裕を持った時間設定を心がけましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 入社式の式次第とは?作り方やテンプレートも解説