Academic Box Logo

セオドール・ミラーの華やかな経歴と家族の秘密: アンミカとの馴れ初めから驚きの年収まで

セオドール・ミラーの華やかな経歴と家族の秘密: アンミカとの馴れ初めから驚きの年収まで

ライターのYUKOです。セオドール・ミラーの経歴と家族の秘密について紹介します。

セオドール・ミラーのプロフィール

アンミカさんの夫セオドール・ミラーの国籍は?

アメリカ合衆国

セオドール・ミラーは、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク出身のアメリカ系のユダヤ人で、国籍はアメリカ合衆国です。

妻のアンミカさんは日本のファッションモデルです。

彼の父親はゼネコン大手社長、母親は画家だったとされています。

経歴や年収などの詳細については、この記事では触れられていません。

詳しくみる ⇒参照元: セオドールミラーの生年月日や国籍!身長や兄・経歴や年収まとめ

運命の出会いとゴルフ

アンミカとセオドール・ミラーさんの出会いのきっかけになった出来事は?

ゴルフコンペ

パリス・ヒルトンの出国禁止により、アンミカさんの夫であるセオドール・ミラーさんが番組にお詫びのゴルフコンペを開催。

そこでアンミカさんと出会い、ダジャレを言うチャーミングな人柄に惹かれたアンミカさんは、次第に運命の人だと感じるようになった。

その後、伊豆でゴルフを一緒に楽しみ、夫の腕前に惚れ直したと報告している。

詳しくみる ⇒参照元: アンミカの結婚した旦那はどんな人? 馴れ初めや夫婦生活に衝撃...

アンミカとセオドール・ミラーの馴れ初め

アンミカとセオドール・ミラーは、どのようにして出会ったのか?

ゴルフコンペ

アンミカとセオドール・ミラーは、テレビ番組の慰労会として行われたゴルフコンペで出会いました。

きっかけは、アンミカが出演する番組にゲスト出演する予定だったパリス・ヒルトンが来日できなくなったため、セオドールが開催したゴルフコンペにアンミカも招かれたことでした。

セオドールは初対面でアンミカに好意的なメッセージを伝え、アンミカは最初は悪印象を抱きましたが、ゴルフを通じてお互いの良さを知り、意気投合しました。

交際の決め手となったのは、ゴルフコンペの1ヶ月前にアンミカが訪れた「国際結婚の道しるべがまつられている神社」でのお告げでした。

詳しくみる ⇒参照元: 【何者?】アンミカの旦那はエンタメ会社のCEO&超ハイスペッ...

アンミカの超ハイスペックな旦那の秘密

アンミカさんの旦那の職業は?

実業家

アンミカさんの旦那であるセオドール・ミラーさんは、アメリカ出身の実業家です。

数々の日本の大企業でCEOを務めた経験があり、現在は世界を舞台に活躍しています。

愛妻家としても知られ、アンミカさんと「ハッピーカップルバースデー」をお祝いするなど、仲睦まじい夫婦関係を築いています。

詳しくみる ⇒参照元: 【何者?】アンミカの旦那はエンタメ会社のCEO&超ハイスペッ...

アンミカとセオドール・ミラーの交際期間

アンミカとセオドール・ミラーさんの交際期間は?

約2年弱

アンミカとセオドール・ミラーさんは、2010年から交際を開始し、約2年後に結婚しました。

アンミカさんは40歳、セオドールさんは39歳の時でした。

アンミカさんは以前、国際的なスパイと交際していたため、セオドールさんとの交際では慎重になっていたようです。

2人は現在、10年以上幸せな結婚生活を送っています。

詳しくみる ⇒参照元: 【何者?】アンミカの旦那はエンタメ会社のCEO&超ハイスペッ...

異文化体験からキャリアを築いたセオドール・ミラー

セオドール・ミラーは日本で最初に就職したのはどこ?

電通

セオドール・ミラーは、日本の文化に興味を持ちホームステイと交換留学を経て、日本で暮らすことを決意しました。

大学卒業後は、日本最大手の広告代理店である電通に入社し、営業部門に配属されました。

彼の英語力を活かして海外案件をサポートする仕事も担当し、パソコンメーカーのゲートウェイの日本進出を成功させたことで、同社のマーケティング部門の責任者にヘッドハンティングされました。

その後、ライブドアの代表に就任し、インターネットサービスプロバイダーの売上を4年で10倍に伸ばしました。

詳しくみる ⇒参照元: セオドール・ミラーは家族もスゴい!嫁アンミカとの馴れ初めと華...

日本の高級時計ブランド、グランドセイコーの魅力

日本の高級時計ブランドの代表的なものとして知られているのは?

グランドセイコー

日本生まれの高級時計ブランドとして、グランドセイコーは高い技術力と品質で知られています。

長年日本に在住するセオドール・ミラー氏は、グランドセイコーのスポーツコレクション「SBGC223」を愛用しています。

その特徴的なブライトチタンとセラミックスの組み合わせや、大ぶりでありながらバランスの取れたデザインを高く評価しています。

グランドセイコーは、スイス製時計が主流の高級時計市場において、メイド・イン・ジャパンの時計ブランドとして世界に挑戦しています。

詳しくみる ⇒参照元: 「とことん"ケア"するのが日本文化の本質...