Academic Box Logo

青山フラワーマーケット社長の家族経営哲学が明かす、顧客重視の成功戦略

青山フラワーマーケット社長の家族経営哲学が明かす、顧客重視の成功戦略

ライターのYUKOです。青山フラワーマーケット社長の家族経営哲学と顧客重視の成功戦略についてご紹介します。

青山フラワーマーケットの「体験の提供」が成功の秘訣

青山フラワーマーケットの「体験の提供」が成功の秘訣https://prtimes.jpなぜ青山フラワーマーケットは「体験の提供」を追求し、実現できているのか?

顧客と花を隔てない空間づくり

青山フラワーマーケットは、「花のある生活を届けたい」という理念に基づき、顧客と花を隔てない空間づくりを追求してきた。この空間づくりによって、顧客は花の美しさや質感を直接体験でき、「ほしい」という気持ちが喚起される。また、店舗に長く置かないことで花の鮮度を保ち、顧客はいつでも新鮮な花を楽しむことができる。このような顧客とのつながりを重視した「体験の提供」が、青山フラワーマーケットの成功を支えている。詳しくみる ⇒参照元: 花のある"生活"を届けたい。青山フラワー...

顧客視点で花屋を革新する青山フラワーマーケット

顧客視点で花屋を革新する青山フラワーマーケットhttps://exp-d.com花屋に顧客の視点が欠けていたことが分かったきっかけは?

母親の死去

かつて、花は冠婚葬祭や特別な日に購入されるもので、普段使いには向かないとされていた。しかし、青山フラワーマーケットは、日々の生活で花を楽しむことを提唱し、その思想を現場に反映している。ブランドクリエイターの江原久司氏は、花屋は顧客の都合を考えずに運営していたと指摘。顧客と対面するのではなく、同じ目線で接することを重視し、配送用の箱を顧客が花を取り出しやすい大きさに改良した。この改良は、花屋視点の改善ではなく、顧客が花を受け取ったときの体験を考慮した結果生まれた。花屋の視点から顧客の視点へと転換することで、青山フラワーマーケットはより良い体験を提供し、花が枯れるまでの一連のプロセスすべての質を担保することを目指している。詳しくみる ⇒参照元: 花のある"生活"を届けたい。青山フラワー...

価値転換で成功した事例

価値転換で成功した事例https://img.rurubu.jpライフスタイルの価値転換の成功事例は何?

花のある暮らし

青山フラワーマーケットは、花を特別なシーンで購入するものという常識を覆し、気軽に花を買って楽しめる「花のある暮らし」というライフスタイルへの価値転換に成功。サクラクレパスは、懐かしいイメージのクレパスを基盤に、高級ボールペンの「SAKURA craft_lab」を立ち上げ、筆記具ブランドとしての価値転換を実現した。詳しくみる ⇒参照元: なぜ、ユニクロ、青山フラワーマーケットを手掛けたブランディン...

成長解決のブランディング:最強の黒子、シー・アイ・エーの秘訣

成長解決のブランディング:最強の黒子、シー・アイ・エーの秘訣https://president.ismcdn.jp「最強の黒子」と呼ばれる、ブランディング会社の強みは?

成長解決を提供するブランディング

シー・アイ・エー(CIA)は、ブランディングを単なる課題解決ではなく、「成長解決」と捉えている。Futurology BrandingとInnovation Prototypingの独自のメソッドを活用し、顧客体験価値の観点からブランドの未来像を描き、未来の顧客体験価値を創造するブランドのプラス成長を提案。最先端の知見を持つ専門家チームをすぐに編成できるため、あらゆるブランドを支援できる。詳しくみる ⇒参照元: なぜ、ユニクロ、青山フラワーマーケットを手掛けたブランディン...

ブランドを育てる秘訣

ブランドを育てる秘訣https://prtimes.jp事業拡大の秘訣は?

ゼロからブランドを育てる

井上英明氏は、ゼロからブランドを作り上げることに興味を抱いています。ブランド・インキュベーションではなく、ブランド・ブリーディング・カンパニーとして、新しい品種の花を生み出すように、掛け合わせによって新しいブランドを創造することを目指しています。このアプローチにより、青山フラワーマーケットを全国展開させ、グリーン専門店やトライアスロン関連事業など、新たな事業を成功させてきました。詳しくみる ⇒参照元: インタビュー・対談シリーズ「私の哲学」

花瓶の需要拡大:花のあるライフスタイルの浸透が背景

花瓶の需要拡大:花のあるライフスタイルの浸透が背景https://prtimes.jp花瓶の売上好調の理由は何ですか?

コロナで花のある生活の需要増加

青山フラワーマーケット南青山本店は、2階に「フラワーベースギャラリー」を新設し、約1,000種のフラワーベースをセレクトして販売しています。コロナ禍で花のある生活を始めた人の増加により、花瓶の売上は好調で、その後も前年比約140%と推移しています。同店では、花や緑に囲まれたライフスタイルを提案しており、業務用から自宅需要向けの花関連用品の開発も行ってきました。フラワーベースのディスプレイや季節に合わせたセレクトにより、花を飾る表現の幅が広がり、大ぶりな花や枝が飾れるEDAベースが好評です。詳しくみる ⇒参照元: 【青山フラワーマーケット】新設した花瓶専用フロアが140%成...