Academic Box Logo

宝塚歌劇団を揺るがす「文春砲」の衝撃: 宙組の暗部から礼真琴の危機まで

宝塚歌劇団を揺るがす「文春砲」の衝撃: 宙組の暗部から礼真琴の危機まで

ライターのAnnaです。宝塚歌劇団を揺るがす「文春砲」の衝撃について、宙組の暗部から礼真琴の危機までを調査します。

宝塚歌劇団転落死:不備だらけの調査報告書が招いた悪循環

宝塚歌劇団転落死:不備だらけの調査報告書が招いた悪循環https://matome2303.fc2.page劇団側の内部告発が止まらない原因は?

調査報告書の不備

宝塚歌劇団の団員転落死後、遺族の訴えにより長時間労働とパワハラが内部告発された。劇団側は会見で長時間労働のみ認め、いじめ・パワハラはなかったとしたが、その後の調査報告書は不備だらけで遺族や外部から批判を受けた。報告書には医療専門家がチームメンバーに含まれず、否定的な言葉遣いや無神経な表現が目立ち、事実認定や遺族への配慮が欠如していた。この不備だらけの調査報告書が、内部告発のさらなる続発や事態の悪化につながった。詳しくみる ⇒参照元: 内部告発が止まらない宝塚歌劇団 傷口を広げたのは血も涙もない...

宝塚歌劇団の内部告発

宝塚歌劇団の内部告発https://stat.ameba.jp宝塚歌劇団の生徒による内部告発は、誰の指示で行われたものですか?

自発的

週刊文春の記事によると、宙組生徒の突然の死後、編集部に内部告発が相次いだ。告発者らは、彼女の死を招いた「魔物」の正体を暴こうとしているという。宝塚歌劇団では外部への情報漏えいは厳しく取り締まられるため、現在誰が情報を漏らしたか調査が行われている可能性がある。詳しくみる ⇒参照元: 【宙組】文春砲第二弾|『Pagad』公演再開を望めるのでしょ...

宝塚歌劇団宙組イジメで有愛きい自殺

宝塚歌劇団宙組イジメで有愛きい自殺https://cdn.statically.io宙組で有愛きいさんの自殺を引き起こしたイジメを行った4人の上級生は誰ですか?

松風輝、芹香斗亜、花菱りず、優希しおん

宙組の有愛きいさんの自殺は、劇団のイジメや隠ぺい体質が原因とされています。週刊文春によると、有愛さんは4人の上級生から集団リンチのように毎日厳しい叱責を受けており、泣きながら謝り続けていたとされています。この4人とは、組長の松風輝、男役トップでPAGAD主演の芹香斗亜、娘役花菱りず、男役優希しおんです。有愛さんは新人公演のリーダーとして板挟みになりながらも稽古に励んでいましたが、PAGAD初日公演の日には、通し稽古で下級生のミスを散々詰められ、その後もリーダーとして下級生を集めて改善するための話し合いをし、新人公演のヒロインに優しく丁寧に指導していました。しかし、このような努力にもかかわらず、有愛さんは未来を奪われてしまいました。この事件は下級生にも大きなショックを与え、この日有愛さんはいつもとは明らかに違うやつれた表情だったことが証言されています。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚宙組いじめが生き地獄「隠ぺい劇団は主犯のミカタ」文春砲

宝塚歌劇団イジメ疑惑の全貌

宝塚歌劇団イジメ疑惑の全貌https://biz-s.jp宝塚歌劇団の上級生は、誰をターゲットにイジメをしていたと考えられるか?

天彩峰里と有愛きい

宝塚歌劇団の上級生は、天彩峰里に対して芹香斗亜が有愛きいへの髪型指導を指示していたことから、天彩峰里と有愛きいの両方をターゲットにイジメをしていた可能性が浮上。また、有愛きいの死去当日の公演について、劇団が組子に「命に別条はありませんでした」と虚偽の報告をしていたことが明らかになった。組子は、有愛きいの不在を心配していたという。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚宙組いじめが生き地獄「隠ぺい劇団は主犯のミカタ」文春砲

宝塚歌劇団の闇: 上級生による罵倒と不適切な対応

宝塚歌劇団の闇: 上級生による罵倒と不適切な対応https://biz-s.jp上級生による罵倒が公演中の出番直前まであったとありますが、なぜプロデューサーは状況を知らなかったのでしょうか?

上層部にも相談があったため、プロデューサーは状況を認識していたはず

元宝塚歌劇団生徒の自殺問題で、亡くなった生徒は上級生から罵倒を受け、公演中にも続いていたことが判明。理事長はプロデューサーにも相談していたと述べたが、プロデューサーが状況を知らなかったはずはなく、上層部にも相談があったという。10年前の同様の事件から教訓が得られず、宝塚歌劇団の対応が問題視されている。この事件は、政財界とのつながりにより、宝塚歌劇団が反省や改善を怠ってきた結果と考えられている。詳しくみる ⇒参照元: 【宙組】文春砲第二弾|『Pagad』公演再開を望めるのでしょ...

宝塚歌劇団の対応

宝塚歌劇団の対応https://kageki.hankyu.co.jp宝塚歌劇団が報道に対して発信したメッセージの要点は?

調査チーム立ち上げと調査結果の公表

宝塚歌劇団は文春砲の報道を受け、外部弁護士による調査チームを立ち上げ、生徒の心情に配慮しながら関係者へのヒアリングを行っていることを発表しました。調査結果は適宜公表するとのことです。このメッセージは、報道内容を全否定するものではなく、調査の結果を待って対応する方針を示唆しています。ファンにとっては複雑な心境のまま、調査結果を待つことになりそうです。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚歌劇団「文春砲」に戦意喪失?もはや逃げ道はない悲壮感が漂...

宝塚のいじめ問題と劇団の対応

宝塚のいじめ問題と劇団の対応https://matomame.jp宝塚のいじめ被害者の相談は、劇団によって無視されていた?

はい

宝塚歌劇団内のいじめ問題が発覚し、宙組103期が極端に少ないのは、被害者を庇った同期が罵声を浴びて辞めたためとされています。また、亡くなった生徒は集団リンチのような目に遭い、劇団上層部に相談しましたが、取り合ってもらえませんでした。その絶望が生徒を追い詰めたとされています。劇団は当初いじめを「事実無根」としていましたが、調査の開始を機に「故意ではなかった」と認めました。また、記者会見も大阪芸能記者会の強い要請があったため開催され、そうでなければスルーしていた可能性があります。詳しくみる ⇒参照元: 【宙組】文春砲第二弾|『Pagad』公演再開を望めるのでしょ...

文春報道が促した礼真琴休演の真相

文春報道が促した礼真琴休演の真相https://theboyfromoz2022.jp礼真琴の休演の背景には何があったのか?

働かせすぎ

礼真琴の休演発表後、SNSでは「文春注意報」が出回り、文春の取材が活発に行われていた。文春の今回の記事は、礼真琴の擁護に回っており、過労が原因ではないかという内容が書かれていた。また、2幕から舞台に上がれなくなった時の様子が、関係者からの取材に基づいて詳しく書かれていた。このことから、文春の取材によって宝塚歌劇団が礼真琴の休演に関する情報を公表した可能性が高い。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚・礼真琴をどう守る?文春が動けば劇団が動く、文春が動かな...

宙組の危機:退団希望者数十人

宙組の危機:退団希望者数十人https://stat.ameba.jp宙組の退団希望者が数十人単位に上っているという情報はある?

ある

宝塚歌劇団・宙組で、数十人規模の退団希望者が出ていると報じられています。この事態は、宝塚歌劇団全体の危機として捉えられており、公演再開や今後の公演スケジュールに影響が出る可能性があります。この情報は、宝塚関係者からの証言として伝えられています。退団希望者が多数いる場合、宙組の存続が危ぶまれるだけでなく、他の公演にも影響が出る可能性があります。詳しくみる ⇒参照元: 【宙組】文春砲第二弾|『Pagad』公演再開を望めるのでしょ...

宙組公演中止の真相

宙組公演中止の真相https://daily.co.jp宙組公演中止が長期化しているのはなぜですか?

退団希望者と親の引き上げ希望が多いから

宝塚歌劇団が生徒の退団希望や親の引き上げ希望を抑えられず、宙組公演の中止が長期化している可能性がある。文春記事の報道を受けて、宝塚歌劇団が隠蔽を続けているとの批判が高まり、生徒やOGに対するマスコミの取材も禁じられている。しかし、退団希望者の増加や親の引き上げ希望が相次ぎ、宙組公演再開の目途が立たなくなっている。関係者によると、退団希望者や親の引き上げ希望が相次いだことで、舞台を成り立たせる人数が確保できなくなっているという。宝塚歌劇団は会見でいじめを否定しているが、報道内容との矛盾が指摘されており、誠実な対応を求める声が強まっている。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚宙組いじめが生き地獄「隠ぺい劇団は主犯のミカタ」文春砲

宝塚宙組いじめ隠ぺい事件:上級生の神経を疑う対応

宝塚宙組いじめ隠ぺい事件:上級生の神経を疑う対応https://stat.ameba.jp宝塚宙組のいじめ隠ぺいに関わった上級生たちの対応で、一番神経がヤバいと感じた言動は?

公演を再開させたい発言

宝塚宙組のいじめ事件で、天彩峰里による有愛きいへの日常的な虐待が報じられた。当時の組長やトップ俳優ら上級生は「イジメじゃないよね?」と有愛に圧力をかけ、話し合いの場では真風涼帆らがいじめを否定して有愛を全責任者とした。また、自殺後に芹香斗亜が「なんで、あんたが泣いてんの!」と有愛を罵倒。組織の体質に疑問を感じた同期2人も退団し、有愛の心はさらに病んでしまった。この事件では、いじめ隠ぺいだけでなく、上級生たちの有愛を追い詰めた言動も問題視されている。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚宙組いじめが生き地獄「隠ぺい劇団は主犯のミカタ」文春砲

宝塚歌劇団隠蔽体質が深刻化、宙組退団希望者続出

宝塚歌劇団隠蔽体質が深刻化、宙組退団希望者続出https://livedoor.blogimg.jp宝塚歌劇団でイジメ相談しても対応されなかったのはどこ?

お世話役・総務部

宝塚歌劇団の隠蔽体質が明らかになり、ヘアアイロン事件の虚偽報告や、有愛きいさんのイジメ疑惑に関する証言の食い違いが指摘されている。有愛さんはイジメを相談した宙組のお世話役や総務部に相手にされず、結果としてイジメは悪化した。こうした隠蔽や対応の不備により、宙組では数十人が退団を希望しているという。このイジメ問題により、宝塚歌劇団の閉鎖的な環境や伝統的な体質が疑問視されており、組織の変革が求められている。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚宙組いじめが生き地獄「隠ぺい劇団は主犯のミカタ」文春砲

宝塚歌劇団ヤケド事件の不透明な調査と信頼回復の失敗

宝塚歌劇団ヤケド事件の不透明な調査と信頼回復の失敗https://livedoor.blogimg.jpヘアアイロンのヤケド事件で、被害にあった生徒は精神的に大きなダメージを受けたか?

はい

劇団宝塚歌劇団の元生徒が受けたヘアアイロンのヤケド事件について、文春によると被害生徒は「新人公演の時は精神状態がギリギリだった」と報じられている。また、遺族代理人は「本人が痛がっていたLINEのやり取りを提出したが、報告書に反映されていない」と述べており、調査が不十分だった可能性が指摘されている。さらに、記者会見では関係者が「報告書通り」と回答を繰り返し、信頼回復に失敗している。詳しくみる ⇒参照元: 内部告発が止まらない宝塚歌劇団 傷口を広げたのは血も涙もない...

宝塚歌劇団の今後の対応

宝塚歌劇団の今後の対応https://zuka-note.comまとめ劇団が公表する「しかるべき時期」とはいつのことか

不明

第三者組織の聞き取り調査の結果、事実が認められれば、公演どころではなくなる可能性があるため、宝塚歌劇のまとめ劇団は慎重な判断と対応を求められています。劇団は「しかるべき時期」に情報発信すると表明していますが、その時期や方法については明らかにされていません。このため、まとめ劇団がいつ公表するかは不明です。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚歌劇団「文春砲」に戦意喪失?もはや逃げ道はない悲壮感が漂...

調査報告書の冷淡な表現が招いた信頼失墜

調査報告書の冷淡な表現が招いた信頼失墜https://template.k-solution.info 宝塚歌劇団の調査報告書は遺族にどのような反応をもたらしたか?

怒り

宝塚歌劇団の調査報告書は、否定的な表現に終始し、故人や遺族への配慮を欠いていました。これにより、遺族は調査報告書を「労りや配慮に欠け、事実に迫る気迫がない」と強く反論しました。また、遺族は調査報告書が「故意性」にのみ焦点を当てていると批判し、謝罪を求めました。さらに、報告書と会見での態度は、多くの関係者から信頼失墜を招いたとされています。このような冷淡な表現は、傷口を広げるだけでなく、内部告発を引き起こす可能性があります。詳しくみる ⇒参照元: 内部告発が止まらない宝塚歌劇団 傷口を広げたのは血も涙もない...