Academic Box Logo

辻仁成の母親が語る刺繍への情熱と、その息子に与えた影響

辻仁成の母親が語る刺繍への情熱と、その息子に与えた影響

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、辻仁成の母親が刺繍に傾けた情熱とその息子への影響についてご紹介します。

母が残した言葉が紡ぐ、人生のヒント

亡くなった後も生き続けるために、辻仁成の母親が息子に伝えた言葉は何ですか?

死ぬまで生きなさい。

作家・辻仁成氏は、30周年の記念に、Twitterで話題になった母親の言葉を集めたエッセイ『84歳の母さんがぼくに教えてくれた大事なこと』を出版しました。

母親の半生を振り返りながら、自身の視点で綴ったエッセイには、料理教室や刺繍教室で講師を務めた母親の人生訓が数多く盛り込まれています。

辻氏は、母親からかけられた「死ぬまで生きなさい」という言葉が印象に残っていると語っています。

これは、焦らずにゆっくりと、自分の人生を生き続けることの大切さを説いています。

辻氏は、この言葉を息子にも伝え、現代のクリエイターにはメディアを効果的に活用することが求められると述べています。

また、母親の刺繍作品集を出版したいという長年の思いを叶え、エッセイには刺繍の写真も掲載されています。

詳しくみる ⇒参照元: 辻仁成が語る、母の言葉が人生に与えた影響 「母親はいつも新し...

辻仁成の音楽と息子のビートボックス

ビートボックスをしている息子に辻さんはどのようなスタンスを取っている?

応援している

辻仁成の息子はロックではなくビートボックスをしており、パリの郊外イベントに出演している。

辻仁成は危ない地域での活動に心配しつつも、自分が好きなことをしてきたため、息子を止められないと考えている。

また、息子のビートボックスの腕前は向上しており、大きなイベントにも出演しているが、息子は音楽で生計を立てるのは難しいと考えており、大学進学と就職を志向している。

詳しくみる ⇒参照元: 辻仁成が語る、母の言葉が人生に与えた影響 「母親はいつも新し...