Academic Box Logo

滝川クリステルの自然妊娠と卵子凍結の可能性を探る: 高齢出産への道のり

滝川クリステルの自然妊娠と卵子凍結の可能性を探る: 高齢出産への道のり

ライターのYUKOです。今回は、滝川クリステルの自然妊娠と卵子凍結の可能性を探ります。

滝川クリステル、46歳で第2子妊娠を発表

滝川クリステル、46歳で第2子妊娠を発表https://image.news.livedoor.com滝川クリステルさんの第2子妊娠の原因は?

自然妊娠

フリーアナウンサーの滝川クリステルさんが46歳で第2子を妊娠したことが明らかになりました。高齢妊娠ということもあり、驚きの声が上がっています。滝川さん自身は「元気に産めるように頑張りたい」とコメントしています。詳しくみる ⇒参照元: 滝川クリステルは自然妊娠と卵子凍結どっちなの?不妊治療の賜物...

滝川クリステルさん第2子妊娠を発表

滝川クリステルさん第2子妊娠を発表https://image.news.livedoor.com滝川クリステルさんは高齢出産のために不妊治療を受けていた?

不明

滝川クリステルさんが第2子妊娠を発表した。出産時期は11月で、妊娠9ヶ月~臨月での発表となる。滝川さんは現在46歳で、高齢出産に当たる。滝川さんが出産する病院は公表されていないが、芸能人に人気の山王病院や慶應義塾大学病院、東京女子医科大学病院などが候補として挙げられる。山王病院は不妊治療も行っているため、治療から出産までを同じ病院で行うことが可能。滝川さんが不妊治療を受けていたかどうかは不明である。詳しくみる ⇒参照元: 滝川クリステルが第2子を出産する病院の候補3つ!46歳の高齢...

滝川クリステル40代後半妊娠の秘訣

滝川クリステル40代後半妊娠の秘訣https://nippon-smes-project.com滝川クリステルさんが40代後半で妊娠できた要因として考えられるものは?

キャリアを見据えた卵子凍結

40代後半での自然妊娠は低確率だが、滝川クリステルさんはキャリアを優先して結婚が遅れたため、事前に卵子凍結していた可能性がある。また、海外ではキャリア志向の女性の間で卵子凍結が一般的であり、滝川クリステルさんも不妊治療と合わせてこの方法を活用していたと考えられる。経済的な余裕があれば、一般的な40代でも同じ選択肢が検討できる。詳しくみる ⇒参照元: 滝川クリステルは自然妊娠と卵子凍結どっちなの?不妊治療の賜物...

卵子凍結と高年齢出産

卵子凍結と高年齢出産https://cdn.mainichi.jp滝川クリステルさんが卵子凍結をしていたかどうかは?

明かされていない

働く女性の結婚・出産年齢の上昇に伴い、卵子凍結をする人が増えている。芸能人や高収入の女性は一般に比べて卵子凍結率が高い。卵子凍結の妊娠率は自然妊娠より高く、40代後半でも妊娠・出産は可能。滝川クリステルさんは産後2~3ヶ月で仕事復帰する予定だが、年齢的な体の負担を考慮し、無理のない範囲で活動することが望まれる。詳しくみる ⇒参照元: 滝川クリステルが第2子を出産する病院の候補3つ!46歳の高齢...

滝川クリステルの出産情報非公開の理由

滝川クリステルの出産情報非公開の理由https://sponichi.co.jp出産に関する滝川クリステルの情報が非公開の理由は何ですか?

プライバシー保護

滝川クリステルは、プライバシー保護のため、出産に関する情報を非公開にしている可能性があります。プライバシーの守られた個室対応可能な病院を利用しているため、入院中であっても顔をあわせる機会が少なく、情報が漏洩するリスクが低いためです。詳しくみる ⇒参照元: 滝川クリステルが第2子を出産する病院の候補3つ!46歳の高齢...

高齢出産を取り巻くリスクと否定的な意見

高齢出産を取り巻くリスクと否定的な意見https://otonanswer.jp高齢出産の否定的な意見とは?

危険性が高い、障害児が産まれる可能性が高い

高齢出産には子宮内膜症や子宮筋腫の増加、不妊治療の成功率低下、多胎妊娠の増加、流早産率の上昇、胎児異常の増加、妊娠合併症の増加、低出生体重児の割合の増加、帝王切開率の上昇など、さまざまなリスクが伴います。また、生まれてからも母体の体力の低下や疲労、産後うつなどの問題が起こりやすいとされています。そのため、高齢出産に対しては、「危険が伴うので避けるべき」「障害児が産まれる可能性が高くなる」などの否定的な意見が根強くあります。詳しくみる ⇒参照元: 滝川クリステル46歳で第2子妊娠、宮崎宣子44歳で第1子出産...